ごめんなさい無理です…彼女にしたくない女性の特徴7つ

あなたは、「この人彼氏にしたくないな……」と思うような男性に出会ったことはありますか? 見た目や性格、行動など、どうしても恋愛対象として見れないことってありますよね。しかし、それは女性に限らず男性にも言えることです。もしかしたら自分でも気づかないうちに、彼女にしたくない認定されているかもしれません。

今回は、「彼女にしたくない女性の特徴」を7つご紹介します。

彼女にしたくない女性の特徴とは

清潔感がない

清潔感がない

清潔感があるかないかは、第一印象で決まります。そのため、良くも悪くも印象を大きく左右します。髪の毛が整っていなかったり服がヨレヨレだったりすると、「清潔感がない」と思われてしまいます。また、清潔感がない女性は「だらしない」「下品」などの印象を与えかねません。

男性は、身だしなみが整っている女性に魅力や美しさを感じます。身だしなみが整っているだけでも、「どんな人なんだろう……」と興味が湧くのです。清潔感がないと初対面でも「彼女にしたくない」と思われる可能性があるので、注意が必要です。

すぐに感情的になる

すぐに感情的になる女性は、話を聞かなかったり自分の意見を強く押し通そうとする傾向があります。そのため、言い合いや喧嘩に発展することも珍しくありません。

言い合いや喧嘩はかなりのエネルギーを奪い、お互いに疲れやストレスが溜まります。そのため、男性に余計なストレスを与え、どんどん精神がすり減っていくでしょう。

自分の感情をコントロールできず、すぐに怒る女性が苦手だという男性は多いです。どれだけ見た目が好みでも、「彼女にしたくない」と幻滅される可能性があります。

人の悪口ばかり言う

誰しも腹が立つことやモヤモヤすることがあり、つい悪口を言ってしまうときがあります。時々であれば良いかもしれませんが、会話のほとんどが悪口になると男性からの印象が悪くなるでしょう。話す側はストレス発散になったとしても、かえって聞く側にストレスを与えることになりかねません。

嫌なことがあってもグッと堪え、一生懸命頑張っている女性に惹かれる男性は多いです。しかし、悪口ばかり言っている女性には何の魅力も感じられないため、「付き合いたくない」と思われるでしょう。

嫉妬心が強く束縛する

好きだからこそヤキモチを妬いてしまうことがありますよね。ヤキモチ程度であれば、男性から「可愛い」「愛おしい」と思われるでしょう。しかし、行き過ぎた嫉妬は「重い」と思われたり、疲れさせたりする可能性があります。

また、嫉妬だけではなく束縛が出てくると、男性の自由を奪いかねません。「面倒くさい」「彼女にしたくない」と思われ、男性の方から離れていってしまうでしょう。

自分の考えや意見を言わない

自分の考えや意見を言わないと、男性は何を考えているのか分からなくなります。たとえデートや食事をしていても、「つまらないのかな……」と不安にさせる可能性もあります。主張しすぎは良くないですが、あまりにハッキリ言わないのも「彼女にしたくない」と思われる理由になります。

男性からすると、嬉しさや楽しさを表現してほしいと思うものです。また、行きたい場所や食べたいものなどもリクエストしてほしい男性は多いです。そのため、自分の考えや意見を言える女性の方が男性からの印象は良いでしょう。

男にだらしない

男にだらしない女性は、男性から良いイメージを抱かれることはないでしょう。そのため、男にだらしない女性と「付き合いたい」と思う男性はほとんどいないと考えられます。

たとえば、平気で二股したり派手な恋愛遍歴を持っていたりするなどが男にだらしない女性の特徴です。過去の恋愛についての自慢話や武勇伝などを聞くと、男性は引いてしまいます。

ただの友達としての付き合いであれば良いかもしれませんが、異性として見ることはできないでしょう。

酒癖が悪い

お酒を飲んで暴れたり怒りっぽくなったりする酒癖の悪い女性は、男性から良い印象を持たれることはないでしょう。たとえ普段の印象が良くても酒癖の悪さに気づいた瞬間、男性は一気に幻滅してしまいます。

男性が介抱しても「覚えてない」と言われたら、さらに不快な気持ちにさせるでしょう。飲み会は楽しい場ではありますが、お酒の量をコントロールできないのはNGです。

 

「彼女にしたい」と思われる女性を目指そう!

今回は、「彼女にしたくない女性の特徴」を7つご紹介しました。何気ない言動や発言などで男性からの印象を下げたり、幻滅されたりしてしまいます。そのため、日頃から男性に見せる言動や発言に注意することが大切です。

少しの気遣いや優しさで印象は大きく変わるので、「彼女にしたい」と思われる女性を目指しましょう。

逢坂汐里の他の記事を読む