仕事が忙しくても大丈夫♡ 彼との恋愛を楽しむ方法

仕事が忙しくて、好きな人と思うように恋愛ができず、不安になってしまっている女性はいませんか? 「仕事だから仕方ない」とはいえ、好きな人と会えない日が続くと、すれ違いの原因になってしまいかねないもの……。

そこで今回は、仕事が忙しい時の恋愛の仕方から、仕事が忙しいカップルが気を付けたいポイントを考えてみました。仕事が忙しい時だからこそ、ふたりの気持ちがさらに強固なものになるように――。ぜひ前向きに恋愛をするヒントにしてみてくださいね。

仕事が忙しい時の恋愛はどうすればうまくいく?

いかにしてふたりの時間を確保できるか、考える

女からLINEを久しぶりに送るのはアリ? 注意点4つと送るときのコツを紹介

忙しい職種に就いていたり、職業柄繁忙期だったりすると、思うようにふたりの時間が確保できないことも多いと思います。だからこそ大事なのは、いかにしてふたりの時間を捻出し、確保するか、ではないでしょうか。

それこそ、お昼休憩の数分でも恋人にLINEをするとか。仕事終わりの夕飯の時間を使って、恋人と会うとか。寝る前にLINE通話をして、好きな人と話をするとか。

忙しい時間のなかでも、ふたりの努力と工夫次第で、いくらでもふたりの時間を作ることができるはずです。

仕事が忙しいのは、もはや仕方のないことだと思います。ですので、忙しい時間のなかで、いかにしてふたりの時間を確保するのかを、前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

悩んでいるのは「彼も同じだ」と考える

相手やお互いの仕事が忙しいと、満足にデートができなかったり、ふたりの時間が確保できなったりして、寂しい思いをすることもあると思います。しかし、相手も同じ気持ちなんだとわかれば、少しは寂しさが紛れるのではないでしょうか。

四六時中好きな人と会っているからといって、必ずしも関係がうまくいくとは限りません。お互いに好きな人と会えない時間があるからこそ、好きの気持ちが高まり、相手の存在が際立ってくることもあるでしょう。

仕事が忙しくて、相手と会えない時間をどう考えられるかは、ふたり次第です。「彼も仕事を頑張っているから、私も頑張ろう」と思えるのか。「寂しい思いをさせているから、少しでも会う時間を作ろう」と考えられるのか。

相手のために考えられるカップルなら、仕事が忙しいなかでもふたりの関係はしっかりと育まれていくと思います。

仕事が忙しいカップルが気を付けること

できるだけ対面する時間を作る

お互いや相手の仕事が忙しいと、一般的なカップルに比べると、ふたりの時間が少なくなってしまいがちです。ふたりの時間が少なくなると、相手がいま何をしているのか、何を考えているのかが見えず、気持ちのすれ違いが起こってしまいかねません。

ですので、仕事が忙しい中でも、なんとかふたりの時間を確保することが大事だと思います。たとえば会社終わりに会って、次の日の用事まで彼の部屋に泊まるとか。彼と会えなくて堪らないなら、一層のこと同棲をする手もありますね。

LINEでやり取りをするのも悪くはありませんが……。できるだけ、相手と顔を会わせる時間を作ったほうが、お互いの気持ちや想いを肌で感じ取れるので、すれ違いを防げると思います。

ふたりの気持ちを共有する

仕事が忙しくて、相手と会えない日が長くなってくると、相手の存在が恋しくなってきますね。ここで大事にしたいのが、好きな人と会えないことで、寂しさを感じていることを、相手にきちんと伝えることです。

すれ違いが起こるのは、彼と会えないだけではなく、お互いの気持ちがしっかりと共有できていないときです。お互いに言葉が足らず、相手の考えていることがわからない状態では、たとえ会う時間が確保できても、関係はうまくいきづらいでしょう。

LINEでも口頭でもいいので、「最近会えていないから寂しい」「もっと会いたいな」という気持ちを、お互いに言葉にして伝えましょう。こうすることで、お互いの気持ちがわかり、相手のことを前向きに考えられるようになるはず。

想いは言葉にしないと伝わないので、ぜひあなたの気持ちを、勇気を出して相手に伝えましょう。

寂しさに打ち勝とう!

「今日も可愛いね♡」彼女のことが大好きな彼の特徴5つ

仕事が本当に忙しい時は、好きな人のことを考えている暇がないほど、忙しいはずです。それこそ彼の仕事が忙しく、あなたが寂しさを抱えているとき、ついイヤな気持ちが沸々と湧き出てきてしまうこともあるかもしれません。

そうしたとき、ぜひ気持ちを冷静にして、自分のことだけではなく、相手のことも考えてあげましょう。

仕事に追われる彼を応援してあげられるのか。自分磨きに充てる時間にするのか。寂しさが我慢できず、涙を流してしまうのか……。考え方はそれぞれですね。

好きな人といい関係を築けるよう、ぜひ前向きに考えるきっかけにしてみてくださいね。

柚木深つばさの他の記事を読む