知らずに彼を傷つけてない!? 恋を左右する呼び方と褒め方

 あなたは彼氏のことを何て呼んでいるでしょうか?
名前を呼び捨て? それともあだ名でしょうか?
一緒にいない時、たとえば友達に彼の話をする時はなんて言いますか?
「私の彼がね、」ですか? それとも・・・?

 「呼び方なんてどうでもいいじゃん!」

と思われるかもしれませんが、コレ 意外に恋の行方を左右してしまうんです。

もし恋が長続きしないことに悩んでいるとしたら・・・以下のようなことで、知らずに彼を傷つけているのが原因かもしれません。

 

彼がいなくても 愛のない呼び方をしない

 友人や同僚に話すとき、彼氏のことを見下すような呼び方をしていませんか?

「今日はヤツと会うから」とか「私の男がさあ」なんて・・・。

会っている時は勿論ですが、彼が聞いていない所であっても、こういった呼び方は厳禁です。

照れだったり、格好つけだったりするのかもしれませんが、パートナーを見下したような呼び方は、聞いている方だって決して気持ちのいいものではありません。

 それに、見ていない所であっても常にこういう言葉を使っていると、彼にも意識が伝わります。あなたの態度に、どこか彼を雑に見下している雰囲気となって表れてしまうものなのです。女性が男性の心理を敏感に感じるように、男性だって女性の心根を敏感に感じ取っているものです。男性はすぐに表に出さないので、知らずに続けているうちに彼の心が離れていくことも考えられます。

 例え彼への愚痴を友達に話す時であっても、愛のない呼び方はやめましょう。

彼といるときに 他の男性を褒めない

 人の批判ばかりする性格は男女ともに印象が悪いですが、“褒める”というのも難しいものです。一般的に男性はプライドが高く、褒められることで自信をつけ彼女への愛も深まる・・・と言われますが、褒める=ご機嫌とり、ではないので、根拠なく、やたら褒めたのでは嫌味にすらなってしまいます。バカにされたように感じ、かえって傷ついてしまうかもしれません。

彼氏を褒める時は、なるべく具体的な事柄を取り上げ、自分の言葉で褒めましょう。「すごい」「うまい」「かっこいい」ばかりではボキャブラリーの少なさ、底の浅さが露見してしまいます。

 また、彼氏と一緒にいる時に他の男性を褒めるのはやめた方が賢明です。自分に置き換えてみるとよく分かります。男女2対2で飲みに行ったとして、男性の1人が、あなたの友人に「スタイルいいね〜」と言ったとしたら、どんな気持ちがしますか?自分は「スタイル悪い」と言われたような気がしないでしょうか?そこまででなくても気分は良くないですよね。

たとえばミュージシャンを目指すの彼の前で、人気上昇中のバンドのヒット曲を「大好き」なんて無神経に言ってしまうようなことも厳禁です。知名度に開きがあろうとなかろうと、彼は100%不愉快になります。もしくは傷つきます。

 好きな彼女に自分以外の人間を褒められて、いい気持ちになる男性はいません。

おわりに

 男性は想像以上に傷つきやすく繊細なのかもしれません。

気持ちを女性のように表現しない(できない)分、見逃してしまいがちです。

知らずに愛する人を傷つけ、いつの間にか心が離れていってしまう・・・なんてことのないよう気をつけてくださいね。

呼び方や褒め方は、愛があれば今からすぐにでも変えていけるはずです。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…