未練なし! 別れた後も友達になれるカップルの特徴4つ

別れた後、全く連絡もとらずに関わらないカップルと、別れた後も友達のように仲がいいカップルがいますよね。

その違いは何があるのでしょうか?今回は、別れた後に「友達になれるカップル」の特徴をご紹介します。

 

別れた後も友達になるカップルの特徴

全く未練がない

全く未練がない

お互いに「未練がない」状態の二人は、別れてからも友達になることができるでしょう。

「別れたけどまだ好き」「好きだからこそ苦しくなって別れた」というカップルも多いはず。

「好き」が残っているまま関係を続けていると、復縁に繋がる可能性がありますが、お互い全く未練がなければ友達としていい関係を築けるでしょう。

・ちょっとでもまだ好きな気持ちがある元彼とは普通に接することができなくてよそよそしくなっちゃいます。でも、全く未練がない人だとなんとも思わないので、むしろ気楽に付き合えますね。(26歳/女性/会社員)

・付き合ってた時は好きだからこそイライラすることが多かったのですが、別れてからは気になってたこともどうでもよくなり、むしろ昔より仲良しかもしれません(笑)(27歳/女性/栄養士)

納得して別れた

納得して別れた

「お互い連絡しなくなって自然消滅で別れた……」なんてカップルはいませんか?

または「彼から一方的に振られた」なんて理不尽なこともあるでしょう。

お互い納得して別れないと、いつまでも未練が残ってしまいます。別れても良い友人関係になりたいのなら、お互いきちんと話し合った上で決断しましょう。

共通の友人・趣味が多い

元々共通の友人が多い場合や、趣味を通して知り合ったなど二人の共通点が多い場合は、別れてからも仲の良い友人関係でいられることが多いでしょう。

・私と元彼は元々好きなバンドが一緒で仲良くなりました。いつも一緒にPVをみたりカラオケで曲を歌ったり、グッズを買ったりしてました。別れてしまったけど今でも「新曲聞いた!?」とか連絡とったりしてます。好きな気持ちはもう全くないし復縁することもないですが、お互い仲が良いし、やっぱり趣味が似ているので一緒にいて楽しいです。(27歳/女性/営業)

人として好き

人として好き

恋愛のような好きはないけれど、人として好きだったり尊敬できる部分がある二人は、友達のようになる可能性が高いです。

お互いが人として好きな場合は、仕事の相談やプライベートな話もでき困った時に支え合える親友のような関係になれるはずです。

別れても友達でいるメリット

良き相談相手になる

良き相談相手になる

元々は恋人同士の二人です。付き合っている期間が長ければ長いほど、お互いのことを理解し合えているでしょう。

何か困ったことがあればアドバイスをしてくれたり、悩みを聞いてくれたり、良き相談相手になってくれるので友人として大切な存在になりそうです。

また、よく知っているからこそダメな時はきちんとダメだと言い合えたり、友達だからこそ言えるようになる、なんてこともあるでしょう。

信頼できる親友のような関係になれる

新しい異性の友達と仲良くなるのはすごく難しいですよね。仲が良い人はいても、中々深い話はできなかったりしませんか?

元恋人同士ならば、既に信頼し合える関係はできているので、友達になってもその信頼は変わらず困った時にお互いが助け合える関係になれるでしょう。

おわりに

今回ご紹介した特徴に当てはまる二人ならば、友達に戻ることができるでしょう。

ただ、新しい恋人ができた時に、あまりに仲が良すぎると嫌がられてしまうデメリットもあります。メリット、デメリット両方考えて判断しましょう。

KOIGAKUの他の記事を読む