「好きなタイプがない」と言う男性の振り向かせ方3つ

「好きなタイプはどんな人?」と聞かれてパッと答えることができますか? 外見について答える人もいれば、内面について答える人もいるでしょう。女性に好きな男性のタイプがあるように、男性にも好みの女性のタイプはあります。気になる男性がいれば、好みのタイプを聞いておきたいところですよね。

ですが、世の中の人みんなが好きなタイプが決まっているとは限りません。「好きなタイプがない」と言われてしまった場合はどうすればいいのでしょうか? この記事では、「好きなタイプがない」「好きなタイプが思いつかない」という男性の心理や好きなタイプがない男性へアタックする場合の方法について説明していきます。

「好きなタイプがない」ってどういうこと?

あなたはどっち?「大人の男性」と「おじさん」の4つの違い

気になる男性に好きなタイプを聞いた時、「好きなタイプはない」と言われてしまっては困ってしまいますよね。実は、好きなタイプがいないと答える人は、「好きになった人がタイプ」という人が多いのです。

言葉の通りなのですが、こう答える人はどんな理由でそう答えているのでしょうか? 好きになった人がタイプと答える人の理由について解説していきます。

そもそも好きなタイプがない

好きなタイプが思いつかないので、好きになった人がタイプと答えているパターンです。好きになった女性から良いところを見出すので、あらかじめ自分の中では決まったタイプがないようです。

好きなタイプだからこの人を選んだというより、好きになってからその人の魅力に気付くタイプの男性です。

好きに理由はないと思うから

好きになることに理由はないと考えているパターンです。恋愛をしていて、全く好みじゃないタイプの人を関わっていくうちに好きになっている場合もありますよね。必ずしも好きなタイプの人を好きになるとは限らないこそ、好きになった人がタイプと答えている男性もいるでしょう。

自分の好きなタイプを知られたくない

自分の好みがマニアックだったり、過去に好きなタイプを言って笑われたりした経験がある人は周りに好きなタイプを言いたくないと考えている人もいます。好きなタイプがマニアックであることから、本当の理由を隠すために「好きになった人がタイプ」と答えているパターンもあるようです。

恋愛に興味がない

そもそも恋愛にあまり興味がないので、好きなタイプについて考えたことがないという男性もいます。自分の好みの異性を考えたときに、過去の恋愛から振り返る場合もありますよね。恋愛経験がない人は好きなタイプについても考えにくいのかもしれません。また、恋愛に興味がないので好きなタイプを考えるほどの情熱もないということがあります。

好きなタイプがいない男性を振り向かせるにはどうしたらいいの?

一途だったのに…女性が浮気をしてしまうキッカケとは?

好きなタイプがいないと聞くと「理想のタイプに近づくにはどうしたらいいの?」と悩んでしまうかもしれませんが、「好きになった人がタイプ」と考えると少しハードルが下がりますよね。

決まった好きなタイプがいないからこそ、あなたの魅力に気付くことができれば振り向かせることができるはずです。ここからは、好きなタイプがいない男性へのアタック方法について説明していきます。

趣味や好きなことについて知る

まずは、彼の好きな食べ物や趣味などを知ることから始めてみましょう。周囲の人から聞いたり、彼のSNSを覗いて探ってみてください。好きなタイプはいなくても、好きなことは必ずあるはずです。知ることができれば、本人との会話を広げるきっかけにもなります。

自分と近い趣味を持っている場合は大チャンスです。趣味の話をしたり、一緒に趣味を楽しんだりすることができれば距離を縮めることもできるでしょう。自分と似たところを持っている人には好感を持ちやすいですよ。

とにかく褒める

彼と会話する機会があれば、とにかく「褒める」ことを意識しながら話すようにしましょう。例えば、髪型が変わっていたらすぐに気付いて褒めてあげたり、ファッションについて褒めてあげると自分のことをよく見てくれていると感じるので好印象です。褒められて悪い気持ちになる人はいないですよね。

好意をさりげなく伝える

メッセージなどのやり取りをしている人は、仲が深まってくれば好意を伝えてみてもいいでしょう。遠回しに「彼女になれたら幸せなんだろうな~」と言ってみたり、「好きな人はいるの?」とストレートに聞いてみたりするといいかもしれません。

男性は自分に好意を持ってくれている人を好きになる傾向があるので、しつこくないくらいに好意を伝えるのは効果的です。

おわりに

ここまで「好きなタイプがいない」男性の心理やアプローチ方法について解説してきました。好きなタイプがしっかり決まっている人よりも、好きなタイプがいないという人の方がチャンスは大いにあると考えていいでしょう。

決まったタイプがないからこそ、男性が喜ぶことを積極的にすることで「この子のこういうところが好きだ」と思ってくれるはずですよ。

早紀の他の記事を読む