恋人への気持ちが冷める原因とは? 冷めた時の対処法2つ

付き合ったばかりの頃は、恋人と一緒にいるだけで楽しいですよね。「四六時中一緒にいたいなぁ」と思っていた頃もあったことでしょう。しかし、「今はなんだか気持ちが冷めている」、「恋人といるより友達といるほうが楽しい」なんて思っている人もいるのではないでしょうか。

明らかに付き合い始めたばかりの頃とは彼に向ける気持ちが変わってしまっていて、悩んでいる人もいるかもしれません。いつ、どんな時に恋人への愛情が冷めた感情に変わってしまうのでしょうか? その理由と気持ちが冷めてしまった時にすべき行動について説明していきます。

恋人への恋愛感情が冷めた感情に変わる瞬間とは

相手にドキドキしなくなった…カップルが別れるキッカケ3つ

あれだけ好きだったはずなのに、突然気持ちが冷めてしまう時ってありますよね。付き合いたてのラブラブな状態から少し落ち着いた頃、相手の嫌な部分を目の当たりにしてしまった時に気持ちが冷めてしまう場合が多いようです。まずは、彼氏に対して冷めてしまったと感じる瞬間を見ていきましょう。

常識がない

一緒に食事に行った際に店員さんに横柄な態度をしていたり、道にゴミを平気でポイ捨てしたりするような常識のない姿はがっかりしてしまいます。また、人から平気でお金を借りるような人も心配になってしまいますよね。

そういった行動は、好きな気持ちが一気に冷めてしまう原因です。常識がない人と一緒にいると恥ずかしい思いもしますし、友人にも紹介したくないでしょう。

金銭感覚

恋人への気持ちが冷めてしまう瞬間として、金銭感覚が合わないことが理由の人が最も多いかもしれません。例えば、もうすぐ誕生日が近いのに「今月はお金を使いすぎちゃって誕生日を祝う余裕がない」と言われたり、旅行に行く約束をしていたのに予約するとなったら「パチンコに使ってお金がない」なんて言われたりしたらショックですよね。

他にも、細かく割り勘をする彼に幻滅してしまったという人もいるようです。せっかく美味しいご飯を食べていい気分だったのに、レジの前で小銭を探す姿を見て冷めてしまった人もいるのではないでしょうか。

ギャンブルをしたり、自分の趣味にお金を使いすぎたりしていることも原因になってしまいます。

過去の話を平気でしてくる

どこかに出かけた時に、「ここ元カノと来たことある」なんて平気で言ってしまう男性もいるでしょう。本人は過去の話として悪気なく言っているのかもしれませんが、彼女としては良い気持ちはしませんよね。元カノの話はしないと決めているはずなのに、それでも話してくる無神経な彼に気持ちは冷めてしまいます。

恋人への気持ちを取り戻す方法とは

彼のことが大好きで仕方なかった頃の感情は、取り戻すことも可能です。好きだった頃の気持ちを取り戻すための方法についてご紹介していきます。

付き合ったばかりの頃を思い出してみる

どのカップルも付き合い始めた頃はとても楽しくて幸せだったはずです。気持ちを取り戻すためにも、その時の幸せだった気持ちを思い出してみましょう。カメラロールで写真を見ながら一つひとつ振り返ってみるのも効果的です。

彼氏に伝えてみる

自分だけで悩んでいては、問題は解決できません。ましては彼の嫌な部分を見て気持ちが冷めてしまっている場合はなおさら伝えた方が良いでしょう。彼のこんなところが嫌だったということをしっかり伝えると共に、「冷めてしまっている」ということも伝えるようにしましょう。

問題に対して話し合うことで、解決できればまた気持ちを取り戻すことができるかもしれません。

恋人への気持ちが冷めてしまった時の対処法

「男のくせに」夫婦喧嘩中に言ってはいけない言葉6つ

もう彼への気持ちは冷めきってしまっていて、好きな気持ちは取り戻すことができないと思っている場合はどうすればいいのでしょうか? 対処法について紹介します。

ひとまず距離を置く

今の状況のままでは、関係を修復することは難しいでしょう。まだ別れを切り出すには迷ってしまうという人は、1度距離を置いた方が良いかもしれません。距離を置くことで冷静になって自分と向き合うことができます。会わない時間で彼が自分にとって本当に大切かどうかについても気付くことができるはずです。

なぜ冷めたのか考えてみる

嫌なことがあってもその場でスルーしてしまっているため、原因を深く考えたことがないかもしれません。彼への気持ちが冷めてしまった原因を見て見ぬふりしていないでしょうか。

まずは、自分の気持ちと向き合う時間を作ってじっくり考えてみましょう。考えてみると、彼の行動は自分が原因でそうなっている可能性もありますよ。

おわりに

恋人への気持ちが冷めてしまっていると感じたら、自分の気持ちや2人の関係を考え直すチャンスです。今回ご紹介した方法も参考にしながら、あの頃のように戻れないか模索してみましょう。

また、原因はなんなのか、このまま恋人でいてもいいのかについて2人で話し合ったり、ゆっくり考えたりするのもおすすめです。2人できちんと納得のいく答えを出しましょう。

早紀の他の記事を読む