割り勘派が半数以上!? カップルのデート代事情

好きな人とのデート。できたら「奢ってもらいたい」と思う女性が圧倒的に多いのではないでしょうか。なかには、好きな人の気持ちを見極めるポイントとして、「奢ってくれるかどうか」を考慮する女性もいるかもしれませんね。

今回は、そんなカップルのデート代事情にスポットを当ててみました。世の中のカップルはデート代をどうしているのか、気になるカップルのみなさんも多いでしょう。ぜひ自分たちの関係を客観視するきっかけとして、ふたりの付き合いに役立ててみてはいかがでしょうか。

もはや、割り勘派のカップルが半数以上!?

ケチな男性の心理と特徴|交際前のチェックに役立つケチを見抜く行動40

まず、世の中のカップルは、デート代をどうしているのでしょうか。
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が2018年、20~29歳の男女1000人に「20台の金銭感覚についての意識調査」を行ったそうです。

そのうち、未婚者で、現在恋人がいる人281人に「デート代は割り勘にすることが多い?」と聞いたところ、「そう思う」と答えた男女は54.4%。「そう思わない」と答えた男女45.6%を上回る結果になりました。

3年前のデータですが、すでに割り勘派が半数以上いることがわかりますね。
付き合う前は奢ってくれていた彼も、付き合った後は割り勘をお願いしてくるようになった、というカップルも多いのではないでしょうか。

アンケート調査から見る、カップルのデート代事情

ほかにも、セキララゼクシィが20~30代男性に「本当に口説きたいときに使うお金、連れていくお店の実情」を調査したそうです。

そのなかで、「意中の女性と付き合えることになった後のデートや食事、飲み代はおごりますか?」という問いかけに、最も高かったのは「多めに払う」で48%。
続いて「おごる」で35%、次に「きっちり割り勘」が10%。「相手の年齢が年下ならおごる」が7%でした。

おそらく多めに払う男性が半数近くいることから、女性も少なからずお金を支払っていることがわかります。

なかにはデート代をきっちり払ってくれる太っ腹な男性もいるかもしれません。しかし、男女で経済格差がなくなりつつある昨今と、経済状況を考えると――。いまやカップルのデート代は、割り勘に近い支払いが定着しつつあると、言えるのではないでしょうか。

割り勘することに、女性側の意見は……?

筆者の知人や身の回りにいるカップルからも、割り勘派が多い意見をよく耳にします。その一部を抜粋してみました。

  • 「付き合う前は奢ってくれたけど、付き合ってから割り勘が圧倒的に多い。彼の財布事情を知っちゃったから、本音は奢ってほしいけど、ムリもさせたくない」(28歳女性/会社員)
  • 「割り勘が基本ですが、些細な金額のものは払ってくれたりします。手持ちがないときは、多めに払ってくれたりもしますよ」(30歳女性/会社員)
  • 「収入や貯金の話が出るようになってから、割り勘が多くなかったかも。お互い働いているし、彼もそんなに稼いでいるわけじゃないから」(31歳/自営業)

奢ってくれたほうが尽くしてくれている感じが味わえて、女性としては充実感がありますよね。

しかし、恋人関係にもなれば距離も近くなることから、財布事情を知る機会も出てくるでしょう。相手に無理をさせたくない思いから、割り勘を選ぶ女性が多いようです。

一方で、男性側の意見は……?

ちなみに男性側はどう思っているのか、聞いてみたところ、以下のような意見が集まりました。

  • 「稼ぎに余裕があれば奢ってあげたいんだけど……。割り勘のほうがお金を気にせず会えるから、助かるかな」(27歳男性/会社員)
  • 「彼女も人並みに稼いでいるとわかったので、できるだけデート代は割り勘にしてもらってます」(30歳男性/自営業)
  • 「彼女も『割り勘でいいよ』と言ってくれるので、それに甘えちゃってますね……」(31歳会社員/会社員)

 割り勘にすることに、申し訳なさを感じている男性が多いようです。また、彼女の財布事情を加味しながら、ムリのない範囲内で割り勘にする男性も。
基本的には奢ってあげたい気持ちはあるようですが、経済状況を考えるとなかなか難しいようですね……。

大事にしたいのは、思いやり

デート代はお金に関わるので、現実的に割り勘派を取るカップルが多いことがわかりましたね。しかし、大事なのは割り勘にせよ、奢ってもらうにせよ、相手への思いやりではないでしょうか。

相手が奢ってくれる、相手が少なからずお金を出してくれる――。そのことに対して、男女問わずお互いに感謝をし、お礼を言えるといいですね。

それがきちんとできるカップルなら、割り勘の事情はさておき、ふたりの関係はきっとうまくいくはずです。お金事情に悩んでいる女性がいたら、ぜひ考え方の参考にしてみてくださいね。

【参考サイト】
男性が本命女性にかけるお金はいくら?デート代事情も(セキララゼクシィ)

20 代の金銭感覚についての意識調査 2018(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)

Written by 柚木深つばさ

柚木深つばさの他の記事を読む