嫉妬しないのはなぜ? 放任彼氏の特徴5つ

放任主義な彼氏をもつと「私のこと本当に好きなのかな?」「私たち付き合ってるよね……?」と不安になることも。

今回は、放任主義な彼氏の特徴をご紹介します。

放任彼氏エピソード

放任彼氏エピソード

・お互いかなり自由人なので、あまり干渉しないです。お互い異性と二人で食事したり飲んだりするのに抵抗がありませんし、そういう時は「〇〇とご飯食べてくるね」と伝えます。流石に異性と二人でオールや泊りはNGですが……。お互い裏切らないと信頼しているからかなと思います。(27歳/女性/会社員)

 

・私に弟のようにかわいがっている後輩がいます。丁度用があったらしく私の近所にいたのですが「終電がないから泊めてほしい……。」とお願いがありました。弟のような存在で男として意識したことはありませんし、年下だからか終電で帰れないのはかわいそうだな……と思い、当時付き合っていた彼に相談しました。

彼は「うーん、まあ大事にしている後輩ならいいよ」と許可してくれて、その後輩を家に泊めました。もちろん男女のような関係はなく全く何もおこならなかったのですが、周りに言った時「それ許可してくれる彼氏なんているの!?てか相談するのもどうなの?」と驚かれました(笑)

振り返ってみると、放任彼氏だったのかなと思いますね。(28歳/女性/アパレル)

 

・以前合コンをしたことがあったのですが、彼氏持ちの子が参加してました。「大丈夫!彼氏に言ってあるから!」と言っていました。聞くと、クラブなんかも彼氏の許可をとって行っているそう。心が広い彼氏だな……と思いましたね。(28歳/男性/営業)

放任主義な彼氏の特徴

束縛したくない

束縛したくない

自由な恋愛を好むタイプの男性は相手を束縛することを嫌います。彼女に束縛をして負担に思ってほしくない、または「束縛して嫌われたくない」と思うこともあるでしょう。

束縛や依存をせずに恋愛を楽しみたいという気持ちが強いです。

自由でいたい

彼女に束縛をした場合、自分も同じように束縛されることはわかりますよね。

放任主義の人は、人にあれこれ言われることを嫌います。浮気などやましいことはなくても自分がどこで誰と遊んでいたのかいちいち詮索されたくない人も多いでしょう。

お互い干渉しないのであれば自分も細かく言われないために、自由な恋愛を好みます。

彼女のことを信じている

彼女がどこで何をしているのか気になるものの、彼女のことを信頼しているので、放任しているという彼氏もいるでしょう。

「自分の彼女は絶対浮気しない」「自分は彼女が大好きだし、彼女も自分のことが大切だろう」と信頼があるからこそできる対応です。この考えのタイプは、彼女のことを常に信頼しし、自分自身も浮気したり他の異性に走ることは少ないでしょう。

全てを知りたくない

全てを知りたくない

「彼女のことは好きだけど、お互い全て知る必要はない」「知らなくてもよいこともある」と考えて、放任彼氏でいる男性もいるでしょう。

疑ったり、色々探って知る方がストレスになることもあります。

恋愛に夢中になりたくない

「恋愛はしたい。けれど彼女とずっと一緒にいたい、四六時中傍にいたいよいうよりは、自分の時間もほしい」と思うような男性は、恋愛に入れ込みたがらず放任彼氏になる可能性が高いです。

このタイプの男性は束縛せず嫉妬なども見せないでしょう。

素直な気持ちを伝える

「信じているから」「お互い自由な時間が必要」と放任主義でいることは悪いことではありません。ですが、あまりに放っておかれると女性としてもなんだか寂しくなったり、不安になることもありますよね。

実は男性も「気になってるけど言えない」可能性もあるかもしれません。お互いの気持ちを素直に伝えてより深い関係になりましょう。

KOIGAKUの他の記事を読む