マウントを取る女性に共通する心理|11の特徴と上手な対処法も合わせて紹介

相手を見下して自分を優位に立たせる「マウント」を取る女性には、劣等感や自己承認欲求などの共通する心理が働いているとされています。マウントを取る女性に共通する心理について、11の特徴と上手な対処法を合わせて紹介していきます。

「マウントを取る」の意味は?

「マウントを取る」とは、相手よりも上のポジションを勝ち取ろうとする言動のこと。ルックスやお金、仕事、恋愛、子どもの進学先など、さまざまなシーンで自分の方が優れていることをアピールする女性は「マウンティング女子」と呼ばれています。

「そんなこともできないの?」「普通にやればできるはずだけど」と、精神的に追いやるマウント発言もあれば、「〇〇さんは専業主婦でいいね。私は仕事が忙しくて遊ぶ暇がない」「家が広くて掃除が大変!」と遠回しにマウントを取るケースもあります。

「マウントを取る」の語源の由来

気分の波が激しすぎる

「マウントを取る」は、格闘技の「マウントポジション」が由来だと言われています。仰向けの相手に馬のりになるマウントポジションを取られると身動きが取れず、一方的に攻撃されてしまいますよね。

ここから派生して、マウントを取る=「相手より優位に立つこと」「相手よりも上のポジションを取ること」として使われるようになったのです。

マウントを取る女性に共通する6つの心理

職場で「おばさんっぽいな…」と思われてしまう女性の特徴8つ

無意識または意識してマウントを取っている女性を見て、「あの人はどのような気持ちや心理でマウントを取っているのだろう」と疑問に思う人もいます。

マウントを取りたがる女性は色々な心理が働いているように感じられますが、自己承認欲求が強い・不安を払拭したい・劣等感を何とかしたいという自己中心的な考えが強いところがポイントです。

ここからは、それぞれの心理がどのようなものなのか分かりやすく紹介していきます。

1:主導権を握る心理が働く

グループで話をしているときに、輪の中心になりたいとマウントを取る人がいます。これはグループの中心になることで、自分が主導権を握りたい・リーダーとしてチヤホヤされたいという心理が働いています。

つまりマウントを取ることで自分が主導権を握っている、優位に立ってほかの人をコントロールしたいことの表れだとされています。

2:自己承認欲求が高すぎる心理が働く

誰しも、自分のことを認めてほしいという心理があるでしょう。ただそれが強すぎるとほかの人を下にしてでも認めてほしいとマウントを取ってしまうこともあります。

そうして過度に認めてほしいという自己承認欲求が暴走してしまった結果、周りを蹴落としてでも優越感に浸ろうとする人もいます。

3:自分に否があることを認めない心理が働く

マウントを取る人の心理として多いのが、自分に対する劣等感を隠したいという心理です。自分がほかの人よりも劣っていると認めたくない、また自分の否を認めたくないことから、相手を蹴落とすようなマウントを取って安心を得たいと考えています。

簡単に言えば自信がない、不安があることの裏返しの心理として、マウントを取っている人もいるでしょう。

4:自身を認めたい自己肯定感が強い心理が働く

自己承認欲求にも似ていますが、自分を認めてほしいだけではなくて、自身が「私は幸せなんだ」と思いたいからマウントを取ってしまう女性もいます。これは自分が幸せではないと自己肯定感の低い人ほど、自分を認めたい心理が強くなる傾向にあります。

5:認められるための自己アピールが強い心理が働く

自分を認めてほしい、自分を認めたいという心理が強く働きすぎた場合は、マウントする行為を自己アピールのように使う女性もいます。

そうすることで自分を大きく見せ、ほかの人よりも自分が優れていると周りに思ってほしい、自分でもそう思いたいという気持ちが強く見られるところが特徴です。

6:常に他人に対し競争心を持つ心理が働く

マウント女子にありがちな心理のひとつが、負けず嫌いで競争心が強いところです。とにかくほかの人に負けたくない、自分が一番でありたいという心理が強く働いた結果、周りを蹴落とすためのマウントを取ってしまいがちです。

負けてしまうと強い劣等感に苦しむことになってしまうので、自己防衛のためでもあります。

マウントを取る女性の共通する11の特徴

こんな人には要注意! 今すぐ縁を切るべき人の特徴4つ

マウントを取る女性の心理を紹介しましたが、その上で気になるのが「マウントを取る女性にありがちな特徴」です。

一般的によく知られている「マウンティング女子」の特徴の中には一見するとマウントするようには見えないものもあります。しかし、根っこの部分には前述した心理が影響しているところがポイントです。

そのことを踏まえて、マウントを取る女性の特徴について分かりやすく紹介します。

1:負けず嫌いな女性

競争意識が高く、とにかく負けず嫌いな女性は「自分の方が優位である」ことをアピールするためマウントを取る傾向があります。

自分の負けを認めると劣等感に押しつぶされてしまうため、相手に勝ち続ける方法を常に模索! 仕事も恋愛も、いつも自分の方が上の立場であることを確認していないと不安なのです。

2:要領がいい女性

マウントを取る女性は、仕事も恋愛もスマートにこなす要領のよさを持ち合わせていることが多いため、異性から評価されています。

しかし、仕事は短時間で終わらせて、プライベートは合コン三昧。誰もが羨むような3高彼氏をゲットして、幸せアピールをしたり、「まだ仕事終わらないの?」「その彼氏どこがいいの?」とマウントを取るため、同性からは「あざとい」「計算高い」「ウザい」と煙たがられています。

3:自己中心的な女性

「自分さえよければいい」と思っている自己中心的な女性は、周囲よりも自分は優れているので最優先されるべきだと思い込んでいます。

常に1番でいたい願望が強いため、周囲が評価されるシーンを目の当たりにすると、高圧的な態度で反発してしまう傾向があるようです。

4:人の意見を聞かない女性

いつも「自分の価値観が正しい」と思っているマウンティング女子は、人の意見をまったく聞き入れることができません。人の話を遮って自分の話を始めてしまう図々しい一面も……。

他人の気持ちを考えられないマウンティング女子は、相談をもちかけても上から目線×批判的な口調で見下されるのがオチですよ。

5:空気が読めない女性

相手に不快感を与えるような発言を避けて会話を楽しむのが大人のマナー。しかし、空気の読めない女性は、自分の発言が相手に不快感を与えてしまうことが想像できないため、マウントを取ってしまう傾向があるのです。

また優越感に浸るためにわざとマウントを取る人もいるようですが、相手が嫌悪感を抱くことまで気が付いていません。

6:人に助言するのが好きな女性

誰かに助言やアドバイスをするのが好きだという女性は、よく見かけます。いわゆる「お節介」の中には、自分の意見を押し付けて上から目線のマウントを取る女性もいます。

そうすることで自分の知識や経験が豊富だと、暗に自分が上だとアピールしているわけです。求めてもいないのに助言やアドバイスをする、とにかく自分の経験や意見を押し付けてくるのはいいですが、そうした自分に酔っている姿にうんざりする人も少なくありません。

7:自分の意見を相手へ無理に強要する女性

求めてもいないアドバイスをするだけならまだしも、自分の意見を相手に強要するような場合は、「自分の意見が全て」というマウントを取る女性の可能性が高いでしょう。

そのようなマウンティング女子は自分の意見に賛同されるのが当たり前なので、拒否された相手を敵認定して嫌がらせをすることもあります。

8:言い方が激しい女性

負けず嫌いで人の意見を聞かないなど、マウントを取る女性は気が強い部分が見えてくることがあります。そんな特徴から派生しているのが、言い方が激しい・毒舌という特徴です。

自分が上に立ちたい、相手を落としたいという気持ちが強いのも理由ですが、単純に口が悪い場合やストレス発散という場合もあります。

9:上から目線で話をする女性

マウントを取る女性は、上から目線で話をする傾向にあります。何事においても自分の方が上だとアピールすることに余念がなく、あらゆることに順位をつけて相手を見下します。

それは大きなことだけではなく、些細なことでも上から目線で話をしてくるため、周りからすれば「そんなことでマウントを取るの?」と驚くこともあります。

10:自慢話が多く優越感に浸りたい女性

マウントを取る女性の多くは、自慢話が大好きです。自慢話は自分の優位をアピールするのに便利で、少しでも羨ましがってもらえれば優越感に浸れて気持ちよくなれるからだと言われています。

そのためほかの人の自慢話は興味がないマウンティング女子は多く、すぐに自分の自慢話で上塗りしてくることがあります。

11:自分と他者を比較する女性

自分が一番でないと気が済まないマウントを取る女性は、自分が一番であることを確かめるためにほかの人と何でも比べたがります。比べないと自分が一番だと分からず、不安になってしまうためです。

このため些細なことでも相手よりも上だとアピールしたがり、自分の劣等感を隠そうと必死にマウントを取るような言動をしてしまいます。

マウントを取ってくる女性への上手な5つの対処法

いい加減にして! 女性が嫌う「しつこい男」の特徴4つ

マウントを取る女性に付き合うのは精神的に疲れることがあり、やり返すとしても関係によっては難しい場合もあります。そのため、マウンティング女子に対してどのように対応すればいいのか分からないと悩んでいる人がいるのではないでしょうか。

ただマウントをかわすだけではなく、ときにははっきり伝えることも大切な対処法でしょう。これらの対処法をうまく実践していくことで、マウントを取る女性ともうまく付き合っていきやすくなります。

ここからは、それぞれの対処法について紹介します。

1:上手に聞き流し挑発にのらない

面と向かってのマウントされた場合は、「そうなんだ」「すごいね」と上手に聞き流すのがベスト。マウントを取る人=承認意識が高い傾向があるので、「相槌を打ってもらえた」「認めてもらえた」と満足してマウントを終わりにすること間違いなしです。

また、SNS上でマウントを取られた場合は、「ブロック」や「ミュート」機能を使って完全スルーしましょう。たとえマウントを取られても視界に入ってこないようにするだけで、ストレスは最小限に! あなたの貴重な時間を無駄にせずに済みますよ。

2:プライベートな話は避ける

とにかく他人と比較することが大好きなマウンティング女子は、いつも周囲を見渡してはマウントを取れる材料を探しています。

彼氏の勤務先や最近購入したブランド物の話など、プライベートな話をすると「私の方が……」とマウントを取られてしまうので要注意! マウンティング被害を最小限に抑えるためにも、できるだけ情報を与えないようにしましょう。

3:マウント発言を忠告してあげる

大切な友達がマウントを取っていることに気が付いていなかったときには、「マウントしてるよ」「そういう言い方はよくないよ」と忠告するのもよいでしょう。

少し距離のある友人には「もう、マウント取らないでよ~(笑)」「ちょっと凹むからマウント禁止ね!」と冗談っぽくお願いしてみてはいかがですか?

今後のお付き合いを大切にしたいと思っている場合、マウントを取る発言を控えてくれるはずです。ただし、人によっては関係性にヒビが入る可能性があるので相手の性格をしっかり見極めてから注意しましょう。

4:相手を褒める

マウントを取ってしまう理由はさまざまですが、一般的に「自分に自信がないから」「不安を払拭したいから」。他者から認めてもらえないと、自分の居場所がなくなってしまう気がして不安に陥ってしまうと言います。

マウントを取られたときは、「すごいね」「あなたがいてくれてよかった」と相手を満足させてあげましょう。心が満たされると、マウンティングは落ち着くはずですよ。

5:気にせず別のことに集中する

そもそもマウントを取る女性の言動に疲れる・イライラしてしまうのは、自分に熱中できるものがない・集中できることがないからとも考えられるのではないでしょうか。

つまり、マウンティング女子の言動が気にならなくなるほどほかのことに集中してしまえば、スルーもできるようになるでしょう。そうして別のことに集中していれば、マウントを取っている女性も反応がないことに「つまらない」と感じて離れてくれる場合があります。

マウントを取ってくる女性への上手な対処法を理解しよう

マウントを取ってくる女性の心理や特徴は自己中心的なものばかりですが、根っこの部分には自分に自信がないことや認めてほしいという気持ちがあると言われています。

しかし、イライラや疲れを抱えたまま無理に付き合い続けるのでなく、うまく対処しながら付き合っていくといいでしょう。

Written by mook

mookの他の記事を読む