ケチすぎる…イケメンなのに彼女がいない男性の特徴5つ

イケメンなのに「どうして彼女いないんだろう? 」と思うような男性って結構いますよね。一般的に見てイケメンなのに彼女いない男性には共通する特徴があるんです。あなたももしかして周りからはイケメン判定されているのに、なぜか彼女がいない残念イケメンだったりしませんか?

 

イケメンなのに彼女がいない男性ってどんな人?

残念すぎる…優しいのにモテない男性の特徴5つ

パッと見はイケメンだからたくさんの女の人から声がかかりそう……。モテるんだろうなぁ……。なんて思われている男性の中には、実は「全くモテない」「彼女がいたことがない」なんて人も多いようです。なぜモテそうなのにモテないのには訳があるんです。その残念なイケメンの特徴を詳しく分析していきたいと思います。

理想が高い

女性に対する理想が高すぎて彼女ができないタイプです。女性はこうあるべき、女性にはこうであってほしいといった理想や希望が高くストライクゾーンが狭くなっているようです。

理想の女性を追い求めるのはもちろん良いのですが、彼女が欲しいと感じているなら少しは妥協をすることも時には必要かもしれません。妥協というと言葉が悪いですが、「寛容になる」という言葉に言い換えてみるとどうでしょうか。男性に寛容さや心の広さを求める女性は多いものです。

見た目はイケメンなのにあれこれ女性に口出しをしてきたり、要求が多いとうんざりする人も多いのです。見た目だけにひかれて近づいてきてもお付き合いまで進まない典型的な残念イケメンのパターンです。

一人で何でもできてしまう

女性の中にはちょっと心配になってしまうような男性が好きな人がいます。度が過ぎるのは問題ですがちょっとだらしなかったり、甘えん坊だったりするのがカワイイと感じるのです。

「この人は私がいないとダメなんだな」と思うと母性本能がくすぐられる女性もいます。でも、何でも一人でできてしまう男性だったらどうでしょうか。見た目は理想のタイプで興味を惹かれても、私はこの人には必要ないと思われてしまうとスーッといなくなってしまうパターンもあります。

一人暮らしをしている男性ならなんでも一人でこなして当たり前なのですが、あまりにきちんとしすぎているのも女性が引いてしまう残念イケメンとなってしまうこともあるのです。

女性に対して壁がある

小さなころから男子校に通っていたり、兄弟に女の子がいない男性は身近にいる女性が母親だけということもありますよね。

そのまま大人になってしまうと同年代の女性と接する機会がないままどうやって話したり、接したりしたらいいかわからなくなってしまうことがあるようです。

「普通でいいんだよ」と言われても、その普通ってわかりにくいですよね。まわりの男性が女性と楽しそうに話していたり、デートをしたりしているのを見てうらやましく思っても実際に自分がするとなると緊張して何を話してよいかわからないということも……。

女性からするとあまり女性慣れしていない男性はとても魅力的な存在です。まして見た目がイケメンならそれまであまり女性に縁がなかった人としてまじめで誠実そうに見えるでしょう。

もし、今からでも女性と普通に接したいと考えるならまずは本命の理想のタイプの女性ではなく、誰とでも気軽に話してくれそうな気さくな女性に話しかけることから始めてみるといいかもしれません。

「女性と話すなんて緊張しちゃう! 」なんて人もいるかもしれませんが、はじめの一歩を踏み出せばいつの間にか自然と話せるようになるものです。練習をしているうちに女性に対しての壁が少しずつなくなるといいですね。

まじめすぎてしまう

「おじさん」が「大人の男性」に変わるために必要なこと

彼女選びは妻選び。そんな風に思っている人はいませんか? もちろん初めて付き合った人とそのまま結婚することができたら理想的ですが、そこまで思い詰めてお付き合いをする必要はありません。

女性のほうもあまり結婚を深く考えている男性とお付き合いするのはちょっと荷が重いと感じる人も多いものです。友達の延長線上で「特別な存在」と考えてみるのはどうでしょうか。また、女性のことを尊重しなければ…、嫌われたらどうしよう…、などと考えすぎてしまうの問題です。

もちろん思いやりや気遣いはなくてはならないものですが、まじめすぎる人は考えすぎて悪いほう悪いほうへと思いが行ってしまうことが多いのです。

あまり考えすぎずに、彼女の受け答えに対して臨機応変に行動することができるとベストです。まじめなことは決して悪いことではありません。むしろ美徳だと思いますので、ポジティブに考えるような癖をつけることが大切です。

ケチなところがある

どんなにイケメンでも女性が一番がっかりするのがケチな男性です。お金のことはもちろんのこと、人に何かをしてあげることに関しても見返りを求めたり、自分の損得勘定で動いたりするのを見ると恋する気持ちがサーッと音を立てて引いていくことがあります。

お金がないのに後先考えずにガンガン使いすぎるタイプも問題ですが、あまりケチすぎるほうがドン引きする女性は多いものです。使うところには使って、締める時は締める。

バランスが大切なのです。また、時間の無駄についても細かく言う人は残念イケメン認定されてしまいます。一回でも「この人ケチだなぁ」という印象が付いてしまうとその後に覆すのが難しくなってしまいます。

こればっかりは気性のせいもあると思いますので、普段から自分は周りの人から見たらどうやって見えるんだろう? と客観視できるようにしておくのがいいと思います。

miichikinの他の記事を読む