もう無理…彼氏への気持ちが冷めた彼女の行動4つ

付き合っている彼氏に対して、「気持ちが冷めたかも……」と感じてしまっている女性は意外と多くいます。

原因は人それぞれですが、付き合っている期間が長くなれば長くなるほどお互いの気持ちは変化しやすく、それにより彼氏への気持ちが変化してしまうということもあるでしょう。

もしその変化に気づいてしまったのであれば、まずは自分の気持ちと向き合ってみることが大切です。今回は、彼氏への気持ちが冷めたときに見られる女性の行動と、そんなときに彼氏とどう向き合うかについてご紹介します。

彼氏への気持ちが冷めたときに見られる行動

彼氏への気持ちが冷めたときに見られる行動

彼氏への気持ちが冷めた「かも」と感じているのであれば、まずは自分の行動を振り返ることで何かわかるかもしれません。彼氏への気持ちが冷めたときの女性の行動をいくつかご紹介していきましょう。

返信が遅くなる

彼氏からLINE(ライン)やメールなどが来ても、返信までの時間が遅くなっていませんか? 一旦メッセージ内容を確認したら、あとで適当に返そうと思ってそのまま返信を忘れてしまったり……。

付き合いたての頃は彼氏とのやりとり自体が嬉しいので、マメに連絡をしたり、時間を置かずすぐに返信したりしていたはずです。

彼氏からの連絡を面倒だと感じているのであれば、それは気持ちが冷めてしまっている証拠でしょう。

デートの回数が減った

デートの約束をしていたのに、自分都合で断る回数が増え、デート自体が減ってしまっているなら、それは気持ちが冷めていると言わざるを得ません。

仕事が忙しい、友人や家族に何かあったなど特別な場合は仕方ありませんが、特に何もないのに面倒だからとデートの回数が減っているなら危険信号です。

彼氏のちょっとした言動が気になる

今までは気にならなかった彼氏のちょっとした言動が気になり始めたら、彼氏への気持ちが冷めてきたサインかもしれません。

彼氏の言動一つひとつが目についてイライラする、キツイ言い方で注意してしまうなど、負の感情が押さえられない原因は、あなたの気持ちが変化してしまったからではないでしょうか。

興味のない話をスルーする

彼氏への気持ちがあれば、どんなに自分が興味のない話題だとしても一応はしっかりと聞くようにするでしょう。しかし、興味のない話を完全にスルーしたり、適当に流したりするようになったら、それは彼氏への気持ちが冷めているかもしれません。

彼氏と話している時の自分を思い返してみましょう。

彼氏と向き合うためには?

彼氏と向き合うためには?

彼氏への気持ちが冷めてしまったと感じたとき、自分でも知らずのうちにそのような行動をとっていたとしたら。彼氏もあなたの気持ちに勘付いている可能性があります。

これはあなた一人の問題ではなく、付き合っている二人の問題です。彼氏に真摯に向き合わなければいけません。どのようにすればよいのでしょうか?

きちんと話し合う

彼氏に冷めたと感じてから、無意識に彼氏との会話や話し合いを避けてしまっていませんか? 彼氏と向き合うためには、よく話し合いをする必要があります。

感情的にならないように自分の思っていることを話し、彼氏の気持ちもしっかりと聞くようにしましょう。まずは、お互いの気持ちを理解することが大切です。

目を見て話す

その話し合いの際や普段の会話の中でも、目を見て話すことを意識しなければいけません。彼氏を避けていたとしたら、目を見て話すことも少なくなっていたのではないでしょうか?

人との関係を築くうえで、相手の目を見て話すということは、互いに信用し、信用されることに繋がりとても大切なことです。 基本的なことですが、会話や話し合いのときにはきちんと相手の目を見るように心掛けましょう。

彼氏のせいにしない

自分の気持ちが変化してしまったのは、すべて彼氏のせいだと思ってはいませんか?

もしも何かしら彼氏に原因があったとしても、関係を続けていくならばあなた自身の行動も改善しなければなりません。

彼氏に不満を伝える場合も言い方を少し考えたり、お互いが本音を言い合っているうちに自分に原因があったことに気づくというケースもあります。彼氏だけのせいにせず、二人で向き合っていく必要があるのです。

彼氏への気持ちを復活させるためには

彼氏への気持ちを復活させるためには

彼氏としっかりと向き合うことで、別れではなく今後もお付き合いを継続することを選択することもあるでしょう。

一度冷めてしまったとしても、気持ちを復活させる方法は十分にあります。

普段とは違うデートをしてみる

彼氏との付き合いが長くなってくると、どうしてもデートがマンネリ化してしまいます。普段とは違うデートをしてみることで、新鮮さを取り戻し、気持ちが復活するかもしれません。

たとえば最近おうちデートが多かったとしたら、刺激を求めて遊園地など普段あまり行かない場所に行ってみましょう。

気持ちを素直に伝え、初心に帰る

自分自身の気持ちを彼氏に素直に伝えるようにしてみてください。それが不満事であっても、正直に伝えることが大切です。

また、付き合い始めの頃は彼氏と何をするにも楽しかったはず。一緒に撮った写真や思い出の品を見て、その楽しかったときを思い出してみましょう。二人の思い出の場所を再び訪れるのも効果的です。

おわりに

今回は、彼氏への気持ちが冷めてしまったときの行動と、彼氏との向き合い方、そして気持ちを復活させる方法までをご紹介しました。

彼氏とよく向き合うことで別れを選択することもあるかもしれませんし、もう一度関係の修復に努力することもあるでしょう。どちらにしても、二人の問題であることを忘れず真摯に向き合うことが大切です。

彼氏への気持ちが冷めたと感じている場合には早めに行動しましょう。

早紀の他の記事を読む