「お金貸して!」と言う彼氏の心理と対処法4つ

トラブルになりやすいお金の貸し借り。カップルの場合、彼氏に「お金を貸して!」と言われると悩んでしまいますよね。

貸してもちゃんと返してくれるのか、貸さなかったら嫌われてしまうんじゃないか、難しい問題だと思います。

今回は、彼氏がお金を貸してほしい時の心理と、お金を貸してと言われた時の対処法をご紹介します。

「お金を貸して!」という彼氏の心理

本当にお金に困っていて頼れる人がいない

本当にお金に困っていて頼れる人がいない

普段はお金に困っていない人でも、急にお金が必要になったりするもの。急なことでどうしようもなく彼女に相談してしまう人もいます。

例えば、財布を紛失してしまい少額のお金が必要になる場合など、とにかく困った状況になれば、苦肉の策で親しい仲の彼女にお金を借りようとすることがあります。

普段お金に関してしっかりしている彼氏であれば、そういった緊急事態にお金を貸すことを考えてもいいでしょう。

甘えている

お金にルーズな彼氏の場合、彼女に甘えているパターンが考えられます。「彼女だから困った時にお金を貸すのは当然」「彼女なら貸してくれるだろう」と、付き合っていることを理由に甘えてきます。

お金にルーズな点は二人の将来を考える上でも致命的なので、今後の付き合いも含めてお金を貸すかどうかよく考えた方がいいでしょう。

お金目的で付き合っている

元々お金目当てで付き合っているパターンもあります。彼女の収入が高く、経済的に頼れると知って付き合い、ヒモになろうとしているのです。

お金を貸してと言いつつ、返さないことが多いので、お金をもらう感覚で貸してと言ってきます。

お金目的で愛情がないケースが多いので、お金は貸さずに別れることをおすすめします。

彼氏に「お金を貸して」と言われたときの対処法

具体的に理由を聞く

具体的に理由を聞く

まずはお金が必要な理由を聞いてみましょう。特に、普段お金に困っている様子がない彼氏であれば、やむを得ない理由でお金が必要になっている可能性があります。

いつも金遣いが荒い彼氏であれば、散財したことでお金が必要になってしまったかもしれません。お金にルーズであれば貸す必要はないと考えていいでしょう。

断る

恋人であってもお金の貸し借りが嫌だと考えるなら、自分の気持ちをはっきりと伝えて断りましょう。

断って嫌われるようであれば、もともと浅い関係だったので付き合っていても長続きはしなかったでしょう。

勇気を出してはっきりと伝えてみてください。

 

お金を貸す以外に方法がないか考える

お金を貸すことだけが解決策になるわけではありません。他にも、仕事を掛け持ちして収入を増やしたり、不用品を売って現金化する手もあります。

断るだけでは可哀そうだと思うなら、一緒に考えてあげましょう。

借用書を作成して貸す

借用書を作成して貸す

お金を貸してほしいという理由に納得してお金を貸すことになった場合は、必ず借用書を作成して貸し借りをしたという証拠を残すようにしましょう。

万が一、お金を返してくれなくなった場合は借用書を元に請求することができます。

おわりに

彼氏がお金を貸してほしい時の心理と、お金を貸してと言われた時の対処法をご紹介しました。

もし彼氏に「お金を貸して」と言われたら、参考にしてみてくださいね。

KOIGAKUの他の記事を読む