【夢占い】彼氏と別れる夢の意味とは

彼氏と別れる夢を見てしまったら……。もしかしたら、正夢? 別れる前兆なのかな? といろいろと不安になると思います。私たちが見る夢は、心の奥底にひそむ希望や不安、そしておそれなどを反映しています。今回は、「彼氏と別れる夢」について、この夢の意味を詳しく紐解いていきましょう。

彼氏と別れる夢の基本的な意味

彼氏と別れる夢は、彼氏と今よりもさらに関係が深くなり、強い絆で結ばれることを暗示しています。二人がまだ結ばれていないなら、体の関係を持つことになるのかもしれません。また、心のつながりが強くなり、将来を近い合うことも考えられます。つまり、彼氏と別れる夢は、「逆夢」の場合が多いのです。

夢には、「正夢」と「逆夢」の二種類があります。「正夢」とは、夢の中で見た通りのことが現実になる夢のことです。そして、「逆夢」は「正夢」の反対で、夢の中で見た内容と逆のことが現実になる夢のことです。これに当てはめると、「彼氏と別れる夢」は「逆夢」が多いと捉えることができます。

では、もう少し詳しいシチュエーション別に「彼氏と別れる夢」についてみていきましょう。

彼氏にふられて別れる夢

つきあっている彼氏にふられて別れてしまう夢を見た場合、彼氏との結婚が間近にせまっていることを暗示しています。今よりも、彼氏の愛をひしひしと感じるようになり、やがて彼氏からプロポーズされる日は近いでしょう。現実には、彼氏はあなたに夢中です。運命の人だと思っていて、あなたと結婚したいはずです。

彼氏に冷たくされて別れる夢

彼氏に冷たい態度をとられて別れる夢を見た場合、現実では彼氏に今よりももっと優しくされることを意味しています。もし、あなたに悩みや不安なことがあるなら、彼氏に相談してみるといいでしょう。きっと、力になってもらえます。

彼氏が浮気をして別れる夢

彼氏が他の女性と仲良くしている夢を見たなら、実際は彼は一途にあなたを愛しているはずです。ただ、あなた自身が彼の愛情を疑っている可能性があります。彼を信じて、不安を払拭していくことが大切です。浮気がもとで別れることになった夢なら、現実には彼は一途にあなたを愛しているという意味になります。

彼氏と別れて泣く夢

彼氏と別れて泣く夢は、あなたが彼氏のことを大切に思っているという意味になります。そして、夢の状況とは逆に、彼氏との絆がこれまで以上に深まることを暗示しているのです。夢占いにおいて「泣く」という行為には、「ストレスの解消」や「感情の開放」という意味があります。

彼氏との間に何か問題を抱えている人がこの夢を見たのであれば、その問題が解消されて、心のわだかまりがとれるという暗示なのです。この夢をきっかけに彼氏との関係がより良好になるでしょう。

彼氏に自分から別れを告げる夢

彼氏にあなたのほうから別れを告げる夢を見た場合、このまま今の彼氏と付き合い続けていいのかなと迷っているという意味になります。この夢では、夢の中で彼氏に別れを告げることで、別れを疑似体験しています。

それによって彼氏の大切さを再確認することができたのであれば、このまま今の彼氏と付き合い続けていくと良いでしょう。もし、別れを告げて清々しい気持ちになったのであれば、現実でも別れを選択するべきなのかもしれません。

彼氏と別れる夢を何度も見る場合

夢占いにおいて、何度も同じ夢を見るということは、その夢に強いメッセージ性がある場合と、あなた自身が執着心を持っている場合があります。彼氏と別れる夢を繰り返し何度も見る場合は、あなたが彼氏にかなり執着していて、彼氏を失いたくないという気持ちが強いのです。

彼氏がいないのに彼氏と別れる夢を見る場合

現実には彼氏がいないのに、彼氏と別れる夢を見ることもあります。この夢は吉夢で、今片想い中の人との関係がうまくいって交際をすることになったり、新しい彼氏ができることを暗示しているのです。あなたの身近なところに将来の彼氏候補がいることを示している場合もあります。総じて良い夢だと捉えていいでしょう。

元彼と別れる夢

元彼は夢に表れやすい対象のひとつです。元彼と別れる夢を見たら、あなたが新たな恋に前進することを暗示しています。これから恋愛運がどんどん上がっていくでしょう。元彼が夢に出てくると未練があるのではないかと考える人も多いのですが、夢占いでは心の整理がついた状態だといえます。

もうあなたには、元彼に対する未練はすっかりなくなっているのです。清々しい気持ちで、新たな恋を追いかけていくといいでしょう。

おわりに

彼氏と別れる夢を見たら、夢とは逆のことが起こると思ってほぼ間違いありません。夢には、現実であなたが気になっていることや不安に思っていることが出てきやすいもの。つまり、彼氏の夢は見やすいと思われますので、上記をぜひ参考にしてみてください。

ただ、夢はすぐに忘れてしまいやすいもの。そのために、夢日記をつけることをおすすめします。枕元にノートとペンを置き、見た夢を覚えているうちに、書き留めるくせをつけるようにするといいでしょう。

紅 たきの他の記事を読む