さまざまなタイプあり!タイプ別、肉食系男子攻略法

ここに注目!男らしさは、男性ホルモン「テストステロン」なしには語れない!

さまざまなタイプあり!タイプ別、肉食系男子攻略法
肉食系男子は、オスの象徴である男性ホルモンの代表格「テストステロン」の分泌が盛んな傾向にある男子を指します。「テストステロン」は、闘争心と性欲に火をつけるホルモン。今回は、男らしい男性を感受性別に4タイプに分け、解説します。

  • タイプ1:血気盛んな戦国武将 硬派度★★★★ 軟派度☆
  • タイプ2:スーパーエリートサラリーマン 硬派度★★★ 軟派度☆☆
  • タイプ3:ニカ!と爽やかフェロモンイケメン 硬派度★★ 軟派度☆☆☆
  • タイプ4:多趣味な快楽主義プレイボーイ 硬派度★ 軟派度☆☆☆☆

〈タイプ1〉
血気盛んな戦国武将 硬派度★★★★ 軟派度☆

攻撃性は4タイプ中ピカイチ。とにかくせっかちで喧嘩っ早い上、自我をコントロールできないほどいつもパワーを持て余しているのがこのタイプ。言葉づかいも乱暴になりがち。行動パターンは、単純でわかりやすい。

覚えておきたい彼の秘密♪彼はこんな女性に弱い!

何よりもルックス重視。人に紹介して自慢できるレベルを好み、いくつになってもセックスシンボル的な女性にばかり心奪われがち。プライドが高く熱い分、意外とパワフルに一途になれるが、オスフェロモンに弱い女の子が近づいてくるとついフラフラと浮気に走る。

攻略方法
ヘタな回りくどさは通用しない。ストレートにわかりやすくアタックすると良し。勝ち気な女性もOKだが、自分より先行く者は何人たりとも許さないので従順さは欠かさずに。根は一途なので、思いやりをかけてくれた分、感謝の気持ちは忘れずに伝えましょう。

〈タイプ2〉
スーパーエリートサラリーマン 硬派度★★★ 軟派度☆☆

出るところは出て、引くところは引くなかなか賢いタイプ。勉強も遊びも仕事も上手くこなせる自信があります。ただ、人によって態度が変わる一面を持つため、好き嫌いがはっきりしている傾向アリ。

覚えておきたい彼の秘密♪彼はこんな女性に弱い!

実は高望みなのですが、自我をコントロールする能力に長けているため現実を直視できるクールさがあり、多くは望みません。女性に対してもずば抜けたルックスでなくても性格が良いならOKなところも。モテますが、二面性が顕著なので、付き合うと豹変する面アリ。

攻略方法
なかなかの頭脳犯。手強い相手で最初はソフトに接してきても、最終的には自分の生活リズムに合わせてくれる女性でないとダメなタイプ。よって、彼のリズムやわがままに合わせられるか?がコツ。合わせることにストレスがたまるようならばやめた方が賢明。

〈タイプ3〉
ニカ!と爽やかフェロモンイケメン 硬派度★★ 軟派度☆☆☆

とても活発でじっとしているのがニガテで皆のムードメーカー的存在。パワフルな面と優しい面を持つさわやかフェロモン男子。交友関係も男女分け隔てなく広いので、彼の周りにはいつも人が集まり、パーティーなどのお誘いも多く毎日多忙を極めます。

覚えておきたい彼の秘密♪彼はこんな女性に弱い!

明るく元気で自分と同じく異性に人気がある女性が好み。可愛くこずるがしこい小悪魔タイプに振り回されながらも、互いに刺激を受けつつ楽しみたいと思っています。ただし、浮気者同士、交際が長続きしない欠点アリ。

攻略法
いつも活発に動く彼についていけるパワーがあれば問題なし。が、肝心なのは、彼がヘコんで落ち込んだり弱音をはいているときにも一緒にいれるかどうか。忍耐力がないため、ひとりでフラっとどこかに行ったり、浮気に走る危険性アリなので、要注意。

〈タイプ4〉
多趣味な快楽主義プレイボーイ 硬派度★ 軟派度☆☆☆☆

好奇心旺盛な上に多趣味で感受性豊かな男性。話題も豊富で人当たりも良いため、自然と周りに溶け込む人気者になります。ですが、熱しやすく冷めやすいため、人間関係も希薄になりがちで、信頼を得にくい点が少々難点でもアリ。

覚えておきたい彼の秘密♪彼はこんな女性に弱い!

自分と同じく多趣味でリアクションの良い女性を好みます。彼にとってはフットワークが軽く一緒に楽しく行動できるかが基準で、オシャレに敏感なタイプも好みですが、どこかカゲあり放っておけないタイプならモロ好みとなります。

攻略法
快楽主義のため、人脈があるようで浅い付き合いばかりなので、意外とドライ。そのドライさと軽さを持つ彼を、束縛し、管理したがると、重いから嫌だとフラレる可能性大。彼に負けないほど自分の世界を持ち、心身ともに自立してることが付き合えるカギ。

まとめ

今回は肉食系男子を4タイプに分けてみましたが、あなたが男性のフェロモン大好きな女性なら、肉食でもいろいろタイプがあるんだと知るだけでも、より高度に自分をアピールできるようになります。ただ、良い旦那さまというより、恋人どまりになりがちなのが、肉食系男子です。女性が「刺激があってデートも楽しいけど、一緒に住むとなるとなると・・・」と、一度は考え込んでしまうのが、恋愛においての肉食系男子の弱みだったりするでしょう。それでも、誉れ高い男性ホルモン「テストステロン」の素晴らしさを百獣の王であるライオンのよう発揮できるのが肉食系男子。男らしさを遺憾なく発揮し、世の女性を魅了し続け、社会を盛り上げてほしいなと思います。女性の皆さんは振り回されすぎないようしてくださいね!

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…