「妻とは別れる」不倫相手の言葉を10年間信じた女性の結末とは

昨今、旦那とは別の人を好きになったり、好きな人が既婚者であったりする人は少なくないでしょう。いけないことだとわかっていても、不倫にハマってしまい抜け出せなくなる人は珍しくありません。

しかし、不倫を続けていても幸せになれる保証はなく、最悪の結末を迎える可能性も大いにあります。

今回は不倫にハマった人の実体験を元に、不倫の先に待つ結末をいくつかご紹介します。

不倫にはどんな結末が待っている?

不倫にはどんな結末が待っている?

自分の心が弱っていると、人に愛されたい、かまってもらいたいといった願望が強くなり、冷静な判断ができず不倫に走ってしまう人もいます。

けれど、不倫の先にはさらなる不幸が待ち受けているかもしれません。

一体どのような結末を迎える可能性があるでしょうか。

一緒になれたとしても別れてしまうことが多い

相手が離婚してこちらを選んでくれたとしても、同じことを繰り返すケースが多いです。一緒になって時間が経つと、新たな相手と浮気し、今度は自分が被害側になる可能性があるのです。

愛を誓い合った当時はお互い本当に愛し合っていたかもしれませんが、浮気性の男性はクセになっているのでやめられません。

不倫相手のパートナーにバレる

不倫をしている男性は、パートナーにバレると大体の人が家庭へ戻っていきます。

さらに、手のひら返しをする男性も多いため、愛し合っていたことが嘘のように感じられてしまうかも。不倫は必要以上に女性側ばかりが傷付きます。

また、相手の奥さんに不倫がバレれば慰謝料を請求されることも……。

不倫相手との子供が生まれてしまった

不倫相手との子供が生まれてしまった

自分が既婚者の場合、結婚相手との子供だと思っていたら、不倫相手との子供だったというケースも少なくありません。

バレないように不倫しているつもりでも、多少の疑いがあると神経質になる男性は多いです。

そんな男性は、妻の妊娠が分かるとDNA鑑定などを試みます。そこで自分の子供ではないことが分かると、離婚を迫られてしまうのです。

子供ができたとなると途端に相手にしてくれなくなる不倫相手もたくさんいます。その上、慰謝料や養育費なども必要になります。

不倫が理由の離婚では、親や友達なども手助けしてくれない可能性が高いでしょう。

絶望的な人生を歩むことになりかねないので注意しなければなりません。

浮気性の夫に仕返しするつもりがさらにみじめなことに

夫の不倫に気付いているにも関わらず、まだ子供が小さいから離婚はしたくないという理由で見て見ぬふりをする女性は少なくありません。けれど、せめて仕返しがしたくて自分も不倫をしてしまうというパターンです。

しかし、同じ過ちを犯せば、最低の相手と同じレベルまで自分も落ちてしまいます。

その結果、さらに自暴自棄になったり精神を病んでしまったりするケースも多いです。

社内不倫は女性だけが責められがち

社内不倫がバレると、女性だけが退職や異動を迫られることが多いです。男性にはお咎めなしのことが多く、味方を作るのも難しくなってしまいます。

もし会社に居続けられても、周囲の冷たい目やひどい扱いに耐えられなくなってしまう可能性もあるでしょう。

その結果、転職せざるを得ない状況になってしまうのです。

仕事を頑張っている人ならなおさら、不倫について考えを改める必要があるかもしれません。

子供に会えなくなってしまう

不倫がバレて離婚すると、愛する子供に会えなくなってしまう場合もあります。子供の笑顔を見れないことは、絶望に近いものを感じるでしょう。

そのようなリスクもあると自覚しておく必要があるかもしれません。

子供がいじめられてしまう

子供がいじめられてしまう

不倫などの噂は、意外と広まりやすいものです。親の不倫問題によって子供がいじめられるという可能性もあり得ます。

自分の勝手な振る舞いのせいで子供がいじめに遭うなんて、耐えられないことではないでしょうか。

十分実際に起き得ることです、お子さんがいる人は注意してください。

不倫をしている間に歳を取ってしまう

実らなくてもいいと考え、不倫を続ける人も多いです。
しかし、何年も変わらない状況に、ふと「無駄な時間だったかもしれない」と後悔することもあるのではないでしょうか。

若い時にしかできない経験がたくさんあります。そのようなチャンスを逃さないように、考えを改めた方が良いかもしれません。

結婚して幸せに暮らせることも

もちろん、不倫の末の略奪婚などでも幸せに暮らしている人も少なからずいます。

けれど、結婚相手の元妻から嫌がらせが続いたり、友達を失ってしまうなどの可能性がないとは言い切れません。

あまり現状に期待せず、本当の幸せを見つける努力が必要です。

不倫にハマった人の実体験

20代から不倫を続けてきたAさんの体験談

若い頃から上司と不倫をしていて、ずっと「妻とは別れる」という言葉を信じていましたが、一向にそんな気配がなく結果的に別れてしまいました。

その後きちんとした幸せを掴みたいと婚活をスタートさせましたが、その時既に35歳を超えており、相手にしてもらえないことが多く「なぜもっと早く別れなかったのか」と後悔しています。

旦那を見返そうと不倫を始めたBさんの体験談

旦那を見返そうと不倫を始めたBさんの体験談

最初は旦那を見返すためにしていた不倫でしたが、徐々に不倫相手に本気になってしまい、最終的には旦那や不倫相手のパートナーから慰謝料を請求されてしました。

子供からも軽蔑され、結果的に今もずっと独り身でいます。

子供のDNA鑑定で不倫がバレたCさんの体験談

旦那から「本当に自分の子か?」と疑われ、DNA鑑定によって不倫していたことがバレてしまいました。

その結果離婚となり、不倫相手からも見放され、現在はシングルマザーです。

どうして不倫していたのか、今となっては後悔するばかりです。

不倫がバレて自分だけ慰謝料請求されたDさんの体験談

不倫相手のパートナーにバレて、慰謝料請求をされてしまいました。
しかし、不倫相手は何のお咎めもなく、私だけが慰謝料を支払うことになったのです。

不倫相手からも「もうお前とは関係ない、慰謝料もちゃんと支払え」と言われ、裏切られた気分でした。

おわりに

不倫をしている最中はとても幸せかもしれません。しかし、その不倫がバレることによって、人生はめちゃくちゃになってしまうのです。

立ち直れないくらい傷つくこともあります。金銭面的にも問題が出る可能性もあるでしょう。

目先の幸せに囚われず、視野を広げる意識を持つと良いかもしれません。

リスクの多い不倫よりも、堅実な幸せを見つけてくださいね。

早紀の他の記事を読む