1年以内に結婚するために「やるべきこと」と「やめるべきこと」

結婚するには、恋をしなきゃ始まらない!……と意気込んで合コンに出掛けたり、片想いを成就させようと行動を起こしたりする人は多いはず。ですが、その前に婚活するための準備ができているかどうかを、チェックしてみましょう。

1年以内に結婚したいと思うなら、まずは自己分析が大事。「やるべきこと」と「やめるべきこと」をきちんと把握すると、やみくもに恋を求めるより早く、結婚チャンスがつかめるはずです。

現実的に厳しく自分を分析するべき!

①どんな男性を夫にしたいのか?を明確にする
②自分は、①のような男性に好かれる女性かを厳しく見極める
③さらに上のオンナを目指す

始めに、具体的な夫婦像を思い浮かべる必要がありますが、「高収入のイケメンがいい」といったハードルの高い漠然とした理想を並べると、かえって結婚を遠ざけてしまいます。家族として自分が生涯を過ごす相手に必要なものは何か、現実的に挙げてみましょう。そこには、あなたが絶対に譲れない「条件」があるはずです。

……同じ趣味を持つこと、食べ物の好み、自分の親と同居、仕事を続けられること、安定した収入など、具体的な内容が浮かび上がるに違いありません。

次に、そうした条件に見合う男性から自分は愛されるかどうか、あるいは、今の自分は男性ウケが良いかどうかを厳しく分析します。あなた自身が「ダイエットしなきゃ」「オシャレがたりない」などと自覚するならもちろん、「かなりイイ線いってる」と思っても、1年以内に結婚したいなら、さらに上を目指しましょう。

ただし、自分磨きとして英会話やワイン教室、資格取得といったものは避けるべき。内面を磨く内容は効果が現れるまで時間がかかりますし、仕事に関するレベルアップは男性にとって何の魅力にも感じられないからです。

美容院やエステを活用しながら、効率良く外見を磨くのが先決! ファッション、髪型、メイク、話し方、身のこなしなど、初対面の相手にもわかる美しさを高めましょう。

また、この時に大事なのは、自分を甘やかさないこと。人生を変えるくらいの気持ちで一生懸命になるべきです。

受け身にならず、積極的に動く!

内面と外見の準備が整ったら、あとは行動あるのみ! 待ちに徹するとチャンスは半減してしまいます。自分から出逢いの場へ足を運び、片想いを実らせるためのアプローチを始めましょう。

この時に心がけたいのは、ダメだと思ったら潔く諦めること婚活で求める恋は、結婚に繋がるものでなければ意味がありません。結婚願望がない男性やムリめな相手は、早い段階で対象外と見なすべきです。

また、信頼できる友人にいい人を紹介してくれるよう頼むとか、結婚相談所への登録なども視野に入れてみては? 特に結婚相談所は、敷居が高いと感じても「その道のプロ」であることに違いありません。必ず得るものがあるはずです。

自分をレベルダウンさせることは、やめるべき!

できるだけ早く結婚したいと思うなら、つねに男性から求められるような女性であることが大事。

夜遊び、深酒、暴飲暴食など、美を損なうような行為は厳禁です。そして、周囲からの評判が悪くなりそうな行動も控えてください。毎日のように飲み歩いたり、ギャンブルにのめり込んだり、セフレや中途半端に親しい男性がいたりするなら、強い意志を持ってすべて「断ち切る」べきです。

また、可能な限り「完璧」を貫きましょう。自分を良く見せることを妥協すれば、それ相応の男性としか結ばれません。結婚が一生涯続くものだと考えて、「この程度でいっか」という考えは捨てるのが安全だといえます。


この記事どうだった?

6いいね!

0うーん…