「家族よりイベントを優先」不倫相手に本気な男性の特徴4つ

不倫には、肉体関係だけのケースもあれば、既婚者が不倫相手に対して本気になってしまうケースもあります。なぜいけないとわかっていても不倫相手に本気になってしまうのでしょうか?

今回は、不倫相手に本気になった既婚男性の特徴と本気になったきっかけをご紹介します。不倫相手の言動が最近気になるという方はぜひ参考にしてみてください。

不倫相手に本気になってしまった既婚男性の特徴

不倫相手に本気になってしまった既婚男性の特徴

まずは不倫相手に対する既婚男性の行動や言葉に注目してみましょう。以下でご紹介する特徴が見られたら、不倫相手に本気になっている可能性が高いです。

記念日やイベントを積極的に行う

基本的に不倫は遊びであるケースが多く、既婚男性は家族との記念日やイベントを優先します。

しかし、なかには不倫相手との記念日やイベントを大切にする人も。例えば二人が初めて出会った日や交際がスタートした日などが挙げられるでしょう。

特に、恋人同士が盛り上がるクリスマスやバレンタインなどを家族よりも優先してきた場合、本気になっている可能性は高いです。

LINEや電話の頻度が多い

不倫はいつバレるか分からないものなので、既婚男性は普通できるだけ最小限の連絡で済ませようとするものです。

しかし、自宅で家族と過ごしていると思われる時間にも関わらず、頻繁にLINE(ライン)や電話が来る場合はかなり本気度が高いと言えるでしょう。

逆に返信の頻度が多い時もあれば少ない時もあるなどムラがある場合は、家族にバレないように気を付けて返信しているので、本気度はそれほど高くありません。

デート内容が毎回違っている

不倫相手には性的な関係を求めている人が多く、さらに家庭と両立させるためにお金をなるべく使いたくないと考えているため、デートの内容が毎回ほぼ同じになりがちです。

しかし本気度が高い人は、「一緒に過ごしたい」という気持ちが強く、相手を喜ばせようとデート内容は毎回異なる場合が多いです。

頻繁に豪華なレストランへ連れていってくれたり、プレゼントを用意してくれたりなどお金をかけているようだったら本気になっているかもしれません。

将来のことを話すようになった

不倫関係を長く続けたくても、妻とはすぐにでも離婚したいと考えている男性は少ないです。

しかし、以前よりも将来の関係性について話すようになってきたら、本気度は高いと言えるでしょう。例えば「妻とは別れたいと思っている」「ずっと一緒にいたい」「来年はこんなところに行きたいね」など、将来に関する言葉が増えてきます。

不倫が本気になるきっかけ

不倫が本気になるきっかけ

不倫が本気になるきっかけは人によって異なりますが、共通する部分も見られます。なぜ最初は遊びと思っていた不倫でも本気になってしまうのでしょうか?

運命を感じた

自分と不倫相手とがシンクロするような出来事が続くと、「運命の相手かもしれない」と思い本気になる場合があります。同じタイミングで電話をかけていたり、好きな食べ物が一緒だったり、笑いのツボが似ていたりすると、運命に感じてしまうものです。

特に、妻で全く趣味や話が合わない既婚男性の場合、趣味や話が合う不倫相手をつい運命の相手と感じてしまう傾向にあります。

家庭環境や妻との関係が悪化してきた

既婚男性にとって家族は何にも代えがたい大切な存在です。

しかし、妻との関係が以前よりも悪くなっていてお互いにほとんど話さなくなったり、子どもが嫌煙して家族の中で孤立したりするケースがあります。

仕事から疲れて帰ってきたのに、本来体と心を休めるはずの自宅でも息が詰まるような環境だと、不倫相手に逃げ出したくなるのも無理はありません。

こうした理由から優しく接してくれる不倫相手にのめり込んでしまうのです。

不倫相手を妊娠させる

不倫相手を妊娠させてしまった場合、連絡を取らなくなって逃げてしまう既婚男性も少なくありません。なかには手術費用を用意して中絶させようとする酷い人もいます。

しかし、場合によっては妊娠をきっかけに本気になるケースもあるのです。このケースは妻の間に子どもができず、これまでずっと子どもが欲しいと思っていた既婚男性に多く見られます。

おわりに

おわりに

今回は不倫相手に本気になっている既婚男性の特徴と、そのきっかけについてご紹介しました。

これまでは遊びの関係だったとしても、既婚男性が本気になった時の言動に戸惑ってしまう人も多いかもしれません。

しかし、本気か遊びかは関係なく、関係がバレてしまったら慰謝料を請求される可能性があります。

なるべくバレないように関係を続けるよりも、本気になってきたかもしれないというタイミングで関係を清算させ、お互いの道を歩むことも視野に入れておいた方が良いでしょう。

早紀の他の記事を読む