「友達より私でしょ?」付き合い始めた彼に言ってはいけない3つのこと

付き合い始めの彼氏がいるときってなんだか浮かれて冷静ではない行動をしてしまいがちですよね。

付き合い初めにしてしまうと彼氏からNGが出てしまう行動と、彼氏が喜ぶ行動それぞれについて詳しくお話ししていきたいと思います。

付き合い初めにNGな行動とは

その①束縛する

今までは友達として付き合ってきた二人が、恋人同士になるとついつい独占欲が出てきてしまいます。

やきもちを焼いたり、わがままを言ったりするのは適度にならかわいいと思ってくれることもありますがあまりに度が過ぎると付き合ったことを後悔してしまう男性も多いもの。

「彼氏の時間は24時間全て私のもの」なんて考えてはいけません。彼氏と言えど一人の男の人。自由に自分一人の時間を楽しみたいときもあります。

まるで監視されているかのようにしょっちゅう「今何してる? 」「明日の予定は? 」「誰といるの? 」なんて連絡を入れていたらあっという間に彼氏に逃げられてしまうかもしれません。

ここぞという時にはちょっとしたスパイスとしてやきもちを入れるのもいいですが、普段は相手を信頼してあまり詮索しすぎないようにしましょう。

その②友達をないがしろにする

あなたの周りに彼氏ができたとたんに付き合いが悪くなった女友達はいませんか? 異性の友達であれば、恋人に配慮して二人きりで遊んだり電話をしたりするのを避けることもあるかもしれませんが、同性の友人まで遠ざけてしまっては彼氏と別れた時にあなたは一人ぼっちになってしまいます。

同様に彼氏も男友達との友情はとても大切なもの。彼女だって立ち入れない深い絆があるものです。「彼女ができたんだから、友達よりも彼女を優先して当然でしょ? 」なんて思うのは言語道断。

男同士の付き合いも大切です。彼氏も男友達に付き合いが悪くなったなんて言われたくないと思います。

彼氏が男友達と遊ぶときはあなたも女友達と遊んで恋人ができたとしても変わらない友情を保ち続けることをおすすめします。

彼氏ができてまったく遊んでくれなくなる女友達が、彼氏と別れたからと言ってまた遊びたいって言って来たら、なんて都合のいい人だろう…… と思いませんか?

恋人は恋人、友達は友達。どちらも大切な存在として扱いましょう。彼氏と一緒にいる方が楽しいと思うこともあるかもしれませんが、毎日会っていたらすぐに飽きられてしまうこともあるかもしれません。

楽しい時間が長続きするように彼氏の知らないあなたという一面があった方がいいと思います。

その③結婚を迫る

片想いが長ければ長いほど、恋人との将来を思い描くことが多いものです。やっと恋人同士になったと思うとその次のステップのことを考えてしまうのは仕方がないと思います。

でも、それは自分の心に秘めておく方が無難です。彼氏の方から「結婚」の話が出ればもちろん良いですが、自分からぐいぐい結婚結婚! と迫りすぎると重い女だと思われて引かれてしまうこともしばしば。

付き合っている時は恋人の期間を一生懸命楽しみましょう。時間がたつにつれて徐々に彼氏が結婚を意識してくれるようになるといいですね。

二人に結婚の意志が芽生えれば自然とそういう流れになるのだと思います。付き合い初めの彼女が結婚情報誌をこれ見よがしに買ってきたり、指輪や将来の話ばかりするようだと男性は逃げたくなることもあるようです。

せっかく恋人同士になれたのなら壊さないように少しずつ自然と育んでいきましょう。

彼氏に喜ばれる行動

その①彼氏をいたわる言葉をかける

あなたの「ノンセクシャル診断」彼の裸に興味なし?

メールやLINE、何気ない会話の中に彼氏のことをいたわる言葉をはさみましょう。

大切に思っていることを素直に伝えるのももちろんいいですが、元気がないときや具合が悪いときなど気持ちが落ち込んでいる時に思いやりのある言葉をかけてもらうと、グッとくる男性が多いようです。

「元気がないけどどうしたの? 」「あなたが心配だよ」「体に気を付けてね」「無理しないでね」「いつも頑張ってるね」「あなたが一番」など、彼氏のことをいつでも考えているということをアピールしましょう。

やりすぎるとしつこいと思われることもあるので、適度なさじ加減は見極めるようにしましょう。また、人によってしつこいと思う頻度は違うので彼氏はどのくらいが心地よく感じるのか少しずつ知っていくことも大切です。

いたわりの言葉をかけられて嫌な気持ちになる男性はいないと思います。上手に声をかけましょう。

その②サプライズ

男性が女性にすることが多いサプライズですが、男性も女性にされて嬉しいのは当たり前です。押しつけがましいサプライズは嫌がられることもありますが、記念日や度をわきまえたサプライズはとても喜ばれるようです。

いつもはあまり手紙を書かない女性が特別な時だけ手紙を書いたり、パンツスタイルが多い女性が彼氏の好きなスカートをはいてみたり、本当にちょっとしたことでドキッとする男性は多いのです。

「今日は特別だから」「喜んでほしくて」なんて照れながら言ってみてください。いつもとのギャップでますます彼氏が喜ぶ姿が目に浮かびます。

一年のうちに何度もやってしまうとサプライズのありがたみが薄れてしまうので、特別な時だけにしてくださいね。

miichikinの他の記事を読む