自覚なし? 残念なおじさんファッションの特徴4つ

年齢を重ねると、段々とオシャレに興味がなくなったり、「無難な服でいいや」と思って着る服をちゃんと選ばなくなってしまうことは少なくありません。

しかし、本人は良くても周囲から「うわ……おじさんだな……」と悪い印象を持たれてしまう可能性があります。

今回は「大人の男性」ではなく「おじさん」と思われてしまうファッションの特徴を解説します。当てはまるものはないか要チェックです!

おじさんファッションの特徴

服のサイズが合っていない

服のサイズが合っていない

スーツの肩の位置があっていなかったり、パンツがダルダルで太すぎるものは、若い人から「おじさん感丸出し」の印象に見られてしまいます。

年を取ると体型が変わりやすく、数年前に買った服が今の体型に合っているか確認した方がいいでしょう。

最近はオーバーサイズの服が流行っていることもあり、ゆとりのある服を着ている人もよく見かけます。

若い人はおしゃれに着こなしやすいのですが、アラフォー、アラフィフの男性が着ると「サイズが合っていない感」が出やすいので、ショップなどでコーディネートしてもらった方が安心です。

年齢に合っていない服

年を取っても10代、20代の頃からの服の好みが変わっていない人は要注意です。

学生の頃に着ていた派手なプリントのTシャツや、ドクロマークの付いた帽子、裾を折り返すとチェック柄のデニムなど、若さを引きずったファッションは即「おじさん認定」されてしまいます。

年齢に合ったファッション雑誌と今の自分のファッションを見比べて、どれだけ差があるか確認することをおすすめします。

若い頃に着ていた服が好きだったとしても、顔や体型は変化していきます。年齢に合った服を選ぶ方が、大人の男性として好印象に見られやすくなります。

清潔感がない

清潔感がない

年齢関係なく、重要なポイントになる「清潔感」。毛玉がたくさんついた服や、シミがある服を着ていると、不潔に見られてしまいます。

ビジネスシーンにおいても清潔感は重要視され、商談などのシーンでは清潔感がある方が印象が良くなります。

ファッションにも無頓着に見られるし「生理的に無理……」という女性も少なくありません。オシャレになろうと頑張る前に、清潔感のあるファッションを心がけましょう。

色味が地味すぎる

無難な服を着ようとすると、グレーや紺、黒など地味な色ばかり選んでしまいがちです。気づけば全身グレー、暗い色のコーディネートになっているということも……。

あまりにも地味すぎると「おじさん」を通り越して「おじいちゃん」感が強くなってしまいます。

顔色を明るく見せてくれる白や、ワンポイントに赤、黄色などの明るい色を足してみるとおしゃれ感が増します。

おわりに

「おじさん」と思われてしまうファッションの特徴を解説しました。「大人の男性」ではなく、「おじさん」と思われるのはちょっと残念ですよね。

ご紹介した特徴に当てはまるものがあれば、一度自分のファッションを見直してみた方がいいでしょう。

KOIGAKUの他の記事を読む