「不満を溜めない」結婚生活が長続きする夫婦の特徴4つ

結婚するからには一生傍にいて幸せになりたいですよね。ですが、実際の結婚生活では我慢することが多くあったり、今までは許せていたのに……なんてことも。

今回は、結婚生活が長続きする夫婦の特徴をご紹介します。

結婚生活が長続きする夫婦の特徴

金銭感覚が似ている

金銭感覚が似ている

結婚するとなると色んなお金がかかってきます。まず最初は結婚式、そしてマイホーム購入など、二人で決断して多額のお金を支払う様々な機会があります。

そんな時に金銭感覚が合わないと度々喧嘩になってしまうでしょう。また、結婚しても「自分のために自由にお金を使いたい」などと家族のためよりも自分に費やしてしまう人も、夫婦関係を悪化させてしまうでしょう。

不満を溜めない

怒っている気持ちや不満などネガティブな感情を伝えることが得意な人はいませんよね。

誰だって億劫になるものです。ですが、そこで問題から逃げて不満を溜めていても「いい夫婦関係」にはなれません。

育った環境が違うので考え方や価値観が異なるのは当たり前です。そんな時には不満を溜めずに素直に気持ちを伝えて問題に向き合いましょう。

不満を溜めたままにしてしまうと、いずれその不満が爆発し離婚へと発展してしまいます。

協力しあえる

協力しあえる

家事や育児、全て片方だけに負担がいってしまうようであれば、夫婦関係は長く続きません。

家事一つにしても「手伝おうか?」という声かけではなく「代ろうか?」など人任せにせず率先して取り組む姿勢が必要です。

どちらかに負担が偏るのではなく、お互いに支え合える夫婦は長続きするでしょう。

変化を受け入れることができる

恋愛して、結婚して、お互い家族になれば、最初の頃のような「ドキドキ」はないでしょう。特に女性は出産を経験し体型の変化も大きいです。

そんなときに「昔は綺麗だったのに」「昔はかっこよかったのに」と過去のことばかりもとめてお互いをけなしてもいい関係にはなりません。気持ちも見た目も変化することは当たり前だとお互いが認識し、その中で新しい「愛」を見つけたり変わらない「愛」に気がつくべきです。

長続きするために気をつけていること

相手との時間をとり、コミュニケーションをとる

相手との時間をとり、コミュニケーションをとる

結婚四年目です。僕はベンチャー企業の営業職なので朝早く出勤し、夜遅いことがほとんどです。帰ってきたら子供はもう寝ているので、その時間は夫婦二人だけの時間を大切にしています。

ご飯を食べてテレビをみて、自由な時間も必要ですが、それ以外に「今日はどんな日だった?」「今日の子供の様子はどうだった?」と話しを聞きます。奥さんは家で一人子育てや家事を頑張ってくれています。コロナ禍で中々出歩けないし、だからこそ自分が話を聞こうとか夫として、奥さんのケアも大切だと考えているからです。それに子供の成長は早いので、自分が仕事をしている間の子供の様子を聞くことも楽しみです。(30歳/男性/営業)

お互いの意見をしっかり聞く

付き合って九年、結婚して二年になります。旦那といえどやはりもともとは他人なので、意見の衝突もありますし、「それは間違ってるんじゃない?」と指摘を受けることもあります。

でも、自分自身その通りだなと思いますし、感情的にならずに相手の意見を聞くことを心掛けています。逆に旦那も私が意見をいう時、きちんと聞いてくれています。

お互いの意見を聞きあうことがすごく大切だと感じます。(28歳/女性/会社員)

おわりに

結婚=夫婦となり家族となります。お互いもとは他人同士なので衝突は当たり前。そんな中、うまく結婚生活を続けていくのはやはりお互いを想いあうことです。

お互いに感謝をし、お互いの意見を受け入れ、末永く結婚生活を送りましょう。

KOIGAKUの他の記事を読む