LINEが苦手な彼の心理を理解できる5つのこと

スマホ保持者の大半がスマホアプリの「LINE」を利用しています。ただ、中にはLINEに対する嫌悪感を抱いている人、苦手意識を持っている人もいるようです。便利なアプリな反面で、いくつかのデメリットがあるのでLINEを使っていないというケースもありますよ。

LINEが苦手な彼の心理を理解できる5つのこと
彼と頻繁に連絡を取りたいからLINEをしてほしいと思っている人も、LINEが苦手という男性の心理を理解してあげる心を持っておきましょう。今回はLINEが苦手な人に共通する5つのポイントをピックアップしてみました! 

■1.既読が面倒
LINEを開くと既読になるというのは、LINEのメリットでもあり最大のデメリットでもあります。必ずしも返信しないといけないというプレッシャーを感じてしまい、それならLINEをしない方がいいという結論に結び付くのでしょう。たとえ彼が既読を無視したとしても、そこはあえて触れない優しさを持っておきたいですね。

■2.スタンプのみでの対応の仕方が分からない
スタンプでやり取りができるというのもLINEならではの特徴ですが、そのスタンプのみでのやり取り億劫だという人も少なくありません。「それなら送ってくるな」という気持ちになるそうなので、内容のないLINEは送らないようにした方が良いでしょう。

■3.他のアプリを使用中にメッセージ通知がくるのがイヤ
他のアプリを使っているのに、メッセージが届くたびにメッセージ通知がくることを嫌がる男性も少なくありません。特に男性の場合、アプリゲームにハマる人が多く、ゲームに熱中しているときに邪魔されるのを鬱陶しく感じているようです。「ああ!! 今いいとこだったのに!!」という感じでLINEの存在自体に嫌気がさしてしまっているので、メッセージを送る時間帯などにも配慮してあげたほうが良いかも知れません。

■4.常に監視されているような気になる
既読があるため、いつLINEを確認したのかが分かってしまい、常に監視されているような感覚に陥ってしまうという人もいます。小まめに連絡を取りたいという彼には最適なツールになりますが、自分のペースでメッセージを送りたいという人は、あまりリアルタイムで連絡を取らない方が圧迫感を与えない方が良いでしょう。

■5.電池の消耗が激しくてイヤ
スマホを使おうと思っていても、LINEのせいで電池の消耗が激しく、常に電池の心配をしながら使用しないといけないというデメリットもあります。特に仕事の日は大切な連絡をしないといけないこともあるので、彼を気づかう姿勢を見せておいた方が良いですね。

いかがでしたか? LINEに対する苦手意識を持っている男性の心理を理解してあげれば、少しはメッセージの送り方や送る時間帯に配慮できるはず。「鬱陶しいな」と思われないようにすることが、良好な関係を築く秘訣になるでしょう。
(RUREI)

この記事どうだった?

0いいね!

4うーん…