本気で言ってんの⁉ 喧嘩中に言ってはいけない『一言』4つ

彼氏や夫と喧嘩をした時、つい興奮して思ってもないことを口走ってしまったり怒鳴ってしまったりすることってありますよね。しかし、中には喧嘩中に言ってはいけない言葉があります。どのようなことを言うのが危険なのでしょうか?

この記事では、「喧嘩中に言ってはいけない一言」と「喧嘩をした時に大切なこと」をご紹介していきます。恋人とよく喧嘩をしてしまう女性は、参考に読んでみてくださいね。

喧嘩中に言ってはいけない一言とは?

まずは喧嘩中に言ってはいけない一言をご紹介しましょう。以下でご紹介する言葉をつい言ってしまうと、後で後悔することになるかもしれません。

別れよう

大喧嘩をした時や相手にひどいことを言われたりされたりした時に、つい言ってしまいがちな一言が「別れよう」という言葉ではないでしょうか?

本当に別れようと思っているのであれば構いませんが、心から別れたいと思っているのではないのであれば注意が必要です。怒りや悲しみのあまり「別れよう」と言ってしまうと、相手も「分かった、別れよう」と別れを受け入れてしまう可能性があるからです。

相手も本心では別れたいと思っていなくても、売り言葉に買い言葉となって別れを告げてしまうかもしれません。

勝手にすれば?

「もういい」「勝手にすれば」と怒った時に言ってしまう女性は多いですよね。しかし、冗談が通じない男性や偏屈な男性にこの言葉を言ってしまうと、それを真に受けてしまう可能性があります。

「分かった、勝手にするね」と浮気をされたり同棲している家を出ていってしまう男性は少なくありません。恋人にイライラしてしまった時でも、勝手にすればとは言わないように気を付けましょう。

○○と私どっちが大事なの?!

恋人の趣味や仕事が原因で喧嘩してしまった時にありがちなのが、「○○と私どっちが大事なの?!」という一言です。同じ対象のものではないので比較をすること自体おかしいと感じる男性が少なくありません。

仕事は仕事、趣味は趣味と割り切って考える男性が多いため、その一言で女性に冷めて別れを考えてしまう男性は意外といます。恋人に仕事や趣味を優先されて寂しく感じた場合には、素直に「寂しい」と伝えましょう。それなら喧嘩に発展せずに済みますよ。

家から出て行って!

同棲しているカップルや結婚をしている夫婦が言うと危険な一言が「家から出て行って!」です。出て行ってと告げて本当に出て行ってしまうパターンがあるため、本当に思っていないなら言ってはいけません。

出て行ってと言われて離婚に至る夫婦も少なくないです。怒りが込み上げてきても、「出て行って!」とは言わないように気を付けてください。

喧嘩をした時に大切なこと

殺されそうになる夢の夢占い14個|誰かが殺されそうになる場合もあわせてご紹介

喧嘩中に言ってはいけない一言を言ってしまうのは、感情にすべてを任せてしまっているためです。喧嘩をしても以下で紹介することをできるだけ心掛けるようにしてみてください。

冷静になる

喧嘩をした時に冷静さを失ってしまうと、怒りや悲しみに任せて言葉を発してしまいがちです。暴言を吐いたり決定的な一言を告げてしまわないように、一度冷静になるように努力をしましょう。

冷静になって考えても怒りが収まらない場合は仕方がありませんが、冷静な判断ができない時は自分でも何を言うか分からないことがあるので気を付けてくださいね。大きな喧嘩をした時ほど、深呼吸をして客観的に物事を考えてみてください。

喧嘩の原因と解決方法を考える

何度も同じ喧嘩を繰り返してしまう恋人って結構多いですよね。それは、問題がうやむやになったまま喧嘩を終えてしまうからではないでしょうか?

なぜ喧嘩になってしまったのか、まずは原因をしっかりと探ることが大切です。喧嘩の原因をしっかりと考えることで、同じ喧嘩を繰り替えさないように対応することができます。

同じ喧嘩を繰り返さないように解決方法を2人で考えることで、喧嘩を繰り返すことはなくなります。双方が納得する解決策が見つからない時には妥協案を考えましょう。どうしたら2人が幸せで楽しく付き合っていけるのかを考えてみてくださいね。

素直になる

喧嘩をした時って、なかなか素直になれませんよね。素直に「寂しい」と言ったり「ごめんね」と謝ったりすることって意外と難しかったりします。

しかし、恋人と良好な関係を築いていきたいのであれば、意地になるのはやめましょう。素直な気持ちになって恋人に接してください。

もし、謝りたくない気持ちになっていてもきちんと相手に素直に謝ってみてください。素直に謝ることで、恋人も素直に謝ってくれるかもしれません。また、素直な女性を「可愛い」と恋しく感じる男性は多いです。喧嘩の時こそ素直になることを心掛けてみてくださいね。

おわりに

「独占したい……」彼女の頭をなでる男性心理5つ

喧嘩をした時は、意地になって思わず思ってもいないことを言ったり、日頃の鬱憤を爆発させたりしてしまいがちです。しかし、怒りに身を任せて「別れよう」「勝手にすれば?」「○○と私どっちが大事なの?!」「家から出て行って!」などは言わないようにしましょう。

なぜなら、あなたの一言が原因で破局につながってしまうかもしれないからです。喧嘩になった時には、一度冷静になって素直な気持ちで恋人に接してみてください。喧嘩の原因と解決方法をしっかり考えることで、2人の仲が深まりますよ。

早紀の他の記事を読む