イライラする原因は自分⁉ ストレスを感じやすい人の4つの特徴

仕事中、よくイライラしてしまったり、ストレスを感じることはありませんか?

実は、ストレスを感じるのは自分の性格や考え方が原因の場合も……。

今回は、仕事などでストレスを感じやすい人の特徴と、改善するコツを解説します。

ストレスを感じやすい人の特徴

完璧主義

完璧主義

何事も完璧にこなさないと気が済まない人は、ストレスを感じやすい傾向があります。

例えば、仕事が忙しくて多くのタスクをこなさないといけないシーンで、時間がなくすべての作業が7割程度の完成度になってしまった場合、完璧にこなせなかったことにストレスを感じてしまいます。

自分が「こうであるべき」と思うあまりに、自分だけの厳しいルールの中で動いてしまうのです。

負けず嫌い

負けず嫌いな性格は、一見仕事において力を発揮しそうに見えますが、人と競うがあまりストレスを抱えてしまうことがあります。

自分以外の誰かが仕事で成功しても、素直に喜べずに悔しく感じてしまったり、自分一人で解決できなさそうな仕事も、一人でなんとか頑張ろうとして負担をかけてしまうのです。

他人と比較する

他人と比較する

他人と比較すると、つい自分が劣っているところに目が行きがちです。劣等感を感じて落ち込んで強いストレスを感じてしまいます。

思考もネガティブになってしまい「仕事ができない自分は会社にとって必要がない存在なのかも……」と悪いイメージが膨らみ、さらにストレスを感じる傾向にあります。

いい人でいようとする

「あの人、いい人だよね」と言われることは嬉しいものです。しかし、いい人でいようとすることもストレスを感じやすい原因に。

嫌な仕事や無茶な仕事を断りきれずに引き受けたり、苦手な人とも笑顔でコミュニケーションをとったりと、ストレスを感じやすい環境に自ら飛び込んでいるようなものです。

「いい人だね」という言葉にもプレッシャーを感じ、耐えきれずに爆発してしまうことも。

できるだけストレスを感じないようにするコツ

相談できる人を見つける

相談できる人を見つける

ストレスを溜めやすい人は一人で抱え込んで孤独感を感じてしまいがちです。誰かひとりでも相談できる人がいるだけで、心が楽になることがあります。

孤独感からくる不安もなくなり、心に余裕ができることで、ストレスを感じにくくなるのです。

短所ではなく長所に目を向ける

自分や他人の短所に気づくと、イライラとしてしまうことがあります。そういう場合は、短所ではなく、長所に目を向けるようにしましょう。

自分や他人の長所を知ることで、イライラする機会が減り、自分に自信がついたり、素直に他人を認めることができます。

ポジティブ思考を心がける

何事もポジティブに考えると、ストレスを感じにくくなります。例えば、仕事でミスした時に「失敗した……」ではなく「新しい経験ができた」と変換してみましょう。

ストレスに感じるのではなく、前向きな気持ちで仕事に取り組むことができます。

おわりに

仕事などでストレスを感じやすい人の特徴と、改善するコツをご紹介しました。日頃からストレスを感じることが多い人は、参考にしてみてください。

KOIGAKUの他の記事を読む