おうちデートで彼女に着てほしい服装3つ

彼とのおうちデート服装って悩みますよね。気合を入れすぎても引かれちゃうかもしれないし、だらしなさすぎるのもなんだか嫌われそう…。

いったい何が正解なのでしょうか? 男性目線で見た時のおうちデート服装正解を調べてみました。

おうちデートで男性が求めていること

オシャレなコーディネートでデートを楽しもうと思っている女性にとって、おうちデートはお出かけデートと比べてちょっとハードルが低いデートになりそうですよね。

高級レストランに行くようなガッチガチのおしゃれや、友達とオシャレランチに行くようなゆるふわコーデはちょっと違う……。かといって女性同士でパジャマパーティをするようなラフな感じともまた違う……。

気を遣わなくていいといっても学生時代のジャージや、本気でリラックスしたスウェット上下も違う……。いざ何を着たらいいのか迷いだすときりがありませんよね。

では男性目線で考えてみたらいったいどんな答えがあるのでしょうか。男性が彼女に実際におうちデートで着てほしい服を調べてみました。

ショートパンツやミニスカートなど脚が出ている服

外で着るにはちょっと露出しすぎじゃない? と不安になってしまうようなミニスカートやショートパンツでも、おうちデートなら他の人に見られる心配がないということで独占欲強めの男性から人気の高いミニ丈。

チャレンジしてみようと買ってみたはいいものの、こんなに脚を出して大丈夫? と不安になってクローゼットの奥底に眠っていたボトムスの出番です。

家の中だからちょっといつもとは違うあなたを演出することもできる一石二鳥のアイテム。もしも素足が不安ならカラータイツなどを合わせてみるのもおすすめです。

カラータイツはあまり奇抜なものは男性受けが良くないので黒のデニールが低めのものをチョイスするといいでしょう。

ちょっと大きめでぶかっとしたオーバーサイズのトップス

男性目線で考えると黄金の組み合わせといわれるショートパンツにオーバーサイズのニットやパーカー。女性がより華奢に、そしてか弱く見えるのだそうです。

なぜか守ってあげたい衝動に駆られるのだとか。男性ってなんだか簡単な生き物ですね(笑)。でもそういう風に思ってくれるならその考えに乗らない手はありません。

ニットでもパーカーでもいつも着ているサイズよりもかなり大きめのもので大丈夫。手が隠れていわゆる「萌え袖」になるようなサイズを選びましょう。

オーバーサイズのトップスでボトムスのショートパンツが全部隠れてしまっても問題ありません。胸元があまりあきすぎていると無防備すぎるので、軽い女性認定されてしまうかもしれないので注意が必要です。

ニットやパーカーのオーバーサイズでいつもよりラフな印象を与えることができますので、いつも着ているような服とはちょっと違った色味を選ぶとより男性をドキッとさせるようです。

ブラックコーデやベージュといったあまりカラフルな色を着ない女性が、パステルカラーや鮮やかな色を着ているといつもと違うギャップにおうちデートの醍醐味を感じるようです。

部屋着を強く押し出すならジェラートピケ

いつも家で着ているようなくつろいだ状態を見せるおうちデートなら、断然ジェラートピケが男性ウケがいいようです。ふわふわな見た目は女性のかわいらしさを強調してくれますし、もこもこの手触りはドキドキを与えてくれます。

そして何より、普段は見せない姿を見せているということで「自分だけが特別だ」と思う男性が多いようです。ベビーピンクやベビーブルーなどの淡い色を選ぶとよりかわいらしく見えます。

全身ジェラートピケだとさすがにパジャマ感が強いんじゃないかな…… と思う場合は、ラフなコーディネートの上にジェラートピケのカーディガンやガウンなどを羽織るのがおすすめです。

デニムにTシャツの上にサラッとふわもこを羽織ってください。それだけでおうちデート感が演出できちゃいます。

おうちデートのコーディネートの決め方

男性が喜ぶコーディネートだからと言ってすべてを取り入れる必要はありません。ショートパンツなどで足を出しているのなら、胸元はあまり解放しないようにするのがおすすめです。

あまり攻めすぎるのも男性が引いてしまう場合もあるからです。ショートパンツは勇気がないし、持っていないという人はトップスをオーバーサイズにしてスキニージーンズなどでメリハリをつけるなどでもOK。

ショートパンツを履いて、トップスは何の変哲もないTシャツなどでも良いと思います。大切なのは「外で会う時とちょっと印象が違う」「お家だからリラックスしている」と思わせることです。

バリバリ仕事をしている姿を普段見せている人や、今までおうちデートをしたことがないという人がいつもとちがう「ギャップ」を見せることができれば男性をドキッとさせることができます。

miichikinの他の記事を読む