いい女はやってる! 彼氏がいなくても一人を楽しむコツ5選

彼氏はいないよりはいた方が楽しいでしょう。しかし、なかなか出会いがなかったり、彼氏と別れてしまったりして、一人になることもあります。そんな時、彼氏がいないからといってずっとふさぎ込んでいては、もったいない! せっかくの人生、楽しんだ者勝ちなのです。今回は、彼氏がいなくても日々を楽しむコツを5つ紹介したいと思います。

一人でも楽しめる趣味を持つ

お金がかからない趣味

あなたには一人でも楽しめる趣味がありますか? スポーツでも読書でも、スクールでの勉強でも何でもいいのです。あなたが心から好きだと思えて、やっていると時間を忘れるくらい熱中できることを探しましょう。そうすれば、彼氏がいないくても、楽しい日々を送れるはずです。

どうしても趣味が見つからなかったら、毎日料理を作るのを凝って見るとか、毎日の散歩をを習慣にするなどでもいいでしょう。掃除や断捨離も立派な趣味です。黙々と熱中できることがあれば、一人でも寂しさを感じることはなくなります。もし彼氏ができたら、今度は二人でそれを楽しめるといいですね。

ペットを飼う

彼氏がいなくても、ペットがいれば楽しい日々を送れます。犬でもネコでも、モモンガやカメなどでもいいのです。あなたが毎日世話をしなくては、ペットは生きていけません。だから、ペットを飼ったら、あなたは一生懸命世話をするでしょう。それこそ、大切な家族として。

使命感を持ってペットを世話し、無邪気なペットのしぐさに癒されていれば、彼氏がいない喪失感を持たずに済むはずです。ペットの写真を毎日SNSにアップして、楽しげに様子を書くのもいいですね。そうすれば、同じペットを飼っている人と交流が生まれ仲良くなれるかもしれません。その中に、新しい彼氏候補がいる可能性もあります。犬の散歩や動物病院、ペットショップも出会いの場として有望ですよ。

何でも相談できる友達を持つ

職場で好かれる「コミュニケーション」がうまい人の特徴5つ

彼氏がいなくて楽しくないと、正直に打ち明けられる友達を持ちましょう。男性でも女性でもいいのです。友達に悩みを打ち明け、友達と語らい、友達と一緒に遊んでいるうちに、彼氏がいないさみしさは紛れていくはずです。

彼氏とは、付き合ってもいずれ別れが訪れるかもしれませんが、友達は一生の宝。大切に友情を育んでいきましょう。友達が悩んでいる時にはあなたが支えてあげること。持ちつ持たれつの関係が、友情を深めます。

また、本音で付き合える友達がいいですね。お互いに、相手が間違ったことを言ったり、したりしたら、遠慮なく「それは違う!」と言えるようにすれば、絆は深まります。何を言っても、お互いのことを好きでいられる。そんな真の友情を築ければいいですね。

何か夢や目標を持つ

恋愛をして結婚するということ以外に、何か夢や目標を持ちましょう。たとえば、今趣味でやっていることを、いずれは仕事にするといったことでもいいでしょう。あるいは、ダイエットをして、ステキな洋服を着こなすことを目標にするのもいいですね。

夢や目標をかなえるためにがんばっている人は、キラメキを放っています。そのオーラに触れて、ステキだなと思う異性が現れ、彼氏ができるかもしれません。

彼氏がいてもいなくても、夢や目標を持つことは大切です。あなたがあなたらしくいられるように、もっとステキなあなたになれるように、夢や目標をぜひ持ちましょう。そして、それをどうやって叶えていくか真剣に考え、日々やることを見つけていけばいいでしょう。

仕事を好きになる

あなたは今している仕事が好きですか? 生活のために仕方なくやっているとか、つらくていつでも辞めたいと思っている人もいるでしょう。一日の大半は仕事をして過ごしている人が多いはず。それなら、仕事を楽しまなくては損です。

仕事の中に面白味を見つけていきましょう。なかなか見つからなかったら、自分で面白味を作っていくのです。わかりやすいマニュアルを作成してみるとか、仕事がもっと効率よく早く終わるフローを考えてみてもいいのではないでしょうか。工夫次第で、仕事は楽しめます。

どうしても、今の仕事では楽しくないと思うなら、副業を持ってみるのもいいでしょう。お休みの日などにできるような、時間の自由が効く副業がいいですね。できれば、あなたの好きなことを副業にできればなおいいです。もしも、副業での収入が順調に増えて、本業を超えるようなことになったら、その時は今の仕事を辞めることだってできるかもしれません。

おわりに

一人でいても楽しくないからといって、誰でもいいから彼氏になってくれる人を見つけようとすると、結果的にいい恋はできなかったりします。一人でも平気だからこそ、二人でも楽しめるのです。お互いに自立した同士の恋愛は、心地よく実り多いものとなるでしょう。

恋愛はさみしさを埋めるためにするものではありません。楽しさを共有するためにするものです。そして、苦しさやつらさも分かち合える関係になれれば、さらにステキなカップルになれるでしょう。それには、精神的にも経済的にも自立することが大事だと私は思います。

紅 たきの他の記事を読む