当てはまったら要注意! 一緒にいると疲れる人の特徴7つ

職場の人や友人の中に、一緒にいて疲れる人はいませんか? 一緒にいて疲れる人には共通する特徴があります。

あなたも知らず知らずのうちに人を疲れさせているかも……⁉

今回は一緒にいて疲れる人に共通する特徴をご紹介します。いくつ当てはまるか要チェックです!

一緒にいると疲れる人の特徴

なんでも人任せにしてしまう

なんでも人任せにしてしまう

一緒にいると疲れる人の特徴として、なんでも人任せにしてしまう点があります。

例えば、友人と旅行の約束をした時、「今度の旅行の予約お願いね」と丸投げしてしまうと相手の負担になってしまい疲れさせてしまいます。

他にも、「何食べる?私はなんでもいいよ」「どこに遊びに行く?行きたい所でいいよ」と一見相手を気遣っているように感じますが、こちらから案を出さないということは丸投げと同じようなものです。

人に対して厳しい

人に対して厳しすぎるのも、周囲を疲れさせてしまいかねません。例えば、職場で誰かがミスをした時に厳しい言葉を投げてしまうと、攻撃的な人に見られてしまいます。

攻撃的な人に対して周囲の人は「怒らせないように……」「話しかけるのいやだな……」とストレスを感じてしまいます。

ネガティブ思考

ネガティブ思考

「私なんて……」と負のオーラを出してしまっていませんか? ネガティブ思考で自分を卑下してしまうと、周囲の人はフォローが大変だったり、「かまってちゃんなの?」と思われてしまいます。

自分に自信がなくても、周囲に気を遣わせてしまうような発言はやめましょう。

愚痴や悪口を言う

ついつい愚痴や悪口を言っていませんか? 仲が良い友人だからといって、毎回愚痴や悪口を言われたら誰だって疲れてしまいますよね。

反対に、人を褒めるようなポジティブ発言が多い人の方が、一緒にいて楽しいと感じる人が多く、周りに人が集まりやすくなります。

気まぐれに予定を変える

友人との約束を直前で変更したり、ドタキャンする人は要注意です。常習的にやっていると相手から「またか……」と呆れられ、次第に距離を取られてしまいます。

相手には相手の都合があるので、急に予定を変更してしまうことが多い人は、相手に対して失礼なことをしていることを自覚しましょう。

話を最後まで聞かない

話を最後まで聞かない

人の話を途中で遮ってしまっていませんか? 話したいことを途中で遮られて意見を言われてしまうと、話していた相手は「全部話して伝えたかったのに……」と不完全燃焼で終わってしまいます。

話を最後まで聞かずに、私の話を聞いて!とぐいぐい来られると、相手も疲れてしまいます。

逆に、人は自分の話を聞いてくれる人が好きなので、聞き上手になれば親しみやすい印象を与えることができます。

男性と女性の前で態度を変える

男性と女性の前で態度を変えてしまう人は、周囲の人を疲れさせてしまうだけではなく、嫌われる原因にもなります。

人によって態度を変えたとしても後々バレることが多いので今すぐやめた方が賢明です。

逆に誰にでも平等で接することができる人は男女問わずモテます。人によって態度を変えていないか振り返ってみましょう。

おわりに

一緒にいて疲れる人に共通する特徴をご紹介しました。あなたはいくつ当てはまりましたか? 当てはまるものが多い人は、周囲の人を疲れさせている可能性大! 今までの自分の行動を見直してみましょう。

KOIGAKUの他の記事を読む