SNSのためのデートかよ…彼女にやめてほしいこと5つ

交際期間が長くなりと彼氏に不満ややめてほしいと思うところが出てきますよね。それは彼女だけではなく、彼氏も同じです。溜まった不満が二人の仲を引き裂く原因になってしまうので、問題は早々に解決していく必要があります。

そこで今回は、彼氏が彼女にやめてほしいことを5つピックアップしてご紹介していきます。自分の言動が当てはまっていないか確認してみてください。

彼女にやめてほしいこと①:不満を溜め込んで一気にぶつける

恋人を誰かに取られてしまう夢

彼氏に対する不満を言えずに溜め込んでいる女性は多いのでは? しかし、溜め込んだ不満はいずれどこかで爆発してしまうでしょう。一気に溜め込んだ不満をぶつけられても彼氏も戸惑うばかりで、同時に理不尽さを感じてしまいます。

男性の多くは女性の微妙な変化や気持ちを察することが苦手なので、「察してほしい」という気持ちは持たない方が良いでしょう。溜め込まず、何か不満があればきちんと伝えた方が今後も上手く付き合えますよ。

不満を指摘する際は責めてしまうと反感を買いやすいので、自分の気持ちを理解してもらうためにお願いという形で伝えた方が良いでしょう。

彼女にやめてほしいこと②:ダメ出しや馬鹿にする態度

男性はプライドの高い生き物です。そのため、彼女からのダメ出しやしつこく小馬鹿にする態度に不満を持つ人は多いのです。

例えば他の彼氏や旦那と比較してダメ出しされれば、彼氏も気分が悪くなります。こちらとしては世間話だったとしても、嫌味に聞こえたり、できないことに罪悪感を持ったりしてしまいます。

また、彼氏の反応が面白いからと日常的に馬鹿にするのもNG! その悪ノリが喧嘩のきっかけになり、何度もからかわれるようなら愛情も冷めていってしまいます。

自分が他人にしつこくダメ出しや小馬鹿にされたら、嫌な気持ちになりませんか? 自分がされたら嫌だなと思うことは、人がされても嫌なことだと認識しましょう。

彼女にやめてほしいこと③:すぐにすねたり、疑ったりする

口うるさすぎ…夫に直してほしいこと4つ

男性は面倒な女性も苦手な傾向があります。すぐにすねる癖がある彼女の場合、彼氏はすねるたびにご機嫌を取らなければなりません。

すねる仕草は可愛らしいものですが、すぐ泣いたり、機嫌が直るまで無視をしたりなどすね方や頻度によっては「面倒くせぇ」と男性は思ってしまいます。自分を可愛く見せるためにわざとすねる態度を取っているのであれば、それがバレてしまえば彼氏の心が離れていく可能性もあるでしょう。

また、ちょっとしたことでも浮気を疑う女性も男性から好まれません。浮気に不安がある女性はLINEの返事が遅れたり、電話に出なかったりするだけでも浮気を疑ってしまいます。

しかし、返事の遅れや電話が取れない事情には様々なケースがあるので、必ずしも原因が浮気というわけではありません。それなのに毎回信じてもらえないのであれば、彼氏も面倒だと感じますし、同時に「信じてもらえてないんだな」と悲しくもなります。

このような面倒くさい女性に彼氏も愛想を尽かしてしまうので、重い女にならないように気を付けましょう。

彼女にやめてほしいこと④:SNSに夢中になること

TwitterやInstagramなどSNSを利用している女性は多いでしょう。彼女と同じくSNSをやっている男性も多いと思うので、SNSをやること自体には不満はありません。しかし、夢中になりすぎると不満を持ってしまう可能性があります。

例えばデート中の出来事や写真をSNSで投稿することはありませんか?
 デートのことや二人の思い出を公にしたくないと思っている男性であれば、SNSにあげることに不快感を示すでしょう。

投稿もデート中に行っているのであれば、「もはやSNSにアップする話題のために付き合っているのでは」と思われてしまうかもしれませんよ。

他にもSNS用に食事の写真を撮る行為もやめてほしいと感じる男性は多いようです。写真を撮っている間、男性は待たされることになり、終わった頃には料理が少し冷めてしまっている可能性もあります。彼を長く待たせることは気遣いに欠けた行為なので、撮る料理や枚数は厳選するように心がけましょう。

彼氏のためにわざわざSNSをやめる必要はありませんが、夢中になりすぎないように気を付けてください。

彼女にやめてほしいこと⑤:行動を色々聞き出す

彼氏と会えないとき、話題作りのために「今日は何をしていたの?」と彼の行動を聞くこともあるでしょう。その際、彼の行動を根掘り葉掘り聞くのは止めた方がいいです。

行動全てを把握しようとする行為に、彼氏は強い束縛を感じてしまいます。好きだからこそ彼のことは何でも知りたい気持ちは分かりますが、彼一人の時間を尊重してあげることも大切にしましょう。

おわりに

今回は彼女にやめてほしいことを5つご紹介しました。彼氏も多くの不満を抱えながら、付き合っていることを分かっていただけましたか?

自分では悪気がなかったとしても、相手はとても不快に思っている可能性があります。ご紹介した行動を自分は取ってないか、今までの出来事を思い出してみてください。

もし思い当たる部分はあれば、少しずつでいいので直すことを心がけて、彼氏からもっと好かれる彼女を目指しましょう。

早紀の他の記事を読む