現状に満足…なかなかプロポーズされない6つの理由

もう長い間付き合ってきて同棲までしている彼氏に、なかなかプロポーズしてもらえないと頭を悩ませている女性は多いのではないでしょうか? どうして彼氏がプロポーズしてくれないのか、その理由だけでも知りたいと思っていませんか?

今回は、なぜ彼氏がプロポーズしてくれないのか主な理由をご紹介していきます。この件でお悩みの人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なかなかプロポーズされない理由とは

現状に満足している

現状に満足している

1つ目の理由は、彼氏が現状に満足しているということ。結婚前に同棲生活をしているカップルに多く見られる理由です。

同棲は模擬結婚のような環境で生活するため、それに慣れてしまうと敢えて結婚する必要性を感じなくなってしまうという面があります。同棲することで得られるメリットはたくさんあるので、責任をとらずにそのまま現状維持しようと考える男性は多いでしょう。

結婚はまだ早いと思っている

2つ目の理由は、彼氏が結婚はまだ早いと思っていることです。

女性は結婚することで安定した生活を手に入れられると考えがちですが、男性はそうではありません。経済的にも生活の自由度的にも、どうしても結婚をマイナスに捉えてしまい、プロポーズにまで気持ちが至らないのかもしれません。

結婚に迷いがある

3つ目の理由は、結婚に迷っているからです。

彼女のことが好きで「結婚したい」と考えてはいても、金銭感覚や価値観、生活スタイルの違いなどから結婚に踏み切れないという男性は珍しくありません。

恋人関係であれば合わない相手とは別れればいいだけですが、結婚はそうもいきません。家と家同士の話になりますし、子どもがいればさらに離婚は困難になります。

一生の責任をとれるのか、この先もずっと一緒にいたい相手なのか、結婚を迷う男性は多いのです。

自分に自信がない

4つ目の理由は、自分に自信がないことも考えられます。

性格・外見・経済力・健康面などすべてにおいて自信がないと、「自分が彼女を幸せにできるのだろうか?」と不安になって結婚に前向きになれないのです。普段からネガティブ思考な彼氏の場合は、この傾向がより強いことが考えられます。

自由に生活したい

5つ目の理由は、自由に生活がしたいから。

結婚すると他の女性と遊んだり好きな時間に出かけたりすることが難しくなってしまいます。交友関係が広く友人と遊ぶ機会が多い男性の場合、束縛されずに自由に生活したいと考える人は多いです。

こうなるとプロポーズに踏み切れなくなるのも当然ですね。

プレッシャーを感じている

女性は結婚に積極的であるのに対し、男性は責任が大きく増えることからプレッシャーを感じやすくなります。経済的な支えにもならなければいけないので、つい尻込みして結婚を考えられないという男性は多いでしょう。

また、彼女が結婚を急いでいたり結婚願望がとても強かったりすると、一層プレッシャーを感じて一歩引いてしまう場合もあるようです。

彼氏にプロポーズしてもらうためには?

今後どうしたいのかを確認する

今後どうしたいのかを確認する

長い付き合いの彼氏にプロポーズされない場合は、彼氏に結婚についてどう考えているのかをきちんと確認してみてください。

彼女の結婚願望に彼氏が気付いていない可能性もあります。やんわりと伝えても気付かない人もいるので、ストレートに聞いてみるのが良いでしょう。

家庭的なところを見せる

男性は、彼女の家庭的な一面を見て結婚を意識することが多いです。

料理が美味しかったり掃除や洗濯がきちんとされていたりすると、「結婚したらこんな感じなのかな」「この子と結婚したいな」と思うようになるはず。

金銭的な問題を解決する

男性が金銭的な問題から結婚に踏み切れないのであれば、お互いの金銭感覚を確認したり結婚後は共働き家庭になることを伝えるなどしてみてください。

それを聞くだけでも男性の経済面へのプレッシャーが軽くなります。

彼氏を支えられる女性になる

彼氏と結婚したいならば、彼氏を支えられる女性になることも大切。「この子と結婚したい!」と思ってもらえるよう、家事スキルを身に付け、常に思いやりを忘れず、彼氏のサポートを心がけましょう。

おわりに

おわりに

基本的に、男性は女性よりも結婚に消極的な人が多いです。結婚はまだ早いと思っていたり、結婚に迷いがあったり、自分に自信がなかったりして、「結婚」というものから目を背けているのです。

もし彼氏が結婚を迷っているようであれば、今後どうしていきたいのかを二人でしっかり話し合ってみることが大切です。

早紀の他の記事を読む