【体験談】結婚前にするべき? 同棲のメリット6つ

恋人と同棲するのは悩みますよね……。私はもともと同棲したくない派でしたが(笑)彼との付き合いが長くなり同棲し始め1年後結婚しました。今では同棲は良いことだと感じています。そんな私が体験した同棲のメリットをお伝えします。

私のように同棲反対派のみなさんにぜひ読んでほしいです。

もともと同棲が嫌だった理由

元々は同棲が嫌いで、過去の彼氏にも「同棲しよう」と言われた時は「絶対に無理」と断るぐらい嫌でした。

理由は「一人の時間が好き」「他人に干渉されるのが面倒くさい」この2つです。

友達や恋人と過ごす時間はもちろん好きでしたが、私にとって一人でくつろいだりのんびりする時間もストレス解消になっていたので、自分だけの時間は必要でした。

そして「あれして」「これして」「今日は何時に帰ってくる?」「スケジュールはどう?」などいちいち説明したり、聞かれたり干渉されたりするのも嫌でした。

同棲反対派だった私が賛成派になったメリット

貯金ができる

貯金ができる

二人で住む部屋なので、家賃、食費、光熱費なども折半できます。私たちの場合は結婚するまではずっと折半でしたが、それでも一人暮らしの時より出費が少なくすみました。

プロポーズをされてからは、支払いは全て彼が対応し、私の給料は全て貯金に回し結婚式も挙げることができました。結婚を考えている相手ならなおさら同棲したほうが貯金がたまりやすくなります。

同棲してからはほぼ家でご飯を作って食べているので、無駄な外食も減りました。

結婚した時のことを想像できる

あれだけ自分の時間が欲しかった私ですが、一緒に住むと案外「一緒にいて落ち着くな、違和感がないな」という感覚があって何も気にしない素の自分でいられました。

昔付き合った人は「いつも可愛くいなきゃ。いつも気を遣えて良い子でいなきゃ。」と変に自分にプレッシャーを与えていたのですが、今の相手は何も飾らない素の自分でいられることに気がつき、結婚へと踏み切れました。

長年付き合っていても、一緒に住まなければわからないことが多いです。なので同棲して今後も一緒にいることができるのか見極めることが必要だと思います。

同じ家に帰る楽しさ

同じ家に帰る楽しさ

付き合っている時は、デートした後お互いの家に帰るので、「なんだか名残惜しいな……」「なんだか寂しいな」という気持ちがありました。特に私は1年半東京と名古屋の遠距離をしていたので、離れる時の悲しさはいつも感じていました。

同棲してからは、出かけても帰る場所はいつも同じなので、寂しさがないです。

家で二人で楽しむことが増える

付き合っている時は大体外に出かけていました。1か月に1回しか会えない場合、ずっと家にいるのはもったいないなという気持ちでした。

同棲してからは、毎日一緒なので、家でDVDを見たり、豆まきをしたり、手巻き寿司を作ったり、クリスマスパーティーをしたり、家で楽しむ機会が増えました。

夜中まで夜更かしてお互いの好きなアーティストのライブDVDをみたり、ゲームをしたり、色んな話をするのも楽しかったです。

一人じゃない安心感がある

安心感

一人暮らしの時はいつも真っ暗な部屋に帰ってきてなんだか寂しさがありますよね。

私は上京したての頃、この真っ暗な部屋に悲しくなって、ホームシックになりました(笑)

一人暮らしも慣れましたが、やはり家に帰ってきた時明かりがついていて誰かがいる安心感というのは特別なものです。

自由が失われない

私にとって一番大きかったメリットです。同棲したら自由がなくなるのでは……と勝手に思っていましたが、実際に同棲してみるとそんなことはありませんでした。

お互い一人の時間、自由の時間があって、友達と遊びに行くこともあるし別々の部屋で趣味に没頭することもあります。

お互いを尊重する過ごし方ができれば、なにもストレスではありません。

おわりに

もちろん同棲はいいことばかりでなくデメリットもあります。ただ二人の時間が欲しいからという理由での同棲はオススメしませんが、将来のことを意識した上での同棲は今後の関係を深めるためにも必要でしょう。

私も同棲していなかったら、きっと結婚はあと数年先だった気がします(笑)

同棲することで、今お付き合いしている方との関係が少しでも深まればいいですね!

KOIGAKUの他の記事を読む