30代の花嫁が着るウエディングドレスの選び方

30代花嫁のドレス選び

結婚式で、最高の花嫁姿を実現したい!と思う乙女心はいくつの女性にとっても同じもの。でも、普段の服装でも年齢によって似合うものが変わってくるように、ウエディングドレスにだって、年齢によって似合うもの、不相応なものがあるのは自然なこと。そこで30代の女性に似合う、ウエディングドレスの選び方を紹介します。

「可愛い」を卒業する

30代でも、20代に見える童顔の方や小柄で華奢な方なら「可愛いウエディングドレス」は着こなせるかもしれません。でも、できれば、30代の大人花嫁が着るなら、そろそろ「可愛い」は卒業。うっかり痛い花嫁になってしまいがちなのも「可愛い」を選んでしまうこと。たとえば、フリル、リボン、パフスリーブなどキュートなモチーフ、幼さを感じさせるパステルカラーなどは、避けた方が無難。童顔といわれる私でも、パフスリーブを試着しましたが、さすがに厳しかったですよ。

質にこだわる

ヒラヒラ、フリフリのボリューミーなデザインも、会場に合っているのならいいですが、大人花嫁であれば、シンプルなラインだけど贅沢な生地をたっぷり使ったもののほうがゲストの目を引きます。実際にドレスを見てもらうとわかるのですが、安っぽい生地を使ったものは、どんなにデザインに凝っていても安っぽさがぬぐえません。30代に必要なのは、奇をてらったデザインでなく、上質さ。試着してみれば、その光沢感、なめらかな動きなど、まるで違うことがわかるはずです。本当にいいものがわかってくる年齢だからこそ選べる、そしてそんな年齢だからこそ似合う一着を選びたいですね。

カラードレスは色と形でバランスを

カラードレスの場合は、意外性を表現したい気持ちもあると思います。でも、あんまりにもふわふわなものはやっぱり年齢にそぐいません。色とデザインが、華やか×落ち着きの関係であればバランスがとれます(逆もしかり)。華やかな色を選ぶならシンプルなラインで装飾は控えめに。紺やブラウン、ワインレッドなどの深い色を選ぶならスパンコールやスワロフスキーなどのキラキラをプラスするなどしてバランスをとりましょう。

ドレスにはたくさんの種類があるので、最初は躊躇せずに試着をしてもいいでしょう。雰囲気に呑まれずに試着していけば、年齢に似合ったドレスがどういうものかだんだんわかってくるはずです。あとは、第三者の意見も取り入れて、はしゃぎすぎでないかどうかをチェックしてもらえば安心!