痛すぎる…自分を「モテる」と勘違いしている女性の特徴6つ

あなたの周りに「モテる」アピールをする人はいますか? 聞いてもいないのにモテ自慢が始まって聞いているこっちはウンザリ……という経験をした人も少なくないと思います。

そして意外とそのモテ自慢は本人の勘違いということ多々あります。実は、知らず知らずに自分でも勘違いなモテ自慢をしている可能性も……。

今回は、自分のことを「モテる」と勘違いしている痛い女性の特徴を解説します。当てはまるものがないか要チェック!

自分を「モテる」と勘違いしている痛い女性の特徴

媚びを売ればなんでも思い通りにいく思っている

媚びを売ればなんでも思い通りにいく思っている

自分がモテていると勘違いしている女性は、男性に対して態度を変えがちです。「少し媚びればなんでも思い通りにいく」と勘違いしていることが多く、職場の男性社員や、男友達の前で態度を変えて、ネコなで声を使って媚びたりします。

媚びを売られた男性から見ると、好きな女性じゃない限りただの痛い行動……。猫なで声で頼み事をするよりも、丁寧な態度でお願いされた方が案外好印象に見られやすいです。

今まで付き合った男性の数を自慢する

今まで付き合った男性の数を自慢することも、自分がモテていると勘違いしている女性の特徴の一つです。

付き合った数が多いということは、別れた数も多いということ。付き合た男性の数を自慢しているつもりが、付き合ったら上手くいかないことが多いと遠回しに言っているものです。

「付き合ったけどイマイチだったから別れた」など、男を捨てた発言をすることもありますが、実はフラれた側だったということも……。

マッチングアプリの「いいね」の数を自慢する

「マッチングアプリの『いいね』が100件も来て大変なの」と、いいねがくるだけでモテていると勘違いしてしまう女性もいます。

一般的に、女性の方がいいねをもらう数が多く、たくさんのいいねがくることはよくあることです。中には500……1,000以上のいいねをもらっている女性も……。

本当にモテる人であれば、いいねの数を自慢するのではなく、気になる男性と付き合えたかどうかで考えるでしょう。

男性と目が合っただけで好意を確信する

男性と目が合っただけで好意を確信する

男性と目が合っただけで「もしかして私のこと好きなのかも」と勘違いするパターンもあります。

誰かと目が合うことは日常茶飯事のはずなのに、自分の都合のいいように解釈してしまいます。「さっきからあの男性が私をチラチラ見ているのよね……」と勘違い発言で場をシラケさせてしまうことも……。

露出が多い服を着ている

露出が多い服を着ていると、男女共に視線が行ってしまうもの。露出度が高い服を着ている時に、親しくなろうとしてくる男性が多い場合はモテとはちょっと違います。

モテているのではなく、ただの下心で近寄ってきている可能性が高いのです。本当にモテるタイプの人であれば、露出の高い服を着なくても、男性からの健全な誘いが多いはず。

上から目線で恋愛のアドバイスをする

自分がモテていると勘違いしている女性は、恋愛に対して上から目線のアドバイスをしがちです。「男はね……」と男を知り尽くしたような発言で周囲をドン引きさせてしまいかねません。

過去にモテた武勇伝の話をしだしたり、結局は自慢話になってしまうことも……。

おわりに

自分のことを「モテる」と勘違いしている痛い女性の特徴を解説しました。当てはまるもののが多い人は、勘違いした痛い女性に見られないように自分の行動を見直してみましょう。

KOIGAKUの他の記事を読む