占い師が教える「縁がある人」の特徴5つと見極め方

縁というと、「あらかじめ結ばれる宿命」とか、「前世から繋がっていた」などと思っている人が多いかもしれませんね。何かと都合のいいように使われがちな「縁」という言葉。では、ご縁がある人というのはどのような人なのでしょうか。多くの人が持っているそんな疑問を解消することも含めて、「縁がある人」について解説していきましょう。

縁がある人とは?

縁とは、一緒になることで互いの個性やパワーをより活かせる関係だと私は思います。ですから、男女の間でのみ使われる言葉ではなく、対友人、対会社などにも当てはまります。簡単にいえば、気が合う同士、互いに利益をもたらす同士の間にあるものなのです。

縁がある人の特徴

一緒にいると楽で疲れない

好きになっちゃった…男友達を異性として意識する瞬間5つ

縁のある相手とは、なんでもないことで何時間も語り続けられたりして、自然体で一緒にいられまったく疲れません。たとえば、自分にとって絶対に許せないことは、縁のある相手なら決してすることはないでしょう。縁がある人と一緒にいると、話がスムーズです。また、たとえ沈黙が訪れても、苦痛には思わないでしょう。

タイミングが合う

縁のある相手とは思考が似ているものです。電話をしようと思っていたら、相手のほうからすぐかかってきたりするでしょう。タイミングというのは男女の関係において大切で、タイミングがよく合う人とは、すいすい関係が進んでいきます。そのため、ストレスのない交際ができやすいのです。

言って欲しいことを言ってくれる

あなたが言ってほしいことを言ってくれる相手なら、一緒にいて心地よく、気持ちよく過ごせます。何も言わなくてもわかってくれるのは、縁のある相手だからこそです。縁のある人とは話が盛り上がりますし、話題も広がります。そして、言われたいと思っていることを何度も言わってくれたりするでしょう。うれしい褒め言葉や、思わず笑顔になってしまうような話をたくさんしてくれるので、楽しい時間を共に過ごせるのです。

相手との未来が思い描ける

縁のある相手と出会った人は、「最初に会ったときにこの人と結婚すると思った!」というような話をしたりします。縁のない相手との場合は、いくら一緒にいても、相手との未来、つまり結婚生活などがまったく思い描けません。どんなに相手が条件も性格も良い人であっても、この人で良いのだろうかという不安を感じてしまうでしょう。

本能的に、この人とはこの先もずっといる気がする! と感じたら、その人はあなたと縁がある人の可能性大です。

縁があるかどうかを見極める方法

身体の形や特徴が似ている

縁がある人は、あなたと身体的な特徴が似ています。手や足の形、ホクロの場所、髪の毛のクセなど、そっくりな部分があるはずです。

一緒にいて安心する

縁がある人と一緒にいると安心します。トキメキはあまりないかもしれませんが、安らぎと心地よさを強く感じるでしょう。

束縛してくる

縁がある人と恋人同士になれたら、束縛されると思います。けれど、あなたは束縛されてもそれを苦しいとは思わないでしょう。むしろ、愛されている証拠だと思え、心地よさを感じるはずです。

全てを受け入れてくれる

縁がある人は、ありのままのあなたを知りたいと思います。他の男性なら幻滅してしまうかもしれないようなことでも、縁のある人は本当のあなたを知れてよかったと喜ぶはず。どのようなあなたであっても嫌にならない、それどころかもっと愛してしまうのが縁がある人との愛の形なのです。

本音を語ってくれる

縁がある人は、思っていることを素直に語ってくれます。嘘をついたり、見栄を張るようなことはしません。ですから、縁がある人の前ではあなたも本音を語る必要があります。

出会ってからお互いが変わる

縁がある人との出会いにより、人生ががらりと変わることがあります。たとえば、人間関係が変化したり、人生が良い方向にまわりだしたりするでしょう。お互いに、成功や人生の喜び、多くの幸せを手にすることができるのです。

離れていても一緒にいる感覚になる

縁がある人とは、離れていてもいつも一緒にいるような感覚になります。いつもつながっていると思えるので、離れていても寂しくはありません。

まとめ

甘えたい願望がある

人生の中であなたが出会い、ほんの少しでも関わりを持った人は、あなたの経験に必要だから出会っているのです。その相手との関わりが良いものであったとしても、悪いものだったとしても意味はあります。縁がない人と出会えば、逆にあなたが本当に求めている相手がどんな人なのか明確にわかるようになるはずです。

すべての人との出会いに感謝する気持ちを持てば、あなたの魂はより高レベルなものになり、良いご縁を引き寄せられるようになるでしょう。

Written by 紅 たき

紅 たきの他の記事を読む