復縁してもうまくいかないカップルの特徴5つ

元彼が素敵な人だったからと、次の恋に進めないと悩んでいる女性は少なくありません。けれど、そもそも別れたのはあなたと元彼との間に縁がなかったから。なんの問題もなければ別れる必要はないはずです。

とくに、以前の関係に問題があった場合は、復縁するとまた同じようなトラブルに巻き込まれる可能性が高いので注意が必要です。今回は復縁しないほうがいいカップルの特徴について紹介していきます。

よく話し合った上で別れた

よく話し合った上で別れた

この場合、お互いに冷静な状態で「別れた方がいい」と決断しているため、復縁しても上手くいく可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

周囲からは円満な別れという見解を持たれやすいですが、実は感情的な流れからくる喧嘩別れよりも、冷静なぶん復縁は非常に難しいです。どんなに素敵な相手であっても、元恋人のことは忘れて次の恋に進んだ方が得策です。

いずれか一方の性格や問題が原因で別れた

性格が合わないという理由で別れた場合、復縁しても必ず同じ問題にぶつかるので復縁しない方がいいですね。

また、相手の浮気、ギャンブル、借金、暴力などの行為が原因という場合も、同じことの繰り返しになる可能性が高いです。とくに浮気、ギャンブル、借金、暴力などの問題は意識すれば改善するというような簡単なことではありません。

ダメ男好きな女性は「私なら彼を救える」と感じてしまいがちですが、人の性格を変えるのはプロでも難しい問題です。幸せになりたいなら、一度ぶつかってしまった相手との復縁は避けた方が無難です。

寂しいから戻りたいだけ

寂しいから戻りたいだけ

他に誰もいなくて寂しいからと、元恋人に連絡してしまう男女は少なくありません。しかし、誰もいなくて仕方ないからという流れの場合、上手くいく可能性は限りなく低いです。

恋愛とは、燃え上がり、お互いに求め合うからこそラブラブでいられるし、いたわりあえるのです。惰性の関係は、ズルズル続けても結局いずれか一方もしくはお互いで傷つけ合うだけ。

幸せを求めているなら、寂しいからという理由で腐れ縁になるのは避けましょう。

相手の家族と合わなくて別れた

結婚前提のカップルの場合、いざとなった時に相手親、もしくは自分の親から反対され、泣く泣く別れるといったパターンも。親の反対を押し切って結婚することもできますが、祝福されたカップル以上に苦労は覚悟する必要があります。

そもそもお互いの親が納得しない縁というのは、育った環境に違いがあるというケースが多いです。「お互いに愛していれば、親や環境は関係ない」という人もいますが、結婚とは家族同士が一緒になるようなものであり、不仲になると想定外の苦労を強いられます。

とくに子供ができて育児がはじまると、親の援助がないと難しい問題も出てきます。また、周囲に親の援助を受けている友人夫婦などがいると、羨ましく感じてしまうことも……。

将来を踏まえた上でお付き合いしたいと考えているなら、相手親、もしくは実親から反対されている相手とは復縁しない方がいいでしょう。

会話・性格が合わない

会話・性格が合わない

婚活中の女性のなかには、条件で相手を決めたものの、性格や会話が合わないからと別れてしまうというケースもしばしば。

しかし、この手の女性は条件重視なので、その相手以上にいい条件の恋人を見つけられないと「やっぱり、前の恋人に戻った方がいいのではないか」と悩んでしまいます。しかし、会話や性格が合わないのであれば、結婚生活は上手くいかない可能性が高いです。

そもそも結婚とは他人と日常を共にするもの。フィーリングが合わないのであれば、日々の生活で幸せにはなれないでしょう。結婚後に苦労したくないなら、条件だけではなく人間性も加味して相手を選ぶようにしましょう。

復縁しないほうがいいカップルの特徴まとめ

交際していた頃に不満や問題があった、または性格の不一致、家族の反対があって別れた場合は、復縁しても苦労する可能性が高いです。

そもそも一度別れたのは二人の関係に問題があったからこそ。運命の相手であれば、多少の問題が起きても共に乗り越えようと協力し合うはず。それができないなら、つまり運命の相手ではなかったのではないでしょうか?

幸せになりたいなら、あえて茨の道を選ぶのではなく、これからの出会いに期待した方がいいでしょう。

みくまゆたんの他の記事を読む