【診断】あなたは周りから嫌われている?

何となく周りの人たちから嫌われている気がする……。そんな風に思っている人は意外と多いものです。鳥越苦労の場合もありますが、本当に嫌われている場合もなくありません。今回は、あなたが周りから嫌われているのかどうかを探る診断テストを紹介します。やり方は簡単。10個の質問の中で、あなたに当てはまるものが何個あるか数えるだけ。それではさっそく、診断テストをやってみましょう。

以下の中で、あなたに当てはまるものがいくつあるか、数えてみてください。

以下の中で、あなたに当てはまるものがいくつあるか、数えてみてください。

□髪のカラーリングは、かなり明るめだ

□人前で、好きな人や恋人の話をよくする

□職場でのランチタイムは一人で過ごすことが多い

□気づけば、自分のことばかり話している

□男性の前と女性の前とでは、態度を変えている

□SNSのアイコンは、自分で撮った写真にしている

□お酒の席で失敗をして、人に迷惑をかけたことがある

□ウワサ話の輪に入るのは気が進まない

□「でも」「だって」と、ついつい言い訳をしてしまう

□仕事は完ぺきで、ミスなどしない

あなたはいくつ当てはまりましたか? それでは結果をみてみましょう。

0~2個……周りから嫌われている度10% 好かれている

0~2個……周りから嫌われている度10% 好かれている

あなたは周りから嫌われてはいないようです。むしろ、かなり好かれている人気者でしょう。男性からも女性からも「いい人だな」と思われているはず。誰に聞いても、あなたのことを悪く言う人はいません。

それは、日頃からあなたが人のために何かをするのを厭わない人だからでしょう。そして、謙虚で控え目な人だからでもあります。男性から好かれる人は、得てして女性からは嫉妬されて嫌われることが多いものですが、あなたの場合女性からも反感を買うことはありません。

むしろ、あなたが恋をしたら、みんなが応援してくれるはずです。あなたは今のままでいいのです。自分を誇りに思い、今のペースで上手に人付き合いをしていきましょう。ただし、もし周りに嫌われている人がいたら、その人のことを助けてあげてください。そうすれば、まずます好感度はアップします。

3~5個……周りから嫌われている度40% たまに嫌われる

あなたは、それほど周りから嫌われてはいませんが、たまに人をイラッとさせることがあるようです。モタモタしてしまい、人に迷惑をかけてしまうことはありませんか? あるいは、人の気に障ることを言ってしまい、人を傷つけたり怒らせたりすることもごく稀にあるのかもしれません。

でも、みんなは、いつもあなたはそんなことをしないのに、どうして今日に限ってこんなことをするのだろうと、ちょっと不思議に思うだけ。心の底からあなたを嫌ったりすることはないようです。だから、あまり気にする必要はないでしょう。

むしろ、気にし過ぎて神経質になってしまうと、人と付き合うのが怖くなってしまいます。たまにドジを踏んだときには、「ごめん」とすぐに謝ればいいだけです。ただし、念のために、「私が地雷を踏んだ時には言ってね」と周りにあらかじめ言っておくのもひとつの手です。

6~8個……周りから嫌われている度70% たまに反感をかう

あなたは周りから嫌われている可能性が高いでしょう。悪いことをしているわけではないのに、たまに反感をかってしまうことがあるようです。おそらくあなたは有能な人。仕事ができて男性にもモテるタイプなのでしょう。

そんなあなたをやっかんで、嫉妬する人が周りにはいるのかもしれません。そのため、たまにあなたに意地悪をする人がいるのです。よくよく考えてみると、なぜかツンツンした態度をとられたり、自分だけ遊びに誘われなかったりしたことはありませんか? それは、あなたが羨ましいという気持ちのあらわれです。だから、あまり気にする必要はありません。

ただ、できる限り謙虚な態度をとるようにしたほうがいいかもしれません。手柄を自分のものだけにせず、「みなさんの助けがあったからです」などと言うように心がけましょう。彼氏の自慢などもしないことです。

9~10個……周りから嫌われている度90% 嫌われている

9~10個……周りから嫌われている度90% 嫌われている

残念ながら、あなたは周りから嫌われているようです。あなたが無意識にうちにとる言動が、周囲の人たちをイライラさせています。その場の空気を読まず、的外れな発言をしてしまうことが多いのではないでしょうか。人によっては、そんなあなたが天然ボケでかわいいと好感を持たれているかもしれません。

しかし、多くの人は厳しい目であなたを見ているでしょう。ただ、このまま嫌われっぱなしでは悔しいので、少しずつ人に好かれるように、直せるところは直していきましょう。周囲の人には、まずにこやかに挨拶をしましょう。挨拶をされて嫌な人はいないはず。

それから、周囲に尊敬できる人や好感が持てる人がいたら、その人をよく観察して、真似をするようにするといいでしょう。自分を客観的に見ることも大事なので、辛口の意見を言ってくれる人のことは大切にしましょう。これらを心がけるだけで、あなたの印象はだいぶ変わってくるはずです。

紅 たきの他の記事を読む