あなたはどっち?「大人の男性」と「おじさん」の4つの違い

同じくらいの年齢の男性でも、周囲の女性たちから憧れられる「大人の男性」と呼ばれる人と、まったく見向きもされない「おじさん」扱いされる人がいます。この違いって、どこで生まれているのでしょう?

今回は、「大人の男性」と「おじさん」の違いについてまとめてみました。また、おじさんが大人の男性になるための方法についてもご紹介していきます。職場でおじさん扱いされている男性は是非チェックしてみてください。

「大人の男性」と「おじさん」が判別される瞬間4つ

「大人の男性」と「おじさん」が判別される瞬間4つ

「大人の男性」と「おじさん」は、どのターニングポイントで決定づけられているのか? 

1. 外見的特徴が分岐点

物理的な問題ですが、女性の大半は男性の見た目で「おじさん」かそうでないかを判別しています。年齢からくる見た目の老化は仕方ないにしろ、服装や髪型、身だしなみなど、外見の特徴が分岐点となるケースが多いです。

おじさん扱いされる男性は、どこか不潔感を感じてしまう要素があります。例えば、

・肌が脂ぎっている
・眉毛の手入れがされていない
・不摂生に見えるメタボ体型
・肩にフケが落ちている
・くたびれた衣類を着ている

など。ポジティブに捉えれば、ある意味男らしいおじさんでもあるのですが……。

反対に大人の男性は、身だしなみに関して問題点がほとんどありません。年齢に対してちょっとくらい老け顔でも、全体の雰囲気から清潔感が伝わってくるので、「ああこの人、大人の男性だな」という印象を受けます。

2. 自分ファーストな行動

内面性もまた、大人の男性なのかおじさんなのか、判別される材料です。

例えば、過去の実績や武勇伝など、ニーズのない話題を繰り広げてしまう自分本位な男性はとくにおじさん認定されがち。自分から話題を持ちかけ、そして自分一人で笑っている。こういう要素は女性から「生理的に受けつけない」と絶望的な支持を集めてしまいます。

その話題が本当に必要かどうか見極めて発言することで、相手の受ける印象は変わってきます。大人の男性は相手ファーストです。

3. 疲労感はおじさんを作る

先の外見的特徴にも少し似ていますが、見た目の疲労感はおじさん度に比例しています。

平日夕方の帰路や電車で、仕事で疲れ切った男性を目にしますよね。そういう男性ってすごくおじさん感があるように見えないでしょうか。本当に疲れているから仕方ないのですが、エネルギーを感じないというか、年齢以上におじさんに見えてしまいます。

一方で大人の男性は、疲れていても露骨に顔や雰囲気に出さず、どこかポジティブな印象さえ感じられます。

仕事疲れのため義務感で仕事をこなす受動的な男性と、疲れていても自分から前向きに取り組む能動的な男性とでは、後者の方が圧倒的に大人で余裕のある男性に見えます。

4. 雑談についていけない

女性のちょっとした雑談についていけないのはおじさんの証拠です。

例えば職場。仕事の話も大事ですが、女性はモチベーション維持のために雑談も必要です。

大人の男性は、女性たちのちょっとした雑談に対応できるスキルを持っており、なんなら話題を提供するくらいの適応力をみせます。このような大人の男性は、密かに好意を寄せられることもあったり……。

頑張って話題に乗ろうとした結果、シーンとした雰囲気を作ってしまう。そういう経験を持つ男性は、職場でおじさん扱いされているかもしれません。

「おじさん」が「大人の男性」に変わるために必要なこと

「おじさん」が「大人の男性」に変わるために必要なこと

「おじさん」が「大人の男性」に変わるために必要なことはコレです。

狙い過ぎない身だしなみを考える

大人の男性に見せたいのなら、やはり印象操作として清潔感を作るのが一番です。しかし流行りの髪型やファッションを取り入れ過ぎるとあざとい感じが出てしまうので、やり過ぎは禁物。また、年相応の身だしなみであることも大事です。

職場や周囲に清潔感を感じる男性がいるのであれば、その人の身だしなみを真似してみましょう。ポイントとしては、自分と似たような背丈や体型をしている人を参考にすることです。

自分本位な話は控え、話は聞く側に

大人の男性は相手ファースト、おじさんは自分ファーストです。単純に自分本位な発言や行動を控えるだけで、大人の男性に近づけます。

簡単な方法は、相手の話の聞き手に回ることです。とくに女性は、自分の話を誰かに聞いてもらいたいという欲求があります。女性の話に対し、適度に相づちを入れながら聞いてあげるだけでも、おじさんから大人の男性に前進できるはずです。

自然体な気遣いと配慮を心がける

大人の男性に必要なスペックは、自然体な気遣いと配慮です。女性は男性の腹心に敏感な方が多いので、露骨な気配りは逆にNG。大事なのは、自然体を装うこと。

例えば、仕事で困っている女性に対して、得意げに知識を見せたり与えたりするのではなく、その場で最短で解決に繋げる手助けを小慣れた感じで請け負ってあげましょう。

余計なアピールはせず、困っている案件をスマートに解決してくれる男性に、女性は「大人の男性だなあ」という印象を持ってくれます。

まとめ

まとめ

「大人の男性」と「おじさん」の違いは、外見と内面の特徴から判別されます。

第一印象では見た目の「清潔感」、本質的な部分は相手ファーストであることが、大人の男性の証と言って過言ありません。

「男はありのままでいい!」という人ほどおじさん度が高いので、大人の男性になりたい方は外見と内面をよく見直してみましょう。

Clevaの他の記事を読む