普通の恋愛より大変?社内恋愛を成功させるためのポイント

 はじめに

普通の恋愛より大変?社内恋愛を成功させるためのポイント

「職場に好きな人がいる」そんな人も少なくありません。職場だからこそ、友達や合コンで知り合った男性とは違う恋愛の苦労があります。
社内恋愛を成功させるための秘訣があるって知ってますか?

一筋縄ではいかない、職場の恋。

職場の恋を実らせるためには、学生の頃に経験したような「同じ学校の人を好きになった」の感覚では、決してうまくいきません。

恋愛のアンケートをみていると、社会人の人は社内恋愛が全体の3割ほどいるようですから、職場というのは一種の出会いの場ともいえます。しかし、会社に勤めているのは、決して恋愛をするためでもなければ、出会いを求めに来たわけでもない分、恋愛に対して一線を引いている人も少なくありません。

私は、たくさんの恋愛相談と向き合ってきましたが、同じ職場の人を好きになった女性が陥ってしまう失敗をみてきました。
好きになるのに制限なんてありません。
しかし、相手へのアプローチは、相手との関係性によって変えていかなければ、うまくいくはずの恋も実りません。

オンとオフを切り替えられる女を見せる

実は、社内恋愛が敬遠される原因のひとつに、「公私混同したくない」が挙げられます。

例えば合コンの場合、恋人探しかどうかは別にしても何かしらの新しい出会いを求めていることは間違いありません。ですから、ストレートにデートに誘う!なんてことも問題にはなりませんが、会社のベースは仕事をする場所なので、やはり職場に恋愛モードが強すぎると「職場をなんだと思ってるんだ」と敬遠されてしまっても仕方ありません。
ですから、仕事のときは片想いの相手がいる場合でも、きちんと仕事の自分を保ち続けることが大切になってきます。
じゃあ、いつだって仕事モードの自分を見せられればオッケー?と思うかもしれませんが、オフのときまで仕事の話をしてくる人は「仕事のつきあい」どまりになってしまいます。
オフの時こそ、仕事では見せられない女の部分を見せることで、ギャップを有効的に見せることができます。

相談相手は慎重に!

私は10年ほどOLをやっていたのですが、その会社員時代、ある男性から恋愛相談を受けたことがあります。彼は私と仲の良い先輩に片想いをしているというのです。しかし、その男性は私の上司にあたる人でした。その男性は、今まで誰にも相談できなかった分、自分の心の内を知っている人ができたことが嬉しかったようで、仕事中にもかかわらず、私に些細なことでも相談をもってくるだけではなく、仕事帰りに食事に行き、そこでもあれこれ話を聞く。彼女が落ち込んでいれば、何があったのか探ってくるように命令されたこともありました。
正直に言えば、こっちはいい迷惑でした。

職場内で好きな人がいるからこそ、同じ環境の人に相談できる方が心強いものです。
しかし、自分のポジションと相手の立場なども考えて、会社で仲が良いからという安易な理由で、ポンポンと自分の恋愛相談するのは考えものです。仲間を作って外堀から埋めていく作戦は、職場恋愛ではおすすめしません。
また、私のように相手との関わりが強い人に相談するのも、関わりが強い分、相談された方も気まずくなることもありますので、注意が必要です。

誰にとっても「感じのいい女性」になれますか?

とくに、女性が恋愛する場合「好きな人だけに好かれればいい」というオンリーワンの気持ちが強くなり、恋愛対象外の男性をぞんざいに扱ってしまうことも少なくありません。
女性側は“特別”を主張しているつもりでも、社会性の強い男性にとってみると、あからさまな特別扱いをする女性に魅力を感じないものです。
それよりも、分け隔てなくきちんと挨拶ができたり、気遣いができる女性に対して、ぐっと印象が良くなります。

とは言っても、女性にとってみれば、自分の気持ちもアピールしたいですよね。
もちろん、そんな部分はきちんと見せればいいんです。
書類を相手に渡すときに「頼まれた資料です」と、ここまでは全員にする。しかし、片想いの相手に対して「いつも遅くまでお疲れさまです」と、ねぎらいをプラスする。
物をとってもらったとき「ありがとうございます」と笑顔でかえすまでは全員に。片想いの相手に対しては「○○さんって、頼りがいありますね」とほめる。

こういったプラスアルファを伝えることで、みんなに“感じのいい女性”にみられ、さらに片想いの相手に“いい感じの女性”にみられるようになります。

片想いを楽しむことは、恋愛を楽しむことでもあります。
そこには、社会人ならではの楽しみ方があることも知っていると、もっともっと恋愛が楽しくなり、今の恋愛が一歩前進していきますよ。

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…