罪悪感すらない? 男性が浮気相手につく3つの嘘

自分が浮気相手だと分かっていても、相手に嘘をつかれるととても悲しいですし、嫌な気分になります。浮気相手としても、人として最低限のマナーは守らなければなりません。

また浮気相手になること自体、とてもリスクが高いため、彼が嘘ばかりついてくる場合はリスクに見合わないリターンということになるでしょう。悩んでいるうちに何が真実で何が嘘なのか分からなくなってしまうことも多いです。

今回は、彼の嘘や心情を見極めやすくするため、男性が浮気相手に対してつく嘘の特徴や心情についてご紹介していきます。

浮気相手につく嘘の特徴とは?

まずは、浮気相手につく嘘にはどんなタイプがあるのかご紹介します。どのような嘘が多いのか、特徴を探っていきましょう。

その場を楽しむための嘘が多い

浮気相手がつく嘘の特徴として、その場を楽しむための嘘が多いということが挙げられます。

例えば映画を観ていて良い感じの雰囲気になった時、「別れて一緒になろう」という嘘をつき、さらにその場を盛り上げようとします。実践するのが困難であることほどその場が盛り上がるため、関係を続けていくうちにどんどん嘘がヒートアップしてしまうのです。

しかし、言葉と行動が伴わないことばかりなので、結局浮気相手から呆れられてしまうこともあります。

相手を縛り付けている

男性は、浮気相手を縛り付けるような嘘をつきがちです。分かりやすい束縛ではなく、急に会いたいと連絡してきたり甘えてきたりすることで、「この人は私がいないとダメなんだ」と思わせているのです。

嘘をつく男性に騙されてしまう女性は、急に会いたいと言われることが多いからという理由であまり予定を入れないようにしてしまうことも多いです。

つまり、女性側のプライベートを縛り付け、自分にとって都合の良い女性に仕立て上げるための嘘をついていることになります。

浮気相手に対してどんな嘘をつくことが多い?

次に、浮気相手に対してつく嘘にはどんなものがあるのかをご紹介します。

彼女と別れる

これは浮気相手に使う常套句とも言えます。現実的に考えてあり得ないことも多く、この言葉に傷ついてきた女性は多いのではないでしょうか。

信じて待ってしまう女性は、いつまでも別れてくれない男性に辟易することもあるでしょう。

もちろん、嘘だと分かりつつも「嬉しい」と感じることも少なくありません。先ほどもお伝えしましたが、このような言葉は言われた側だけでなく言う側の心も燃え上がるケースが多いのです。

愛しているのはあなただけ

この言葉も浮気相手に使う常套句でしょう。「あなただけ」という言葉には、とてつもないパワーの特別感があります。特に浮気慣れしている男性は「これを言っておけば関係が良くなる」と分かっているため、定期的にこのような嘘をついてくるのです。

もし本気で愛しているのなら彼女とも別れ、すぐに一緒になってくれるはずです。行動が伴っていないことが確認できれば、嘘だという証明になるでしょう。

浮気がバレそう

彼女に浮気がバレそうという嘘も多いです。浮気関係を終わらせたい男性がよく使う言葉で、実際には少しも怪しまれていないケースばかりです。

浮気がバレそうと言われた場合は、証拠を見せてもらうなどして、真実なのかを確かめると良いでしょう。もし「見せられない」、「証拠はない」などと言われた場合は、嘘である可能性が高いです。

浮気相手に嘘をつく時の男性の心情とは?

「もう全部自分でやれ!!」妻が夫にイラっとする5つの瞬間

最後に、浮気相手に嘘をつく時の男性の心情を見ていきましょう。

罪悪感は少しもない

浮気になれている男性は、浮気相手だけでなく彼女に対しても多くの嘘をついているので、嘘をつくのが当たり前になってしまっています。そのため、嘘をつくことに罪悪感を感じなくなり、くだらないことでも嘘をついてしまうようになります。

他には「遊びだから嘘をついても罪悪感を感じない」という理由で嘘をつく男性も多いです。浮気相手だとしても嘘をついて約束を守ってくれなかったり大切に扱ってくれなかったりする場合は、関係を切ることも検討してみましょう。

自己肯定感を満たしたい

本命の彼女と長い間付き合っていたり、彼女に対する不信感があったりする場合は、自己肯定感を満たすために嘘をつくことがあります。長期間付き合っていると新鮮味がなくなり、愛の言葉を交わす頻度も少なくなります。

そのような背景があると、愛されたいからという理由で浮気相手に嘘をつきがちになるのです。自分が嘘の愛を伝えることで、相手からも同じくらいの愛が返ってくると分かっているのでしょう。

おわりに

浮気相手の本当の気持ちを知りたい場合は、言葉と行動が伴っているかを見極めることが大切です。

ニセモノの愛とはいえ、高いリスクを背負ってまで大切にしてくれない相手と一緒にいる必要はありません。自分や相手が心地よく過ごせる環境を作り、上手く関係を続けていきましょう。

また、相手に嘘をつかせないためには、自分自身も本当の言葉だけで向き合う必要があります。お互いに思ったことを言い合えるように成長していけると、より良い関係が保てるはずです。

早紀の他の記事を読む