クリスマスで恋は終わり?とんでもない!これから「彼の恋愛対象」になる方法~アナウンサー小泉恵未の【コエミの恋するグルメ】Vol.30~

「ずっと好きな彼に、クリスマスのお誘いなんて出来なかった」 それはそうですよね。いきなり声をかける勇気がある女性の方が少ないでしょう。でもここで諦めるの?とんでもない!ここからが勝負です。

もしあなたに、「一緒のグループにいられるだけで、一緒に行動できるだけで幸せ」と思える男性がいるならば、まずは、グループの一員2人になりたい存在へと変化させる努力をしましょう。  

①ムードある場所でロマンチストな男性に勘違い効果を

お薦めの場所は東京ドームシティ。野球観戦やライブ、遊園地だけでなく、後楽園駅から水道橋駅への移動にも使えるラク―ア前の陸橋部分が今、ド迫力の美しさです。クリスマスが終わっても大丈夫、2月までイルミネーションがまぶしい光を放っています。特に人通りの少ない23時以降に、気になる彼と一緒のグループで通ってみて。とにかく幸せな気分を味わえます。辺りの暗さとLEDのまぶしさで、あなたの顔もいつもより美しく見えるかも。「お母さんにも見せてあげたいから」なんて言いながらイルミネーションの写真を撮れば「家庭的な女の子なのかな」と印象付けることもでき、ただの友だちから恋愛対象へとステップアップが見込めます。案外男性もロマンチストが多いもの。彼と目が合ったら、にっこりと笑ってみて!雰囲気が作り出すトリックを有効に使いましょう。

②寒くてもオバサン行動は慎んで

恋愛対象に見て欲しいなら、くれぐれも気を抜いてはいけません。寒いからといって自分のコートのポケットに手を突っ込んで、こんな眩いアーチをくぐったりしないでくださいね。指が綺麗に見える細身の手袋をするか、口元で手を可愛らしく合わせるか。スリスリ音をたてるのもNG。手が乾燥しているように見えて手を繋ぎたくなくなってしまいますよ。それから、たとえ夜遅くだとしても、口を押さえずにあくびをするのも厳禁!仕事をバリバリこなすあなたなら、無意識にやってしまうこともあるかもしれません。普段から、可愛くふるまう意識を忘れないで。

image

ここをうっかり24時に一人でくぐってしまった私。切なさに心がきゅんと絞めつけられました(笑)イルミネーションは25時まで。大切な人と歩いてください。

今日の恋するグルメは魚介が豊富なイタリアン千駄ヶ谷のマンジャペッシェをご紹介。

image (1)

私が大好きなお店です。グループで行けば、色々なお魚を楽しめますよ!

その日入った新鮮なお魚の中から自分で好きなものを選び、好きな形で調理をしてくれます。お薦めは塩釜包み焼き!分厚い塩でカバーをすることで、じっくりじっくりと魚に火が入り、ふっくら仕上がります。ムフフ。塩味がちょうどよく、口の中でしっとりと落ち着くのです。寒い日はホウボウのアクアパッツァも食べたくなります。鮮度の良い白身魚に貝の旨味が浸み渡り、ほんのりトマトの酸味を感じる・・・あぁ、幸せ。ジューシーでパンにもスープを浸して食べたくなる一品。

「アクアパッツァ美味しいね!久しぶりに私も家で作ってみようかな」なんて料理好きアピールも忘れずに。男性は家庭的な女性が大好きですからね。嘘にならないように、ちゃんと練習するのも大事ですよ。

寒い日はワイワイとお鍋を囲むのも楽しいけれど、グル―プでお魚を味わいつくす思い出に残るお食事会もいいのではないかしら。もし、後日会話に困った時にも「覚えてる?あのお魚が塩釜で包まれてるの!」なんてお話しも出来ますしね!最後にもうひとつポイントを。気をゆるしてテーブルにヒジをついて食事をするのはマナー違反。お忘れなく。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…