恋人と長続きしない女性の4つの特徴

なぜか恋人との関係が長続きせずに困っている女性、いませんか? 彼氏ができてもすぐに別れてしまう、付き合っても良好な関係性を築けないなど、長続きしない女性には特徴があります。

今回はこのような女性の特徴や長続きさせるコツをご紹介していきます。結婚を見据えた恋愛をしたいと考えている女性は参考にしてみてくださいね!

恋人とすぐに別れてしまう人の特徴とは

恋人とすぐに別れてしまう人の特徴とは

恋人と長続きしない女性には以下のような特徴があります。自分は当てはまっていないかチェックしてみましょう。

依存しすぎの女性

恋愛をすると彼氏に依存しすぎる女性もいます。

今、彼氏がどこで何をしているのか終始気になってしまい、メールやLINE(ライン)、電話などで連絡を取ろうと必死になってしまうと、彼氏も疲れてしまうでしょう。

自分の時間も大切にし、適度な距離感を保って恋愛をしていきましょう。

ただし、遠慮のし過ぎは禁物です。彼氏に「自分と付き合っていて幸せなのかな?」と不安を抱かせてしまうと別れを切り出される可能性も……。

そうならないためにも、デートを彼任せにしない、自分から連絡するなど、長続きさせるための努力をしていきましょう。

人に合わせることが苦手な女性

人に合わせられない女性は恋愛が長続きしないケースが多いです。

価値観がまったく同じ人間などほぼ存在しません。彼氏と意見が合わず衝突することもあるでしょうが、自分の意見を貫き通してばかりいては我儘な女性と思われてしまいます。

妥協点を見つけて相手に歩み寄ること、彼氏の意見もしっかりと聞くことが大切です。

理想が高い女性

多くの女性は恋人に理想を求めがちです。

・ルックスがいい人
・年収が高い人
・優しい人
・自分を一番に想ってくれる人

などなど。

しかし、自分の理想どおりの男性がいなかった場合、妥協した相手と付き合うことになるでしょう。

・不安定な職業だけとルックスがいい
・ルックスはイマイチだけど優しい

こうした相手と付き合うと、何かあった時に欠点や不満点ばかりに目がいくようになり、後悔して別れを切り出してしまうのです。

理想が高すぎると、その条件に見合う人でないと満足できないため恋愛が短命になってしまいます。極端に高い理想を持たないことが恋愛を長続きさせる条件でもあるので、注意してください。

傷つくことを極度に恐れている女性

恋愛は楽しいだけではありません。

時にはケンカをして落ち込むこともあるでしょう。意見の食い違いで納得ができないことや、彼氏の行動によって悲しい思いをする可能性もあります。

こうした思いをしないため、なかには自分から恋愛にピリオドを打つ女性もいます。「彼氏の行動で一喜一憂するくらいなら付き合わない方がマシ!」と感じてしまい、短期間で恋愛が終わってしまうのです。

しかし、彼氏がいないことで寂しさを感じてまた同じような行動を繰り返してしまい、長続きさせることができずに悩んでしまいます。

辛いことも含めて恋愛であることを認識し、落ち込むことや悲しいことがあっても乗り越えられる人間に成長することが重要です。

恋愛を長続きさせるコツ!

恋愛を長続きさせるコツ!

このように恋愛が短命な女性は、どうしたら長続きするのでしょうか?

連絡はこまめに

連絡はこまめにしていますか? 彼氏ができたからと喜んでいるだけでは長続きはしません。

恋人としての関係がスタートしたら、連絡を取り合って関係性を深めていくことでお互いをよく知ることができます。

連絡を取らない期間が増えると彼氏も不安を抱いてしまいます。挨拶は必ずするなど、たとえメールやLINEが苦手だとしても最低でも1日数回程度は連絡を取り合いましょう。

期待しすぎないこと

彼氏に期待しすぎていませんか?

特に恋愛マンガや恋愛ドラマが好きな女性は、同じようなことを彼氏に求めてしまう傾向があります。

「誕生日にはどんなサプライズがあるんだろう」「寂しい時にはすぐに会いに来てほしいな」などと期待していても、理想どおりの展開にならない可能性があります。

期待されすぎると男性も疲れてしまいます。良好な関係を長く続けるには、彼氏の負担にならないように派手なサプライズは期待しないようにしましょう。

思いやりの言葉を忘れない

相手を思いやる言葉を自然と言える女性は魅力的です。

仕事で疲れた時に、体調を気遣う言葉も一切なく「早く会いに来てよ」などと言われると男性はさらに疲れてしまいます。

「お疲れ様」「無理しないで」など、思いやりの言葉があるだけで安心感が得られるので、彼氏が疲れているな……と感じたら労いの言葉をかけてあげましょう。

おわりに

恋人と長続きしない女性の特徴や長続きさせるコツをご紹介してきました。

依存のし過ぎや理想が高いなど、あてはまる項目があれば考えや行動を改めることが大切です。結婚を意識してもらうためにも、この記事を参考にして良好な関係を築いていきましょう。

早紀の他の記事を読む