気分転換になる模様替えのポイント6つ

新しい家具や収納を買ったり、人を家に招く時に、模様替えをしたいなと思ったことはありませんか?

模様替えは、部屋が整うだけではなく、良い気分転換にもなります。

今回は、気分転換にもなる模様替えのポイントを解説します。比較的に簡単にできるものをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

気分転換になる模様替えのポイント

部屋の小物を変える

大きな家具を動かすのは大変…… 小物なら簡単にでお部屋の雰囲気を変えることができます。

・絵を飾る
・観葉植物を置く
・写真を飾る
・趣味のアイテムを飾る

など、今までお部屋になかった物や、引き出しにしまっていたものなどを目に付くところに飾ることによって、新鮮味が生まれます。

すでに家にあるものや、購入するものでも、そこまでお金をかけずに取り入れることができるのでおすすめです。

カーテンやラグ、カバーなどのファブリックを変える

カーテンなどのファブリック類は、部屋の中で大きな面積を占めているので、ガラッと印象を変えることができます。

・カーテン
・ラグ
・ベッドカバーや布団カバー
・ソファカバー

などを好きな色味や柄など、季節によって変更してみるのもおすすめです。

断捨離をする

引っ越しをスムーズにする「やることリスト」

断捨離は、何かを飾ったり、ファブリックを変えなくても、お部屋の印象が変わります。

断捨離をするといらないものが部屋からなくなるので、収納スペースが空いたり、部屋がすっきりして見えます。

思い切って断捨離することで、気分もすっきりします。

照明を変える

照明は明るくするだけではなく、お部屋のイメージを大きく変えてくれます。

間接照明を置いたり、電球の色を暖色に変えたりするだけで、今ままでとは違うお部屋の雰囲気になります。

部屋の色味を壁や天井と合わせる

お部屋の色味を壁や天井を合わせると、お部屋に統一感が出て広く感じられます。天井や壁が白なら、白やベージュ、アイボリーなどに変更してみてください。

壁や天井が濃い色の場合は、逆に圧迫感を感じてしまうので注意が必要です。

背の高い家具を視角に入らないようにする

背の高い家具はお部屋の中で目立つので、視角に入らない位置に設置することでお部屋の印象を変えることができます。

家具は簡単には捨てられないので、買い替えることを検討する前に設置する場所を変えてみましょう。

部屋のレイアウトを変更するときのポイント

生活導線を考える

模様替えで家具を移動する時は、生活導線を考えましょう。ストレス無く室内を移動できるかは生活する上で重要なポイントになります。

例えば、ベランダに洗濯物を干す機会が多い人は、ベランダまで障害物がないように最短距離で移動できる方が便利です。

家具を移動するときは部屋の中でどう動く方が快適なのかを意識しましょう。

シミュレーションをしてから家具を動かす

とりあえず家具を移動してみよう! と早速動かし始めるのではなく、事前にシミュレーションをしましょう。

先ほど紹介した、室内の導線と、家具の入るサイズなどをメジャーで測りながら家具の配置をシミュレーションします。

最初にシミュレーションを行わないと、何度もやり直す羽目になりかねません。

おわりに

同棲費用! どう折半すると抑えられるの? 費用を安くするポイント8つ

気分転換にもなる模様替えのポイントを解説しました。リモートワークなどで家にいる時間が長くなった人は、お部屋の模様替えでさらに快適な空間にしてみてはいかがでしょうか?

KOIGAKUの他の記事を読む