もう耐えきれない…彼女に依存する彼氏の対処法3つ

恋愛において、女性が男性に依存してしまうケースもあればその逆もあります。特に現代はほとんどの女性が社会進出していることから、男性が女性に依存するケースは増えてきているようです。

ある調査では、約3割の女性が依存された経験があり、迷惑に感じたとのこと。ここでは彼女に依存している男性の危険性と、依存症に当てはまる男性の特徴、そして依存の改善策をご紹介していきます。彼氏の連絡頻度がやけに多い人、束縛を受けているかもしれないと感じた人はぜひ参考にしてみてください。

依存する男性は危険!

二度と出会いたくない! 束縛彼氏のエピソードと束縛する心理4つ

彼女に依存している男性と付き合うとなると大変なことは多いです。頻度の多い連絡から過剰なスキンシップの要求など、一見彼氏からされて嬉しいように感じますが、あまりにも多いと嫌気が差してしまいます。

そんな男性に何もせず、そのまま放置してしまうのはもっと危険です。依存度がより一層強くなり、ひどい場合にはストーカーやDVに発展してしまう可能性もあります。

彼女に依存する男性の特徴とは?

彼女に依存してしまう男性にはどのような共通点が見られるのでしょうか? 自分の彼氏が当てはまるかどうかチェックしてみてください。

連絡の頻度が多い

彼女に依存している男性のほとんどが当てはまります。連絡が多いのは安心にもつながるのですが、異常なまでに連絡回数が多いと面倒に感じることもあるでしょう。こうした男性は1日に何度もLINEが来るだけではなく、電話もしてくる傾向にあります。

特にLINEを返信しない、既読スルーしてしまう場合にはよく見られるものです。もし返信をせずに放置してしまえば、彼氏が不機嫌になったり怒ったりしてしまうでしょう。そのため、連絡が多すぎるように感じたら注意しなければいけません。

デートの約束で長々と連絡が続いているならまだしも、何も用事がないのに毎日欠かさず何度もLINEが来ているなら、依存されていると言えます。

束縛をしてくる

彼女に依存している男性は束縛をすることも多いです。束縛をしてしまう理由は単純で、他の男性に大好きな彼女を取られたくないからです。いくら友達でも他の男性と遊びに行くことが知られたら、大事になってしまうでしょう。

そうでなくとも「今日はなにしてた?」「誰と連絡してるの?」といった質問攻めを受けるケースは多いです。

彼女に依存していない男性なら自分と関わっている以外の時間に彼女が何をしているのかは、それほど気になることはありません。しかし、こうして彼女の行動を確認してくる行為は女性の行動範囲を狭めることにもつながります。

飲み会の帰りに迎えに行きたがる姿や、休日には必ず会う約束をすることも束縛の一つに数えられます。

寂しがり屋である

寂しがり屋な男性ほど彼女に依存しやすい傾向があります。「いつも一緒にいたい」「構ってほしい」など、こうした言葉を彼女の前で口に出す寂しがり屋男性は多いです。

一見可愛いと感じてしまう寂しがり屋男性ですが、実は浮気しやすい特徴もあるので注意が必要です。男性が好きでなくとも構ってくれる女性がいれば付いていってしまいます。連絡が頻繁だから一途だと安心していては危ないでしょう。

友達が少ない

友達が少ないという点も彼女に依存しやすい男性には当てはまります。友達が多く彼女以外の人と遊ぶ機会が多ければそこまでひどい依存にはならないはずです。

元から依存症の男性は彼女ができてしまったことで、友人や家族の付き合いがどうでもよくなってしまう人もいます。

この場合の男性は友人の誘いを断り、自ら友人に連絡を取らない傾向もあります。より一層友達も減ってしまい、さらに依存してしまうという悪循環に陥ります。

彼氏が依存するタイプだったらどうすればいい? 対策法をご紹介!

男性の54%が「共働き希望」 結婚前に確認すべきこと9つ

最後に彼氏の依存に対する対策法をご紹介していきましょう。

彼氏のリズムに合わせない

頻繁な連絡を面倒だと感じても、彼氏が喜ぶなら…… と全て返信するのはよくありません。相手のためを思っての好意は波風を立てにくいですが、依存の状態が長く続くとどんどんひどくなる傾向があるので、それなら交際当初から相手に合わせないことが大事です。

余計な会話をしない

「グループLINEに他の男性もいる」「複数人で遊びに行った」など、余計なことは彼氏の前でなるべく話さないようにしましょう。特に男性の影が見えると、より束縛がひどくなったり、口論になったりします。

依存する男性は会社の飲み会に参加するだけでも嫉妬することが多いので、「女友達と遊びに行く」といった感じに伝えるのが無難です。

別れを匂わしておく

依存がひどい場合には別れを匂わせるのが一番効果的です。依存により束縛が迷惑であることをまずは伝え、このままの状態が続くのならばこれ以上は付き合えないと告げてみてください。依存するほどの彼女を失うとなれば彼の考えを改めることにもつながります。

おわりに

彼女に依存している男性との付き合いは度々迷惑に感じる点が多いです。寂しがり屋で友達が少ないといった特徴から、優しくして接してあげたくなりますが、放置はさらに連絡や束縛がエスカレートし、DVにもつながる可能性があるので早めに対処しましょう。

ご紹介してきた対処法を参考に、ちょうどいい距離感で気持ちの良い付き合いができるようにしてみてください。

早紀の他の記事を読む