鳥肌が立つ…女性がドン引きする「おじさんLINE」の特徴8つ

幅広い年代の人が使用しているLINE(ライン)ですが、なかには「おじさん文章すぎて気持ち悪い……」なんて思われてしまうものも……。

女子高生の中では「おじさんLINEごっこ」が流行っているのだそう!

今回はダサいおじさんだと思われてしまう「おじさんLINE」の特徴についてご紹介します。自分のLINEがおじさんLINEではないのかチェックしてみてください。

おじさんLINEの特徴

「?」や「!」を絵文字にして使用する

「?」や「!」を絵文字にして使用する

絵文字が多い印象のおじさんLINEですが、「?」「!」も絵文字として使用しているのであれば、「おじさんLINE」認定をされます。

全体的にカラフルになるのもおじさんLINEの特徴です。

古くさい顔文字

今LINEで連絡をとっていても、顔文字を使う人は少ないでしょう。

ところがおじさんLINEでは、顔文字を多用する人が多いのです。顔文字の中でも「なんか古くさいな……」と思われてしまう顔文字ばかり。

ひと昔に流行ったような顔文字を使っていないか注意してみてください。

■使用注意!古いと感じる顔文字

(^ε^)-☆!!

(^_^;)

(ー_ー)

\(^o^)/

呼ぶ時は「〇〇チャン」

年下の子とやりとりをする「おじさん」は、「〇〇ちゃん」とちゃん付けで女性を呼んでいます。

普段LINEのやりとりで相手の名前を呼ぶことは少ないですよね。ですが、おじさんは文章内に相手の呼び名をいれることが多数あります。

また「〇〇チャン」とカタカナにすれば、よりおじさんらしさが増します!

挨拶は「ヤッホー」「オハヨー」「コンバンワ」

挨拶は「ヤッホー」「コンバンワ」

最初の挨拶を「ヤッホー」など、わざわざカタカナで送ってくるのも、おじさんLINEの特徴です。

「そんな挨拶なんてわざわざいいのに……」と思いますが、変な律義さやカタカナであることで、おじさんLINE独特の違和感を感じてしまうのです。

下ネタの後はナンチャッテ

下ネタが多いのもおじさんLINEの特徴です。この下ネタは全然笑えずにただただ「気持ち悪い」と思われてしまいます。

下ネタの後に「ナンチャッテ☆(^_^;)」がついていれば、よりおじさんLINEになるでしょう。

長文すぎる内容

長文すぎる内容

「日記なのか?」と思うような長文LINEを送ってくる人は「おじさんだ」と思われてしまうでしょう。

状況を細かく送ってくるので、なんて返せばよいのかわからず送られた側もめんどくさい気持ちになってしまいます。

日記のような内容のないLINEは送らないようにしましょう。

句読点が多い

おじさんLINEは「、」や「。」など句読点が多めです。

本人たちは、読みやすいようによかれと思っていれている句読点ですが、独特な場所に入れてあるため余計「おじさん」らしさがでてしまうのです。

句読点は多用しないようにしましょう。

絵文字の置き換え

ご飯の文字を、わざわざ「🍚」の絵文字に変換する、犬の文字を、わざわざ「🐶」と変換するなど、おじさんは絵文字に置き換えてLINEを送りがちです。

色つきでカラフルなので、絵文字を多用しすぎると見えづらいことがあるでしょう。

相手が読みやすいようにシンプルなものを文章を送るほうが無難です。

おわりに

おじさんLINE、いかがでしたか?

おじさんLINEが悪いとはいいませんが、上記の特徴あるラインはかまってちゃんのような「ダサい」おじさんを想像させてしまいます。

相手も読みやすいような、返しやすいような心地よいコミュニケーションを心掛けてLINEを楽しみましょう。

KOIGAKUの他の記事を読む