どうしても諦められないダラダラ片想いを終わらせる方法

わかっているのに止められない恋って、ありますよね。嫌いになれたらどんなに幸せかと思うけれど、恋心は理性で割り切れるほど簡単なものじゃありません。

でも、次の恋に進みたいという意志が明確にあるなら、何とかして未練を断ち切るべき。それは簡単じゃなくても、心の整理をした先にはきっと、明るい未来が開けているはずです。

0101

「諦める」=「幸せになる」

成就の見込みがない恋にすがっていても辛いだけだということは、あなたが一番よく知っているはず。でも、好きという気持ちをムリに否定する必要はありません。

実らない恋にもちゃんと意味がありますから、あなたが好きな人に傾けた想いは決して無駄ではないのです。納得して、今の恋から「卒業」することが大事でしょう。

そのためには、発想の転換が大事。想い続けても結ばれない相手は、愛することを学ぶために現れたのであって、共に愛し合う相手は別にいるのです。

報われない恋を経験するからこそ、次は成就が見込めるに違いありません。諦めることは、幸せへの第一歩となりますよ。

彼を失ったら、もう恋なんてできない……わけじゃない!

人の気持ちはつねに移り変わり続けます。自分自身ですら、把握できないうちに変化することだってあるでしょう。

だから、現時点では「彼以外の男性なんか愛せない」と思っていても、それは絶対じゃないんです。あなたも驚くほど、すっきり心が入れ替わる可能性がありますよ。

愛情が深いと視野は狭くなりがちですが、自分が考えているほど何もかもを支配されているわけではありません。今の恋に対する思い込みを捨てて、もっと自由になりましょう。

男性と接する機会を増やす

恋の傷は恋によって癒されるものです。未練を断ち切りたいと思うなら、新しい出逢いを求めて動き出しましょう。街コンや合コンに参加するでも良いですし、男女混合の趣味仲間と遊びに出掛けるでも構いません。気楽に気分転換する感じでさまざまな人と会えば、自然と視野が広がるはずです。たとえ、すぐに次の恋が見つからないとしても、「私は、なんて狭いところに自分を閉じ込めてたんだろう?」「なんて窮屈な思いをしていたんだろう?」と気づくはず。彼への執着が少しずつ薄れていくでしょう。

また、そうして他にも選択肢があるのだと気づくと、ダラダラ片想いにはまっていた時間が急にムダなものに感じられるはず。意識がガラッと変わる瞬間が、必ずあるんですね。

「こうしてちゃいられない!幸せになろう」と思えたら、大丈夫。報われない想いに縛られることは、もうないでしょう。明るく、前向きに次の恋を求めていけますよ。

まとめ

焦る必要はありません。ムリに心をねじ曲げようとしなくても良いんです。少しずつ彼との間に距離を置き、むやみに心を揺さぶられないようになるまで待ちましょう。

また、恋を諦めることを後ろ向きな行為だとは思わないように。幸せをつかむためにはむしろ前向きな決意ですから、潔く未練を手放すべきです。