気まずくならないデートの断り方4例

好きじゃない人からデートに誘われた時、どう断ろうか悩んでしまう女性も多いでしょう。断った後に気まずくなったり、陰で悪口を言われたりしたくないですよね。男性を傷つけないためにもどのような言葉で断れば良いのでしょうか?

今回は、相手を傷つけず気まずくならないデートの断り方や実際に使える例文などについてご紹介していきます。断り方に自信がない方はぜひ参考にしてみてください。

誠意をもって断ることが大事

いくら好きじゃない相手だからといって、適当に断ってしまっては相手を傷つけてしまいます。相手は勇気を振り絞って言っているかもしれませんし、真剣な気持ちであなたをデートに誘っているはずです。

どうでもいい相手でも、相手の立場に立って断るようにしましょう。誠意をもってお断りすれば、相手もきっと納得してくれるはずです。

断る際は「感謝の気持ち」も添えよう

会えない時こそチャンス! 彼が喜ぶLINE5つ

デートに誘われた時、唐突に断るよりもクッション言葉として感謝の言葉を添えた方が良いでしょう。例えば「その日は用事がある」「具合が悪い」などの理由だけで言ってしまうと相手にきつい印象を与えてショックを受けてしまうかもしれません。

まずは「誘ってくれてありがとう」という気持ちを伝えてから理由を述べて、謝罪の言葉を伝えましょう。クッション言葉が入れば柔らかい印象になり相手も傷つかないはずです。

男性と気まずくならないデートの断り方とは

何が原因? 彼氏がいるのに不安になってしまう理由とは

今後も友人として付き合っていきたい相手や職場の人など断るのが気まずい相手の場合は気を遣って断るようにしましょう。男性を傷つけず、気まずくならないデートの断り方についてご紹介します。

定番の例文「その日は元々予定が入っていて厳しいです。すみません」

デートの断り方としては定番のセリフです。元々予定が入っていた日にデートに誘われた場合は使いやすい断り方になります。男性からすれば「自分と会いたくないから断られた」という印象よりも、「予定が合わないから断られた」という印象を受けるので傷つかないはずです。

知り合ったばかりでまだデートに行くのに気が向かない相手にもおすすめの断り方です。そういった場合は、「また誘ってください」と一言付け加えると良いでしょう。

脈なしの人には「〇〇さんも一緒に行きませんか?」

仕事関係の相手からの誘いは断り方に悩んでしまいますよね。共通の知り合いの名前を出すことで2人で会うことを避けたいということが伝わるはずです。

特に職場の上司や目上の人などのはっきりと断ることが難しい人にはおすすめの例文です。あなたの気持ちをやんわりと伝えることができるので、この断り方は覚えておきましょう。

絶対に断りたい場合は「最近彼氏ができたので、男性とは会うことができません」

共通の知り合いがいなかったり、1回断ってまた誘われたりしたら嫌だなと思う相手なのであればこの断り方は強力です。彼氏がいると言われれば、余程のことがなければ諦めてくれるはずです。実際に彼氏がいなくても、困った際には理由として使うのはアリでしょう。

直前の誘いには「体調不良が続いています」

「明日空いてる?」「近々暇な日ある?」などの直前になってからの誘いには使える断り方です。体調がずっと悪いと言われれば仕方ないと思ってくれるでしょう。また、体調不良であればその後に連絡を返さなかったとしても相手に不快感を与えず交わせるでしょう。

男性と気まずくなってしまうデートの断り方

ここまで、気まずくならないデートの断り方についてご紹介してきました。どうでもいい相手でも下手な断り方をしてしまうと逆恨みされてしまうかもしれません。そうならないためにも、男性を傷つけてしまうデートの断り方についても知っておきましょう。

連絡を無視する

勇気を振り絞ってデートに誘ったのに相手から返事が来ないのははっきり断られるよりもきついようです。LINEには既読という機能があるので、既読スルーや未読スルーはさらに相手が傷ついてしまいます。

断りたいという気持ちがあるのであれば、すぐに連絡するようにしましょう。即答であれば「自分に興味がないんだな」ということも伝わります。

OKしたのに直前になってドタキャン

直前になってからのドタキャンは一番良くない断り方です。デートをする予定でお店を予約してくれていたかもしれませんし、男性にとっては精神的にも時間的にも大きなダメージを受けてしまいます。OKをした後に気が変わってしまったのであれば早めに連絡を入れましょう。

おわりに

関わる必要ナシ! 距離を置いたほうがいい人の7つの特徴

ここまで、男性と気まずくならないデートの断り方や反対に気まずくなってしまう断り方についてご紹介しました。いくら興味がない相手でも誘いを断るのは心苦しいですよね。

あなたの断り方次第で、今後も上手く付き合っていけるかどうかが左右されます。異性としては見られなくても、この先も友好な関係を続けていきたいのであれば誠意をもって断るようにしましょう。

早紀の他の記事を読む