シティOL川柳大賞発表 なぜか自虐的なものが多い。。。働く女性はきらきら輝いていますよ!

サンケイリビング新聞社が発行するオフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」で、第18回「シティOL川柳大賞」受賞作品を決定。2014年に全国のシティ読者から応募された3956句の中から13句が入賞しました。職場の人間関係・恋愛や結婚・将来への不安など、今の働くOLの気持ちを掛け合わせて詠んだ川柳が象徴的。

なんだかとても自虐的な雰囲気がしてしまうのは気のせいでしょうか。
もしくは、そのようなものが選ばれたのかな…。

2015-01-08_15h38_40大賞

「壁ドンに 憧れ今は オフィスのドン」

【作者の声】
CMでもよく目にする壁ドン。そんなキュンとする恋愛に憧れるも、彼氏はできず社会人6年目。今では女性社員で自分が一番の先輩です。早く王子様に出会いたい!
(トントン、東京エリア、27歳)

入賞作品(一部抜粋)

「お局を 飛び出しとうとう レジェンドに」

「ありのまま さらけ出したら 彼引いた」

「結婚を ダメよダメダメ 言う彼氏」

「ホロ酔いの 帰りによろけ ひとり壁ドン」

「持ってるの 地位も名誉も マンションも」

「目標は むかし寿 いま定年」

「無駄遣い 言い方変えれば 自己投資」

-シティOL川柳大賞-
シティリビングが主催し、1997年から続くオフィスで働く女性のための川柳大賞。「オフィス部門」「恋愛・結婚部門」「マネ-・ライフ部門」「ビューティー・ダイエット部門」の4部門で作品を募集し、優秀作品を選定。全国8都市のシティ64万部(札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・京都・大阪・福岡)とWeb版の読者から毎年多くの作品が寄せられる。2014年は3956句が集まり、シティ編集部で2度の審査を実施し54句が通過。その後、全国のシティ編集長と特別審査員による最終審査を経て受賞13句を決定

The post シティOL川柳大賞発表 なぜか自虐的なものが多い。。。働く女性はきらきら輝いていますよ! appeared first on きれい女子会.


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…