やめとけばよかった…付き合って後悔する女性の特徴6つ

大好きな彼と晴れて恋人同士になり、付き合いたての頃は幸せな気持ちでいっぱいですよね。しかし、一緒に過ごしていく中で彼の本当の姿が見えてきます。付き合う前との大きなギャップにがっかりすることもあるでしょう。

それは彼女だけでなく、彼氏も同じです。彼のためにしていることが、実は彼は嫌に思っている可能性があります。今回は、男性が「付き合って後悔した」と思う女性の特徴を6つご紹介します。j

付き合って後悔する女性の特徴

「何をするにも一緒がいい!」不幸になるカップルの特徴5つ

付き合う前からお互いのことを全て知っているパターンもありますが、付き合った後に知っていく方が多いでしょう。付き合って後悔したと思われないために、これから紹介する特徴に当てはまっていないか確認してみてくださいね。

お金の価値観のズレ

お金遣いが荒い人は心配になりますよね。特に結婚を考えて交際をスタートさせた際は、お金の価値観のズレが大きいとすぐに別れを切り出されることも。

ブランド志向が強く高価なアクセサリーやバッグを欲しがる行為や、デート代は全て彼が払って当然と思う女性は、お金目当てで付き合ったのだと思われるでしょう。

その他にも年収が高いから付き合いたい、高級マンションに住んでいるから付き合いたいなどの理由で男性を選ぶ女性は振られてしまうことが多いです。

ネガティブなことばかり話す

一緒にいる人が、人の悪口や愚痴ばかり話しているとせっかくのデートも台無しです。話している側はスッキリするかもしれませんが、悪口や愚痴を聞く側はいい気分ではありません。たまに話す程度なら良いですが、デートのたびにネガティブな話を聞かされると一緒にいても楽しくないと思われてしまいます。

また、彼の話を聞かずに自分の話ばかりする人も注意しましょう。人の話を聞かない女性は自分のことばかりで相手を理解してあげられず、突然別れを告げられることも少なくありません。

束縛がとても激しい

彼のことが大好きなあまり、彼の一日の行動を全て知りたがる女性もいます。勝手に彼の携帯を盗み見したり、彼の行動を制限したりすると彼も疲れてしまいます。

好きだからこそ束縛してしまうものですが、彼は信用されていないのだと思ってしまうでしょう。小さな嫉妬や甘えは可愛らしいですが、相手の行動や意見を縛り付ける行為は別れを早めることになります。

喧嘩の時に性格に豹変する

カップルに喧嘩はつきものです。お互いの気持ちを話しあう機会も多いでしょう。喧嘩したときにこそ、お互いの本性が見えてきます。

大声で怒鳴り散らし、感情のあまり怒って物を投げつける女性は怖がられてしまいます。カップルに喧嘩はつきものですが、些細なことで頻繁に喧嘩が起きていては例え好きな相手でも一緒にいることは苦痛になってくるものです。彼も喧嘩のたびに付き合ったことを後悔してしまうでしょう。

マナーのなっていない女性

付き合う前は彼とのデートや電話の際に丁寧な言葉を意識していても、段々と緊張が解けてしまうものです。公の場で大きな声で話す女性や、汚い言葉を使う女性は一緒に居て恥ずかしいと思われるでしょう。

他にも食事の際に音を立てて食べる、電車で堂々と化粧をする、脱いだ靴を揃えないなどの行為は男性の株まで下げてしまいます。自分の株を下げる女性を周りに紹介したいとは思えず、女性のマナーの悪さから別れを考える男性も少なくありません。

結婚アピールが激しい

好きな人との結婚は女性の夢です。しかし、あまりにも結婚アピールをしてしまうと男性は重いと感じてしまいます。友達の結婚話をしたり、結婚関連の雑誌をわざと部屋に置いたり、子どもが欲しいアピールをしたりする女性もいます。

彼はあなたとの結婚を意識しているけれど、タイミングは今じゃないと思っている可能性もあります。そんな時に女性から過度な結婚アピールをされると、逆に気持ちが離れていってしまうことも。

自分の気持ちばかりを押し付け、彼の気持ちを考えられない女性とは長く付き合うことも難しくなるでしょう。

付き合って後悔されないためには?

プロポーズを「待つこと」が辛くなったとき「やっていいこと」「いけないこと」

人の性格や価値観は簡単に変えられないものです。しかし、自分を変えたいと思い努力する姿を見て嫌な気持ちになる人はいません。

まずは相手の気持ちをしっかり考えることから始めてみましょう。自分のことだけでなく、相手のことを考えられるようになるときっと人間関係は上手くいきます。「こう言ったら彼はどう思うだろう?」「これをしたら嫌に思うかな?」など、行動や言葉に起こす前に一度考えてみましょう。

考えても分からない人は、直接彼に聞いてみてください。彼は自分のことを真剣に考えてくれているのだと知り、あなたとずっと一緒にいたいと思ってくれるはずです。

おわりに

付き合う前は、彼に好かれたい一心で良い顔をする人も多いですよね。しかし付き合いだすと段々とボロが出て、本当の姿がバレてしまうものです。

その本当の姿を受け入れてくれれば良いのですが、受け入れてもらえない場合もあります。「付き合って後悔した」と言われないためにも、ぜひ彼と一緒に居る時の自分の行動や言動を見直してみましょう。

早紀の他の記事を読む