日記かよ…既読スルーされるLINEの特徴5つ

気になる女性にLINEを送っても既読スルーされる……という経験はありませんか? もしかするとそれ、女性に既読スルーされやすいメッセージを送っているかもしれません……。

今回は既読スルーされやすいLINEメッセージの特徴を解説します。当てはまっていないかチェックしてみてください!

既読スルーされやすいLINEメッセージの特徴

日記のような内容

日記のような内容

「今日は昼休みに〇〇を食べて、午後は仕事が早く終わったから〇〇の店に寄って返ってきたよ」といった、ただの日記のような内容は既読スルーされやすいです。

受け手からすると「だから何?」という感覚になり、返事に困ってしまいます。彼氏からのメッセージであれば会話が弾みますが、そんなに興味のない男性からの日記のようなメッセージは既読スルーされてしまいやすいのです。

スタンプだけのメッセージ

「おはよう」「お疲れさま」などの文字が入ったスタンプは、メッセージを打たなくても気持ちが伝えられて便利ですが、スタンプだけ送ってしまうと既読スルーされる可能性が高くなります。

メッセージが無いと重要度が低く「別に返事しなくてもいいかな」と後回しにされてしまったり、「スタンプだけだなんて私に興味がないのかな」と思われてしまうことも。

スタンプ+テキストで丁寧なメッセージを送った方が、返事をくれる可能性が高くなります。

受け身すぎる内容

メッセージのやり取りが続く重要なポイントは、返したくなるメッセージを送っているかどうかです。「そうなんだ」「わかった」など、受け身すぎる内容のメッセージは、相手が返事に困ってしまい、既読スルーされてしまうことがあります。

たまには質問をしたり、相手が好きそうな話題を振ったりと、話の流れを作ることも大切です。

ネガティブな内容

ネガティブな内容

愚痴や弱音を吐くなど、暗いネガティブなメッセージは、相手も疲れさせてしまう可能性があります。かまって欲しくて悩み事などをよく相談することも、返事に困らせてしまっていることがあります。

ネガティブな内容よりも、ポジティブな内容の方が話も盛り上がりやすく、メッセージも続きやすいです。

長文

相手に話したいことや伝えたいことが多くて、つい長文になってしまうことはよくありますよね。長文のメッセージは嬉しく感じる人もいますが、「長文は長文で返さないといけない雰囲気があって疲れる」と考える人もいます。

また、毎回長文で送ってしまうと、返信メッセージを打つ方も時間がかかり、段々間隔が空いて返事が来なくなってしまうことも。

1つのメッセージになんでも詰め込まずに、返事をしやすい程度の文字量で送るようにしましょう。

おわりに

既読スルーされやすいLINEメッセージの特徴を解説しました。当てはまるものはありましたか? 既読スルーされやすいメッセージには気を付けて、気になる女性とのLINEを楽しんでくださいね!

KOIGAKUの他の記事を読む