俺の彼女天使すぎ! 男が虜になる「癒し系彼女」の特徴5つ

「癒し系」と聞くと、皆さんはどんな人を想像しますか? 「おっとり」「天然」「フワフワしている」など、女の子らしい印象を持つ人が多いのではないでしょうか。

そんな癒し系女性、男性から絶大な人気があります。癒し系の女性が彼女なら、可愛いし癒してもらえるしで男性はとても幸せです。

今回は、男性から引く手あまたの癒し系彼女の特徴や癒し系彼女になる方法についてご紹介します。

癒し系彼女の魅力とは?

癒し系彼女の魅力とは?

多くの男性は、女性に対して癒しを求めています。「彼女にするなら癒し系がいいな」と考えているでしょう。まずは、癒し系彼女の魅力についてご紹介します。

幸せな気持ちにさせてくれる

癒し系彼女と一緒にいると、心が満たされて幸せな気持ちになれます。そんな相手とはずっと一緒にいたいと思いますし、手放したくないと思うのは当然です。

また、心を穏やかにしてくれるのも癒し系彼女の魅力。仕事で疲れている時に優しい言葉をかけてくれたり、色々気遣ってくれる姿を見れば、荒んだ心もみるみる癒されていくはず。

良い影響を与えてくれる

癒し系彼女は基本的に穏やかで優しいので、男性側も優しい気持ちになれるという良い影響があります。 お互いの存在で相乗効果が生まれるので、男性も「ずっとそばにいてほしい」と感じます。

癒し系彼女の特徴

おっとりしている

おっとりしている

ゆったりと穏やかな性格は、癒し系彼女の最大の特徴です。

話し方も落ち着いていて、優しい口調。基本的にいつもニコニコ笑顔でいるので、彼のことを怒ったり否定したりすることも少ないでしょう。

そのおっとり具合からぼんやりしているように見えるかもしれませんが、彼氏からすれば「一緒にいるだけで癒される」と感じるようです。

心が広い

デートの約束をしている日に急な予定が入ったり、寝坊して遅刻したりすることがあっても、癒し系彼女は穏やかなので彼氏を責めるようなことはしません。

「楽しみが伸びただけだから気にしないでね」と言ってくれたり、「近くのカフェにいるから気を付けて来てね」とフォローしてくれたりします。

素直

癒し系彼女はピュアでまっすぐな心の持ち主です。ストレートに気持ちを伝えてくれるので、はっきり言える子だなと感じる彼氏も多いでしょう。

穏やかな性格でありながら気を遣いすぎず、情熱的な一面を持っているので、彼氏もその魅力にすっかりハマってしまいます。

家庭的

家事や料理をそつなくこなしたり、彼氏の両親や友人を大切にしてくれる姿は、男性にとって大きな癒しを感じることにつながります。

特に、普段はおっとりしている子がテキパキと家事をこなす姿にギャップを感じてより惹かれる男性は多く、これからもずっと一緒にいたいと感じるのです。

いつも笑顔でポジティブ

癒し系彼女はいつも明るい笑顔で、彼氏や周囲の人を幸せな空気で包んでくれます。一緒にいるだけで明るい気持ちになれるので、どんな場面でも「この人がいてくれるとあたたかい雰囲気になる」と思われることでしょう。

癒し系彼女になるためには?

癒し系彼女になるためには?

彼氏のことを癒せる存在になりたい! と思っている女性に向けて、癒し系彼女になるための方法についてご紹介します。

相手の意見を聞き入れる

自分の意見を押し付けてばかりいるのではなく、相手の意見を聞き入れるようにしましょう。もし自分の希望を聞いてもらったら今度は彼氏の気持ちを優先してあげるなど、お互いが歩み寄っていけば穏やかな気持ちでいることができます。

そっとしておくことも大事

彼氏が疲れている時や悩んでいる時、癒し系彼女になりたいからといってしつこく声を掛けるのはよくありません。そんな時は無理に話しかけず、彼から話してくれるのを待つようにしましょう。彼が話を聞いてほしい様子であれば、その時はゆっくりと聞いてあげましょう。

スキンシップをとる

手をつないだりハグしたり。そんな些細なスキンシップが彼を癒すのです。一緒にいる時は体をくっつけてみたり、リラックスタイムに簡単なマッサージをしてあげるのも愛情が伝わるでしょう。

ベタベタしすぎはNGですが、日頃から程よいスキンシップをとることを心掛けてみてください。

喜怒哀楽にメリハリをつける

嬉しい時は全身を使って喜び、悲しい時はしゅんとして、とにかく癒し系彼女は表情豊かに感情を表現します。その裏表のないストレートさに彼氏は安心するのです。

感情の起伏が激しいというわけではありません。喜怒哀楽を素直に表現できて嘘がないということが大切なポイントです。

おわりに

今回は、癒し系彼女の特徴などをご紹介しました。

これらの特徴には、彼氏から大事にされるポイントがたくさん詰まっています。うまく取り入れて、彼氏を癒せる彼女を目指していきましょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む