【占い】結婚してもラブラブなカップルの星座の組み合わせは?

恋人同士だった頃は熱々だったのに、結婚したらマンネリな夫婦になってしまった……。そんな嘆きを聞くことは少なくありません。できるなら、結婚した後でも、ラブラブでいたいものです。今回は、結婚後もラブラブでいられるカップル星座の組み合わせを紹介していきます。さっそくあなたの星座をチェックしてみましょう。

おひつじ座×てんびん座カップル

おひつじ座がてんびん座にゾッコンでスタートする結婚生活。心をこめて毎日お弁当を作るおひつじ座、記念日にはサプライズプレゼントを欠かさないてんびん座。結婚してもロマンチックなデートを考える二人なので、マンネリはなし。友達が多く、カップル同士でアウトドアなども楽しむ憧れの夫婦に。恋人同士だった頃と同じように、ラブラブでいられるでしょう。

子育ても二人で協力していけるはず。子どもがいても、たまには子どもをどこかへ預け、二人っきりでデートをします。「パパ、ママ」と呼び合うことはなく、いつまでも下の名前で呼び合うでしょう。

おうし座×おとめ座カップル

結婚をするのには、パーフェクトな組み合わせです。性格や価値観も合っているので、ちょっとした行き違いも、すぐに解消されるでしょう。草原の上に寝転んで、ゆったり雲をながめているような、のんびりとした幸せを実感できる二人。美意識の高いおうし座と、繊細なおとめ座は、感性豊かな生活をしていきます。

困ったときは、いつも相談して、二人で解決。結婚して何年経っても、お互いを思いやる気持ちを忘れません。ほのぼのとした夫婦関係をずっと維持していけるはず。老後は豪華クルーズで世界をめぐる旅をしているでしょう。年を重ねても、ずっとラブラブなカップルです。

ふたご座×しし座カップル

しし座は上昇志向が強いので、交友関係も広く、仕事に邁進します。夫婦単位で交際することも多いでしょう。ふたご座は如才がなく、人前でしし座を褒めるため、しし座も気分上々。ふたご座も仕事だけでなく、プライベートでも、趣味のサークルなどを作り、積極的に活動の場を広げます。互いに切磋琢磨しながら、成長できる魅力的な夫婦となるでしょう。

また、子どもができると、協力関係がますます強固になります。子どもを中心に、夫婦の絆はどんどん深まっていくでしょう。お互いセンスがよくオシャレ。いつまでも若々しく、老後もうでを組んでデートをする憧れの夫婦となるはずです。

かに座×さそり座カップル

深い情念を持つ水の星座の二人は、強い絆を築いていきます。感情を抑えがちなさそり座から愛の言葉を聞いたとき、かに座はあふれんばかりの愛情をさそり座に注いでいくでしょう。二人だけの愛の世界はまるで映画のよう。肉体関係においても、抜群の相性のよさ。とにかく、この人しか考えられないという運命の相手。浮気を許さない二人なので、永遠の愛が続いていくでしょう。

愛の炎は生涯消えることなく、ずっとラブラブの二人です。その熱々ぶりは、周囲もあきれるほど。テーブルには花を飾り、かわいいインテリアに、手作りの食事。絵に描いたような幸せな結婚生活を楽しむでしょう。

やぎ座×うお座

やぎ座は、うお座の、ちょっとお人好しな面が大好きです。うお座を守ってあげたいという気持ちが、やぎ座の結婚の原点。うお座は、自分の感情に流されやすいところに不安を持っています。そのため、しっかり者で芯の強いやぎ座に、絶大なる信頼を寄せるでしょう。夫婦は完全にやぎ座がリード。それが二人にとって居心地のいい関係なのです。お互いに思いやりがあるので、二人の絆は年々深まっていきます。

やぎ座は頑固な面がありますが、うお座のほんわかしたやさしさに、「まあ、いいか」と、おおらかな気持ちに。お互い相手に対して、譲り合いの精神が生まれます。そのため、結婚してもラブラブでいられるのです。

いて座×みずがめ座

どちらかといえば、いて座もみずがめ座も結婚には消極的なタイプ。しかし、年齢的なことや、子どもが欲しくなったなどの理由から、結婚を決意。束縛されるという不安もあったけれど、結婚してみたら夫婦ともに自由を謳歌するでしょう。みずがめ座は趣味に夢中、いて座も新たなやりがいを求めて挑戦中。悩みがあれば、互いに相談し、友達夫婦として楽しく暮らせるでしょう。

二人とも常に新しいことを求めていくので、結婚生活がマンネリになることはありません。お互いに相手をとことん愛します。もし、夫婦で同じ夢や目標を持ったら、最高の同志として絆が強くなっていきます。年月が経っても、二人の愛が色あせることはないでしょう。

おわりに

喧嘩が少ない関係になるために

あなたと相性がよくて、結婚してもラブラブでいられる星座がわかりましたか? 結婚してもラブラブでいるには、相性だけでなくお互いの努力も必要です。ずっと家にいても身綺麗にしてオシャレを忘れないようにしたり、「好き」「愛してる」と言葉に出して言うなどして、結婚後もラブラブな状態をずっと保っていきましょう。

紅 たきの他の記事を読む