恋も仕事も手に入れる!働く女性の恋愛術

恋と仕事を天秤にかけるのは間違い

恋も仕事も手に入れる!働く女性の恋愛術

女性に生まれたからには、ステキな男性とめぐり合い、恋を楽しみ、いつかは結婚もしたい。だけど忙しく仕事をしているとつい恋愛がおろそかになってしまったり、逆に好きな人ができて恋に夢中になり仕事が手につかなくなってしまったり・・・両立は難しいと悩む女性は多いですよね。

まず大前提として覚えておきたいのは、恋と仕事を天秤にかけないこと。
比べるものではないし、一方しか選べないものではないのです。にもかかわらず、日常生活で「どちらかを選ばなければ」という場面に遭遇してしまうのは、あなたがそのふたつを同じベクトルでとらえているから。

たしかに時間軸だけでいえば、仕事をしながらデートすることはできません(社内恋愛については後述)。
「残業でデートをドタキャン」なんて場面、あなたにも一度くらいはあるでしょう。彼氏が待ち合わせに遅刻して「いやー上司に引き止められちゃって」なんて場面もあるのでは。

実際、同時に成立させられないのはデートの時間くらいなもの。それだってあなた自身のポリシーがハッキリしていれば、迷ったり天秤にかけたりすることもなくなります。

  • 残業は21時まで。業務時間以外は恋愛優先!
  • 日中のメールはランチタイム限定。仕事中はメールしない。
  • 急ぎの連絡は例外。後回しにして恋人に迷惑をかけない。
  • 会えるか微妙な日は、どちらかの部屋で待ち合わせるようにする。

仕事のときは仕事に集中。それ以外の時間は恋愛優先。このようにマイルールを作っておくと、相手にも理解されやすくなります。
大事なのは、仕事を理由に恋人に迷惑をかけたり、恋愛のために仕事を犠牲にしないこと。
あいまいな姿勢で取り組んでいると、結局どちらも中途半端になってしまいますよ。ご用心。

ただし、ほんのちょっとの「割り込み」まで厳しく制する必要はありません。
たとえば外回りの仕事中、ニューオープンのステキなレストランの前を通りかかり「今度彼氏と行きたいな」と思ったら、すかさずケータイのカメラに収め、マップで場所をチェックして保存しておくくらいのことはしてもいいと思います。

逆に、デート中に突然仕事のアイデアが浮かんでしまったら「ちょっとごめん」と断り手帳にメモするのもアリ。彼氏に「どうしたの?」と聞かれたときは、簡潔に説明するのはアリですが、つい熱くなりすぎて長々と語ったり、必要以上に「仕事のデキる女」アピールをするのは避けて。

恋人といえど、すべてを理解できるわけではありません。男性の仕事にむやみに介入するのがよくないように、あなたの仕事も基本は恋愛と切り離したほうが賢明です。

切り離すのが難しい「社内恋愛」

しかし社内恋愛となれば話は別。職場が同じ限り、恋愛とリンクせずにはいられません。

社内恋愛カップルにありがちなのは、デート中でも会社のことばかり話題にしてしまうこと。プライベートまで上司の顔が浮かんではリフレッシュできません(笑)会社以外のふたりの時間をもっと大事にして。

仕事中においても、社内恋愛は何かと大変です。特に公認な場合ほど周囲への気配りは必須。ケンカしてピリピリした空気を出してしまったり、周囲に気を遣わせるようでは社会人失格です。

どんな恋愛も、仕事と両立して楽しむためには、オンとオフのスイッチ切替が重要なポイント。恋人があなたの大事な存在であるのと同様に、職場はあなたの大事な居場所です。
エネルギーを分散させるのではなく、たとえば週末のデートを楽しみだと思う気持ちをエネルギー源にして、仕事のモチベーションをアップさせればいいのです。

仕事と恋愛の相乗効果で、双方のパワーアップを目指しましょう!

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…